19 September 2006

19SEP : あの馬鹿はドゥーン城をめざす (その2)

ようやくぱそさんが退院しました。
酷使と苦労を強いてばかりで入院までさせてしまったというのに、やあこうして治ったよ、さあまた働こうよ、と言わんばかりに淡々と動いてくれる様子を見ていると、思わず「なつかしいパソ君、君は流れゆく時代の中の、ひとつの岩だ」とひしとキカイをかき抱き添い寝したくなります。もうどこにも行くなよパソ。

ところで昨夜人と酒類などを摂取しつつスカイニュースを眺めていたら、フォルティ・タワーズの古典的名場面である、バジル氏赤オースティンエステート折檻シーン(with よくしなる枝)が流れました。
う゛?と身を乗り出したところに、
こういうニュースが報道されました→★★★

この頁での見出しは「フォルティ・タワーズのフェイスリフト」みたいなことになってますが、
スカイTVでのニュースのときのそれは

「FAWLTY TOWERS TO RETURN」

でして、
それを目にした瞬間わたしの脳裏には、ブライアン・シンガーか誰かの監督の、主役に抜擢された俳優は無名ながら超美形白い歯きらーん!とさわやかに、現代の最新CGで炎上キリモミ今まさに墜落せんとする飛行機と乗客とを超高速とスーパーパワーであっぱれ救出するあれはなんだ!鳥だ!飛行機だ!いや、バジル・フォルティだ!
の姿がよぎり、
わたしは思わず古典的に「ブウ」とビールを泡たてて吹きました。

泡まみれの顔をぬぐってよく見たら、かつてパイソンズがうっかり泊まり、しかし支配人が人格に問題のある人で、エリックはブリーフケースを爆弾として捨てられテリGは「人間はそんな食べ方をしない!」となじられ、もうやってらんねえやってんでみんな他のホテルに移っていくところに、「これは面白い」とジョンだけがとどまりそしてかの支配人を観察していた、それがやがてフォルティ・タワーズという名作の誕生につながったといういわくつき、「フォルティ・タワーズのモデル」という枕詞つきで常に語られるグレニーグル・ホテルが、一旦つぶれたけれども内装一新してまた営業を再開したよ、というニュースでした。なんだ超美形リターンズじゃないのか。ち。ちなみに、ウェブ記事によるとプルネラ・スケールズさんだけが立ち会っていて、ジョンはマネキンで参加したとありますが、スカイTVの映像ではそのマネキンは確認できませんでした。いらないんならくれないかなあ。とか思ったことはひみつです。連れは「シビルさん年とっても変わらんなあー」と感心していました。

さて。
9月3日日曜日、ドゥーン城にて行われたヲタクまつりのことを少し。
画像はクリックで拡大します。
それからお城に関してはこちらもご参照ください。

朝4時起きで隣町に住む相棒を拾ってラットランドを5時出発、その前の週にフリンジに行くってんで通ったA1をふたたび、ぼろゴルフを叱咤激励しつつ、なおかつパイソン・シングス!とスパマロットサントラをがんごん鳴らしながら約7時間ひたすら北上しました。エディンバラに行くまでにはいつも天気のカタマリをひとつかふたつ越えるのですが、今回は7時間ずっと冷たい雨がしとしと降っていました。思わず最悪の状態を想像し車中のわれわれは非常に暗あい気分になっていたのですが、幸いスターリングを過ぎたあたりからいい感じに明るくなってきました。

そしてドゥーン城に到着。雨はあがりさわやかな北国の秋の午後です。

午後早い時間に着いたのですが、公共交通機関で来る方法が(特に日曜日には)事実上ないに等しいこのお城は、すでに駐車環境がたいへんなことになりつつあり。

のちには敷地内だけではなく、ドゥーン村の路上まで盛大に車だらけになっていたようです。

すでに中庭(テリJの矢文を受け取ったジョンランスロットがなだれこみ大量殺戮をするあの空間)では場所取りが始まっていました。

持参ダンボールで敷地を確保する相棒。

ちなみにこのバカ歩きTシャツはわたしのです。相棒が「何かここにふさわしい格好をしたい」と切望するのでつつしんで貸与したものです。もひとつちなみにパッカードベルのハコは、このなつかしい岩であるところのパソ君がかつて入ってきたものです。それから、画像上のほうにちらりとランバージャック(しかも正座してる)がいるのが見えます。


