« ロンドン日記その6: ニールズ・ヤードで納得した | Main | マイケル東欧へ:その1 »

25 August 2007

笑うエディンバラ2007その1: 客対コメディアン

会社様から遅い夏休みをとり、エディンバラに来て年一のコメディ祭りエディンバラ・フリンジの舞台を見歩いています。いや一日4-5舞台くらいハシゴしているので、次の舞台めざし街の端から端まで15分で移動、など多々あり『見走り回っている』、あるいはエディンバラとは妙に起伏の多い土地で街中徒歩移動はたいてい急勾配、地の果てまで平たい東アングリアから来た人間は冬山登山も同然の厳しい戦いを強いられるがゆえ『見よじ登っている』または『見這いずり回っている』かもしれず。来週月曜の最終日までうっかり遭難して死んだりしないよう気をつけます。

しかしいろいろ面白いものとあまり面白くないものを見聞きしていて、あるときわたしは不意にサトリました。
コメディとはサービス業である。
コメディアンとは要するにクリエイティビティとかデリバリーとかセンス・オブ・ヒューマーとかそういう単語の前に、『客にサービスする』という存在なんである。と。

しかしこれでサトった気分になっていたら、アンドリュー・ローレンス(今年のフリンジで必ず見るべき人のひとり)が昨夜

『コメディをやることは所詮売春です』

とすごいことを言ったのでおもわず『すいませんでした』と謝りそうになりました。

この話題続きます。


***** 追記 ***************
私的今年必見の人々。

アンドリュー・ローレンス
アンドリュー・マクスウェル
マーク・ワトソン
ブレンダン・バーンズ

特にマーク・ワトソンの今年の化けっぷりが凄い。去年までと感じが全然違います。飛ぶ鳥を落とす勢いというかオーラが出てきたというか。たいしたものです。

|

« ロンドン日記その6: ニールズ・ヤードで納得した | Main | マイケル東欧へ:その1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ロンドン日記その6: ニールズ・ヤードで納得した | Main | マイケル東欧へ:その1 »