« MOONSTRUCK! | Main | ロンドン日記その1: 路上の人 »

26 June 2007

おフランススパムとパイソンサボテンその後

◇ 地元スーパーで発見、「臭いフランスのニンニク風味」のスパマロットバージョンスパム。川端康成的に、「臭い」が「フランス」と「ニンニク」の両方にかかっているのが微妙です。

おもて


うら


うらアップ。左中央の暗いシミはひっついてた変なシールをはがした跡です。



これが缶詰棚にふつうに置かれていました。ロンドン近郊で限定発売されていたということは聞いていましたが、首都から100マイル離れたラトランドにも及んでいたとは。ちなみにこれは棚の最後の1個だったので、いまだもったいなくて開けられずその素敵なかぐわしさは味わっておりません。加熱したらけっこう、「毒をもって毒を制す」の法則でいけるんじゃないでしょうか臭スパム。


6月7日で触れたパイソンサボテンオークション、20日にセールが行なわれましたが、ボナムズさんの結果報告によると、ロットナンバー246のサボテンにはどうやら買い手がつかずに終わった模様。→結果頁。全部表示されるのに少し時間がかかります。

貴重品とはいえ、全長3メートルのトゲつきサボを購入して人はいったい何をするのか、という疑問の残る物件ではありました。
(今、その用途に関し非常にアレな考えがよぎりましたが黙っています。)
これからこのトゲサボはどこに行くのでしょう。ボナムズさんの倉庫でふたたび数十年の眠りにつくのでしょうか。それとも。うーん。わたしは中古屋の片隅とか1本1ポンドの投売り籠に雑に取り残されている古いパイソンビデオを見ると、なんだか胸がいっぱいになり、塔に幽閉されている王女(または王子)を救い出す騎士の気分で家に連れて帰ってくることにしていますが(その結果何種類もの同一タイトルパイソンビデオがずらりと棚に並んでいる)、さすがに3メートルトゲサボには二の足を踏みました。このサボが、仮にボナムズ倉庫の片隅ででも幸せな余生を送ることを祈るばかりです。

ちなみにブラジルポスター(ロット133)も未売でしたが、ブライアン自殺部隊かぶりもの(240)は税手数料込みで780ポンドで売却されています。ほぼ予想落札価格どおりです。わたしはこれを落とした人と小一時間ほど膝と膝をつめてじっくりとお話をしてみたいです。

|

« MOONSTRUCK! | Main | ロンドン日記その1: 路上の人 »

Comments

これは実にありまほしきスパムですね。
申し訳ありませんが是非帰日の際にはおみやげに。

Posted by: 光デパート | 26 June 2007 at 12:31

その御手にかかればシュールストローミングでさえ蒲焼よりも匂いで食わせる美味になるという噂の光シェフ
了解です。がんばって在庫見つけます。ロブスターテルミドールと小エビのモルネーソースプロヴァンス風味ナスとエシャロット添えブランデー漬けのトリュフのパテを散らし目玉焼乗せてスパム、をしのぐ素敵なメニューを開発されんことを。

Posted by: akko | 28 June 2007 at 02:32

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« MOONSTRUCK! | Main | ロンドン日記その1: 路上の人 »