そんなふうに場所取りの人に、

なんか妙なカゲがまじっている。


そのうち開始時間の4時半が近づきました。すると「みなさんこんにちはあ。よくお集まりくださいましたあ。ところで、xxxがxxxxをxxxxxするのでxxxxxになるので外に出てxxxxxてください」と司会のおじさん(後述)がアナウンスし、それがあまりにはげしくスコットランドナマリなのでほとんど聞き取れないまま、とりあえずぞろぞろ外に向かう群衆の後につきます。

どうやら城の外で列を作って待て、何かが起こるぞ、といった雰囲気が粛々と。この後ろにもぐるっと列は続いています。


待っている間、すぐ前に並んでいた苦行僧のおにいちゃん3人組と話をしました。手には入場時に配られた、無料おまけのココナツが握られています。

「あのー、さっきから気になってたんですがその衣装すごいすっよ、自分で縫ったの?」
「いやーこのローブは既製品だよ、おれらで作ったのはこの木の切れ端の十字架だけだよ」
「え?こんなもんどこで売ってるの?」
「宗教用品専門店にあるよ」
「で、それ、ひょっとして今日のために買ったんですか?」
「そうだよそれが何か?(さらり)」
あまりのさらりぶりに非常な感動を覚えたわたしは、思わず「お願いですあなたたちの写真を撮らせてください」と頼みこんでいました。「写真変なウェブにのっけちゃうかもしれませんがいっすか」と断ると、「はははは、え、日本の?日本でパイソンやってるの?そうなんだ面白いねあはははははは」という反応でした。


この話つづく。

| | Comments (0)

09 September 2006

09SEP : あの馬鹿はドゥーン城をめざす (その1.5)

「パイソノタまつりの詳細は明日あげる」とえらそうに書いたとたんに「そうかけけけけけけけけ」とか高笑いしながら仕事様がカタマリでやってきて、2以上の数は「たくさん」としか認識せずたくさんのことを一度に処理しようとすると爆弾が出て機能停止に陥るという初期白黒マックのような8ビット2進法アタマの管理人でもうしわけございません、ちょっと予定が遅れます。来週中には仕事様には丁重にお引取り頂きなんとかします。全宇宙13人訪問者の皆様ならびにコメントおよびメールを下さった皆様どうぞ今しばらくお待ちくださいませ(平伏)。まあ、引退する今するすぐするここですると40年間言い続けていながらぜんぜん引退していないジョンの専サイトということでどうぞなにとぞご笑納。

で、
つなぎその2を。
管理人が愛してやまない文化と教養とセンスオブヒューマーに満ちたためになるニフティ様のデイリーポータルZ様ですが
(お世話になっている店子なのでちょっとよいしょ)
本日、たいへんパイソンな記事があがっております。

「皇帝ペンギンがそんなに偉いのか」

無表情でスーツ殿方ふたりが砂浜で傘さして、というサーレアルな光景が。
そこにつく大真面目なナレーションが。(←ジョン声で読むとなおよし。)
「念のためバスの路線図も確認しておくのも重要だ」というくだりなんかが。
ペンギンというテーマが。
なによりも2ページ目動画の殿方の動きが。

これ素ん晴らしい。
生半可なパイソンの真似よりもよっぽどパイソンだ。
仕事様にまみれている真っ最中にうっかりこれを会社で読んでしまったわたくしは、仕事顔を装いつづけるために鋼のような精神力を動員しました。
(糸電話ダイヤルアップのうちのぱそにはデイリーポータルZ様は激重なのです。すみません上司様、ちゃんと仕事はしてますから。)


