« October 2007 | Main

24 January 2008

帰省してもパイソンばっかりオフ日記

改めてミニオフ@英パブのお知らせです。

日時: 1月26日(土) 午後6時あたり
場所: Cock o the Walk
所在地: 〒106-0032 東京都港区六本木7-15-25 六本木セブンスビル2F
ウェブ: http://r.gnavi.co.jp/p591200/
TEL: 03-5410-5200

幹事の木下さんありがとうございます。わたしはいまだにロッポンギというときんちょうしてしまうイナカモノですが、がんばってたどりつこうとおもいます。

開始よりしばらくビールなど喫しつつ上記パブに滞在、その後サカリバ通のQさんの案内でどこぞに流れることになるでしょう。おいでくださる方は前もってお知らせくだされば幸いですが、当日ふらーと合流くださるのもOKです。その際はとりあえず、関連物件を机上に展開しながら大声で「いやあのジョングレの手つなぎ森スキップが…」とかしゃべっているはた迷惑な身長0.872ジョン(注: 1ジョン = 196センチメートル)の女をご発見の上、後方からゴムニワトリでおどつきください。

| | Comments (1)

21 January 2008

帰省中でもパイソンばっかり日記

↑タッチの差で東京カルチャーカルチャーの「駄目な文房具ナイト」に参加できないかなしみをこめつつきだてさんリスペクト。それにしても「きせいちゅう」と打つとまず「寄生虫」と出るのが言いえて妙すぎる。

◇ ちょっと前のことになりますが、ロンドンの日系コミュニティ新聞「ジャーニー」に、1月10日テレグラフ紙のジョン記事の抄訳が掲載されています。→
アメリカ金髪美人(コニー)と結婚したが別れ、次にまた結婚アメリカ金髪美人と結婚した(バーバラ・トレンサム)が別れ、さらに結婚したのはまたまたアメリカ金髪美人(アリス・フェイ)だったがやはり別れた、というのはいったいどういうココロモチのものなのだろう。

確かイアン・ジョンストンが、「コニー時代にジョンの家に行ったとき、ジョンはしきりに『いや妻はアメリカ人だから、なんでもかんでも冷蔵庫にしまいこむ、食器でも椅子でも…』とつぶやきながらお茶道具を探していた。そして彼の再婚後、家に行ったら、やはり『まったく妻はアメリカ人なもんだから、なんでも全部冷蔵庫にしまいこむ、お茶でも家具でもなんでも…』とつぶやきながら何かを探していた」とどこかで書いていました。はたしてアリスさんも冷蔵庫に何もかもしまいこんでいたのであろうか。いちジョン専としてはジョンにはぜひ幸せになってほしいと祈ります。そしてさけぶのです:



「それはクリー『ズ』と読むのだ!」




◇ 近所の市川中央図書館で発見。

思わず、

「それはペイリンと読むのだ!」

とかさけぶ前に、実は「80日間」がこんなステキな邦訳になっているとは実は不覚にも知らなかったゆえ、手にとって「わ」と驚きました。おだやかな筆致で埋められていて、マイケルは日記をこういう文体で書くのだろうかと想像するのはたいへん楽しいです。




◇ 先週B夜書房の空飛ぶ編集者E本さんと、「何故パイソンの普及ぶりにひきかえ、英語圏における単体旅人としてのマイケルの人気が、あいにく日本にはおよんでいないのか」と力をこめて数時間お話をいたしました。それはBBC的な旅番組フォーマットと、日本のそれとが微妙に異なっているからか。しかしパイソンなんか言語と文化とフォーマットの違いをがんがん乗り越え侵食してきているわけだし、マイケルのおだやかな(しかしなにげで辛辣な)センス・オブ・ヒューマーにいろどられた旅行記もまたこっちに来てくれないものだろうか。と、わたしはこのたいへんステキな80日間マイケル本をぱらぱら読みながら考えました。




◇ そのE本さんから以前頂いていた、ドイツからのチクリ、もといすてきなお話です。



「先日フランクフルト・ブックフェアへ出張したところ、
世界に冠たる出版社であるところのOrionも立派なブースを出しておりました。
そのブースの写真です。
なんだかもう、神にも等しい扱いになっていますが
とにかく世界に冠たる出版社であるところのOrion Groupが
世界の出版人に向けて、もっとも誇るべき著者として
マイケルを何の臆することもなく取り上げていることに
ちょっと感動すら覚えました。」

そしてこれです。

ちなみにこの屏風は合成写真などではなく「絵」なんだそうです。誰かがこれをひとふでひとふで描いたのです。素ん晴らしい。思わず新興宗教を起こそうかと思いました。名も知らぬドイツ人の画家さんの偉業は、ミケランジェロをはるか後方に引き離してパイソ信徒の記憶にきざまれることでしょう。




◇ ところでお知らせ。今週末26日土曜日夕刻より都内でミニオフを決行します。(某ミクシ方面にも関連コミュができております。K下さんありがとうございます) いや、オフつーか、ただ単に例のごとく、いい大人が酒類等喫し微薫を帯びつついろいろブツをもちこみつつ「いやあの第二シリーズの意識の流れが…」とかいうパイソヨタ話をしようという集まりで。やや急な話ではありますが、どうぞお繰り合わせとお誘いあわせの上ご参加ください。ちなみに場所は某英国式パブになる予定。何故英式パブになるかというと、その理由はいろいろあります。

| | Comments (3)