それにしても、先日のDPZウェブマスター林様スパムTシャツご着用の件といい、なんか気になるニフティ様周辺です。

| | Comments (0)

05 September 2006

05SEP : あの馬鹿はドゥーン城をめざす (その1)

こころのヲタクまつりこと、モンティ・パイソン・デイ@ドゥーン城から帰ってまいりました。






感想。







物凄く面白かったです。







と小学生の作文なみの感想しか述べられず恐縮ですが、
いやほんとに物凄く面白かったんです。
だって、
ひえー!!
どえーーー!!!
すげーーーーーーー!!!!
どははははははははははーー!!

おもしろいものすごく面白い面白いよ英人パイソノタの皆様!!!!

片道7時間かけていや行ってよかったのよかないのなんのってもう!!!


と語るだけで気がへんになりこれかれましてすぎちょびれはっぱふみふみ。


とパイソなお花畑方面をふらーとさまよいそうになるみずからを叱咤激励し正気にとどまり、詳しいご報告は明日改めて。


それまでのつなぎとして、巷で話題の「天声人語風メーカー」でこんなことをしてみる。とりあえずビールと枝豆とこれをおあてになってください。



店員はオウムは寝ていると主張している。しかしちょっと待って欲しい。そう主張するには早計に過ぎないか。店員の真摯な姿勢が今ひとつ伝わってこないのである▲例えばオウムは完全に死んでいると主張する客の声もある。このような声に店員は謙虚に耳を傾けるべきではないか▲思い出してほしい、そこに至るまで何度も店員は客の叫びを無視している。店員は客のオウムが死んでいるという主張を間違いであるかのような発言をして批判を浴びた。確かに客にはイプスウィッチとボルトンの識別能力に欠けるという問題もある。だが、心配のしすぎではないか▲店員の主張は一見一理あるように聞こえる。しかし、だからといって本当にオウムは寝ているだけだと主張できるのであろうか?それはいかがなものか。的はずれというほかない▲事の本質はそうではではない。その前にすべきことがあるのではないか。店員は、未来を担う一員として責任があることを忘れてはならない。店員の主張には危険なにおいがする。各方面の声に耳を傾けてほしい。▲店員に疑問を抱くのは我々だけだろうか。オウムは寝ていると主張したことに対しては客の反発が予想される。そのオウムは完全に死んでいて元オウムであるという主張を支持する声も聞かれなくもない▲店員もそれは望んでいないはず。しかし一方で、店員はオウムの死骸を止まり木に釘止めすることが下手である。その上でオウムは寝ていると主張する事はあまりに乱暴だ。店員は再考すべきだろう。▲店員がオウムは寝ていると主張したことにより波紋が広がるであろう。このような今こそ冷静な議論が求められる。





(上記サイトで生成された文をちょっといじってます。)

現在厨房では必死で正気の管理人がじたばた奮闘中。

| | Comments (0)

08 July 2006

08JUL : パイソニアン、北へ

◆ 前回ぶんは今読み返すと妙に調子が暗いです。これは話題が重いという理由がまずありますが、同時にどうやら下り坂にあった管理人の機運をも反映していたようです。というのは前回以来わたくしは、ヤマイと負傷とに同時にみまわれ、その間隙を縫って車が3回、パソが2回故障し、メールを含むHDの中身がすべて消失、とどめに傷口を泥靴で踏みつけるがごとくラットランド州役所から来た住民税の請求が300ポンド間違っていて(もちろん多く請求されている。どうせ間違えるのなら少なくしてほしいのだが、そういう間違いはかれらは決して犯さない)、かなりヤラレておりました。思わず軽く気絶していたりしている間にワールドカップもどんどん日程が消化され、わずかに記憶にあるのは、初期の試合にドイツ対ポーランドというあまりにあんまりな組合せがあったので固唾をのんで見守り、その間中ずっと「戦争の話はするな絶対にしてはいかんぞBBCアナウンサー」とつぶやいていたことくらいです。もっともそう感じた人はほかにもいたようで、この試合をめぐりこのワン・ライナーが使われるのを、TV・ラジオ・新聞などで何度も見聞きしました。

◆ TFJC内の「ジョン・クリーズに関するあなたの知らない10の真実」のページに誤りがあることをR.C.さんからご指摘を頂きました。早速訂正しました。→★★★

× 『ジョン』は母方の祖父、ミドルネームの『マーウッド』は父方の祖父にちなんでいる

○ 『ジョン』は父方の祖父、ミドルネームの『マーウッド』は母方の祖父にちなんでいる

R.C.さんどうもありがとうございました。そして基本的な事実を誤認していたことをお詫びいたします。
全宇宙13人のTFJCersのみなさまにおかれましても、今後もどうぞご意見ご指摘ごツッコミのほどよろしくお願いいたします。

◆ 今年2月にエリックが小雨の路上に出張してきて、トニー賞受賞作家みずからカラダ張ってスパマロットロンドン公演のチケットを売っていました。もっともわたしはそのカラダ張りぶりを見逃しましたが。くくくくく。このへんこのへんにそのいきさつがありますが今でも思い出すと泣けるううううう、でもそれはともかく。
先日別件でチケットマスターを流している際ふと
「そういえば売れているのかロンドンスパマロット」
と都会に出て行った我が子を案じる母親のような心境になり、ちらりと様子を見てみました。

(余談ですが、ファンとチケットとの関係は愛憎半ばする微妙なものだと思います。発売前は「なんぴとたりともあたしの前には買わせん、売り切れたら許さんええいそこをどけ道をあけろ一番いい席はあたしのための席なのだ」とリダイヤルボタンを連打しつつ(あるいはボックスオフィス前の列の最後尾でじたばたしつつ)考えていますが、争奪戦の末いざ目当てのチケットを入手すると、「ところでちゃんと自分以外のほかの人もあの券を買っているのだろうな、売れていなかったら困るなあ」とちょっと心配にもなったりして。)

そしたら、
2月の時点では、ロンドンスパマロットの初日は「10月2日」だったのですが、いつの間にかそれが「9月30日」にくり上がっているのを発見。→★★★
通常、芝居の日程が増えるときには後ろにのびるものだと思うのです。
ロックやポップの方での「急遽追加公演決定!」というあれも、たいがい本公演の後や間に入るものです。
初日が早められる、という事態は初めて見ました。
しかもあんなに派手に売り出した券なのに。
もちろん何らかの理由があるのでしょう。
で、その理由に関してわたしは、たぶんああいうことじゃないかな、ああいうことだったらいいな、個人的にはそういうこと希望、と予想というか幻想を抱いてはいますが、とりあえずきちんと調べがつくまでは妄想は個人脳花畑内にとどめておこうと思います。といって、どこの誰に訊けば調べがつくのかよくわかりませんが。誰かエリックに電話して訊いてくれませんか。

◆ それにしても、来年のラスベガス拡大が気になる(まだスパマロットの話です)。ティム・カリーのアーサー王がロンドン公演で復活するのなら、ハンク・アザリアのランスロットとデイヴィッド・ハイド・ピアースのロビンというすてきな騎士カップルがラスベガスで再出現しないだろうか。しかもハコは今ラスベガスで一番ナウい(死語)トレンディな(死語)ヴェニューであるウィン・ラスベガスだ。もしハンク・ランスロットとDHPロビンが揃うのなら、行っちゃうかもしれない、わたし。とか意識のすみで考えている自分にふと気づく。誰か止めろ。

◆ 夏です。
夏といえばエディンバラ・フリンジです。
いや夏のフリンジでコメディ快楽にふける数日間を楽しみに残りの1年をがしごし働いている人間としては、夏とはフリンジ断定なのです。
だから今年は何をどう見に行こうかなあ、とうきうきしながら計画をたてる段階からもう法悦、さあ楽しませてくれ今年のフリンジちゃんへへへへへとにやにや笑いつつプログラムをめくっていて、
びっくり。

なんとザ・グディーズがエディンバラで復活します。→★★★

しかも会場は、フリンジで一番ステイタスが高い、ここに出るには相当面白くて集客力がなければならないはずのジ・アッセンブリーです。

なにげでじわじわやるなザ・グディーズ!!