13 January 2008

19年目の終わり

ジョンとアリス・フェイ夫人が別れるそうです。1月10日デイリー・テレグラフの記事 →

テリG、テリJに続きパイソンの皆さんにいろいろ波風が。

本日13日同紙にもう少し踏みこんだ記事があります。タイトルがいかにもです。コニー・ブースは今サイコセラピストなんですね。→ "This marriage is no more. It has ceased to be"

Life And How To Survive It の再読直後ゆえひときわ深く感じています。Families の方も読み直すべく小脇に抱えてとりあえず、ヒースロー方面に去ります。続きは日本で。

| | Comments (0)

09 January 2008

謹賀新年と笑う門に来るもの

しばらく冬眠していました。レスもせずに大変申し訳ありません。実はウツだったのです。07年が暮れてゆき日が急速に短く暗くなるにつれ、海に投げこまれた石になったような気がしてきて、これは冬のせいだろかと思っていたら、石はしかし着実に深く静かに沈んでいきしまいに短い日も届かぬ海の底に着床。これは困った、これは深すぎる、石であっても地上ならば路傍で文学になるとか転がってロケンロールするとかサザレ同士で集合しイワオになるとか展開があるが、海底では手も足も出ぬ。うう室生犀星のえびの気持ちが今わかった。だいたい哺乳類は息ができん。酸素がない。酸素酸素酸素!とうんうん唸っていたところ、医者がやってきて「あんた、とりあえず石もえびも忘れて呼吸につとめろ」と一喝ドクターストップ。よって年末年始の行動は全部停止、127万気圧のもとでただぱくぱくと酸素をか細く吸収しておりました。

今ようやくヘモグロビンが動き出した気がしてきたので、じりじり浮上してきて海面に顔を出してみたら、年はとうの昔に改まっている。浦島状態で明けましておめでとうございます。新年しょっぱなから海底とか酸欠とか縁起のたいへんよい自分語りですみません。かくて明るい一年の計を計上しつつ、今年もよろしくお願いもうしあげます。

ヘモグロビン再始動に一役かってくれたのがジョンとロビン・スカイナー博士の名著Life And How To Survive It、これは新鮮な空気のように深海頭にしみとおりました。迷ったときの地図みたいな本です。しかしこっちでジョン・クリーズというといまだに「病んだコメディアン」という連想がされるときがあるようですが、ジョンの場合はどんどんセラピー世界に踏みこんでいってこんなふうに本まで書いちゃったからそのイメージが強いだけではないか。その以前にはトニー・ハンコックやスパイク・ミリガンなんかがいたし。その後も宿命のようにコメディアンは病みつづけていて、最近ではスティーブン・フライが以前から重度の躁鬱病であったことをカミングアウトして話題になりました。

わたし的には、彼が病んでいたことより、「ルネサンス・マン」とも呼ばれるインテリジェンスと才能の権化のようなフライ氏が、その事実を人に語れず伏せていたことの方に強い衝撃を受けました。もっとも彼の場合、ただ公にするのではなく、同時にみずからのヤマイを糸口にしてStephen Fry: The Secret Life of the Manic Depressiveという病める人々に関する優れたドキュメンタリーを製作、啓蒙活動につとめているあたりがやはり権化の人らしいというか。(このへんの個人的ネガティブ体験の昇華手段、というか「転んでもただでは起きなさっぷり」はジョンに似ている。) 

このドキュメンタリーでは、フライをはじめロビー・ウィリアムズ、リチャード・ドレイファス、キャリー・フィッシャー(!)などがみずからのヤマイ体験を語るのですが、スティーブンが「以前ジョン・クリーズに『きみはその人当たりの良さゆえに病んでしまうのだろう』と言われたことがある」と語っていたのが印象的でした。あと、トニー・スラッタリー(元フットライツ会長、フライと一緒に「ピーターズ・フレンズ」にも出ていた人)が強度のウツに陥り社会とのかかわりを完全に絶っていたころの話も。テムズのそばのフラットに鍵をかけて閉じこもり、ノックにも答えず電話もとらず手紙も放置、ただ絶望して部屋の家具を片端から川に投げこむという行動を続けていたところ、ある日警察のボートが川を上ってきて、拡声器で「おーい、トニー、聞こえるかートニー、聞こえたら、川にものを投げこむのをやめなさい」と呼びかけてきたんだそうです。それを受けた、フライ「じゃ、警察はきみの仕業だってことわかってたんだ」トニー「どうもそうだったようだ」というやりとりには思わず笑ってしまったのですが、しまいには心配した友人がドアを蹴破って突入、トニーを引きずるようにして病院につれていったというからすさまじい。

ジョン・クリーズの方からコメディに来た人間としては、この国のコメディとコメディアンたちとその暗黒面の歴史に興味はあるのですが、その淵はどうやらマリアナ海溝よりも深そうで、深海頭がまた酸欠になります。誰か研究してくれないだろうか。とりあえず、新年早々から暗黒とか書いていてどうも縁起がいいったらりありゃしませんが、冬眠により中断していた話は次回から再開します。すみません。

それから来週14日から3週間市川の実家に帰省します。お時間おありの方乞う御連絡。酸欠頭とあそんでやってください。

| | Comments (0)

« October 2007 | Main