2003年のDVD全集1枚目発売、およびロンドンでのぷち再結成イベント

去年頭のDVD全集2枚目発売

去年クリスマスのBBC再結成特番

今年夏エディンバラのアッセンブリーで復活

素ん晴らしい。

しかしどうもビル・オディは参加しないようで、そうするとグディーズ3分の2であるわけですが、別にいいです。こういう経過を逐一目撃できているだけでわたしは幸せですし、それに、ちまたには「フレディ・マーキュリーなしでクイーンを名乗る人々」とか「リック・オケイセック抜きでカーズをやってる人々」だっているくらいですし。いやもちろんビルさんが来ればそれにこしたことはないわけで。来ないんだろうけど、別にいいんだけど、でも来ないかな。来たらいいな。いや来ないんだろうけどな。と、当日開演直前までやきもきさせられ続けることになるのでしょう。まだまだ油断できませんザ・グディーズ。

◆ その一方。
エディンバラの西北、ドゥーンの杜に、そびゆるヲタクの聖なる城壁ことかのドゥーン城にて、毎年9月初めに「ホリグレを上映してついでにパイソンであそぼう」というイベントがあります。今年は9月3日日曜日です。→★★★

毎年8月にフリンジに行くたびにこの城を訪れ、そして売店で借りたココナツをぱかぱかやっては並ぶパイソン物件をチェックし、とかそんな行動をしているから店の人に見抜かれ、「もしもしそこな日本人、9月になれば映画会あるよ、来ない?」と誘いを受けます。このイベントは数年前からやっているそうですが、初年は適当に宣伝しておいたら当日人が2000人くらい来てしまい大混乱になったので、翌年から限定500枚の前売チケット制にしているそうです。

しかしフリンジとはいつも微妙に日程が合わず(フリンジはたいがい8月最終週の頭に終わり、映画会は9月第1週の日曜日である)、数年間見送るばかりでした。

今年もフリンジと日程は合いません。
が、
行きます。


つまりフリンジ後にスコットランドまでもいちど出直すことになるわけで、そうするだけの都合がつくかどうか現時点ではまったく不明です。しかし、このままではわたしは「ドゥーン城のホリグレ上映パイソン大会に行きたいと思いつつ結局行かなかった人間」として死んでゆくことになり、そしてわたしは「あの人は最後までホリグレ現場上映会に行きたがっていたのに決断できずにホリグレを現場で見られなかった人でした」なんて言われながらのうのうと死んでいたくはないのです。しかしこんなふうに人生について感じるとは、死期でも近いんでしょうか自分。もう加齢臭ふんぷんですか。

気をとり直して、チケットに同封されてきたすてきな招待状を。クリックで拡大します。


チケット・招待状ともに、「お城の中庭でやるんでスコットランドの気候にそなえた格好しておいで」というところが重要そうです。あそこらへんは9月でも夜はかなり冷えるのでしょう。それから敷物や椅子持っといで、よかったら貸し出しクッションあるよ、というのがなんかほのぼのとしています。ちなみに中庭とは、ハーバート王子の結婚式の日、無駄に走ってきたランスロットが門番を刺し殺した後になだれこみ、楽隊や女の子たちを大量殺戮するあの血まみれの空間です。ほのぼの。ちなみに上にリンクをつけたヒストリック・スコットランドの頁ではこのイベントはちょっとオサレに「パイソンフェスト」と称されていますが、とりあえず当頁ではこれを「こころのヲタク祭り」と呼ぶことに今決定しました。ヒストリック・スコットランドの中の人たちにはないしょです。

| | Comments (0)