« マイケル、「日記」を語るその3 (そして隣を歩く男) | Main | マイケル日記日記: 遥かなる山の歌声 »

20 February 2007

2月17日浅草オフレポート

楽しかった思い出を牛のように反芻しつつ。

マイナス1次会:
管理人がアゲマンを食いたいとさわいだので、浅草にくわしいわきみさんが出張中にお昼過ぎから出てきてくださり、観光客が行かないツウのアゲマン屋さん(1コ100円。アンコさくさくんまー)をはじめ、たいへんシブイてぬぐい屋さんや祭り用具屋さんや、ミクジで凶をだしくさった浅草寺とか(わきみさん大吉)、ロック座のむこうですげーいやらしー踊り子さんカレンダー売ってたなぞの店とか、バケン関係とかニコミ屋とか、翌日東京マラソンをひかえた人ごみをかわしつつディープ浅草をご案内頂きました。ちなみに、雷門の前で「お嬢さんお嬢さん、わたし生粋の浅草っ子のケンジってんですが人力車いかがですかー」と声をかけまくっていたお兄さんを見ながら、「うーん、これってケム川のほとりでパント船客をゲットしようとしているケンブリッジのお兄ちゃんたちみたいだよなあ」と思いました。

ゼロ次会@デニーズ雷門前店:
けっこう歩いたという理由にもとづいた「ま、いーかー」というどちらからともない同意により、昼ひなかから生中を注文してごくごく飲んでいる2名のもとにおおしまさん、トコツカさん、青さん、木下さんの4名様が合流。初対面のかたがたもテーブルに目立つように置いていた正伝とマイケル日記で無事見分けて来てくださいました。それからというもの、トコツカさんの東京12Chの「空飛ぶモンティ・パイソン」放映時間および内容の詳細な研究結果、青さんがこともなげにご提供くださった非常ーに貴重な日本のパイソンファンジン物件、木下さんのパイソンに特化したすばらしいロンドン本最新バージョン、および管理人の「エリックとわたし」とかアレとかコレとか、デニーズのテーブルいっぱいにパイソン物件がぶちまけられ、話すことは大声で「いや第3シリーズのジョンの態度が…」とかたいへん愉快なことばかり、あっと言う間の3時間。

ゼロ次会結論:
●マイケルはいい人よりは凶悪なほうがすてきだ。
●「ブラックメイル」は日本では「浮気暴露ショウ」とかみもふたもないタイトルであった。
●グディーズはなにげでちょっとずつ人気がある。
●日本の新聞のグレアム死去の報道「グレアム・チャップマンさんはケンブリッジ大学卒業後、モンティ・パイソンという喜劇一座を設立した」はあんまりだ。
●「日記」にはこれまで判明していなかった地名がいっぱい出てきているので木下さんの今後の追跡が待たれます。ゴウゴウチュニジア!
●とりあえずエリックを見るためだけにディズニーランドは行ったほうがいい。
●しかしパイソンのなかで一番ないがしろにされがちなのはエリックかもしれない。(←異論若干)
●わたし「ねえねえトコツカさんすばらしい研究ですね、でもこのようなすばらしい研究をされて何かの役に立つのでしょうか」トコツカさん「(即答)いえ何の役にも立たないです(断言)」

1次会@駒形どぜう
氷雨降る中、店の前でSIRENさん、まいまいさん、そして目印のスパマロットTシャツ着用の管理人を見つけてくださったサイさん、Kickさんと合流。まいまいさんが「フル・サークル」でマイケルが駒形どぜうの入れ込み座敷にアグラかいて座っている画像をプリントアウトしてきてくださいました。それを見ながら木下さんが「ほら、あそこですあの窓際のキミドリ色の服の人が座っているあの席」とそっとささやいてくださるところにわれわれ全員覗きこんでは「ほー」「すばらしい」「あやかりたい」。
座が暖まってきたころグッタイミングでenoさんとみうらさんがいらっしゃり、25年間くらいの年齢差がある男女たちが(最若の女子は21歳!ひえー!)全員でわんこ状態のどぜう・ごぼう・ネギをわしわし頂きながら、「すいません!そろそろジョン専とマイケラーの決着をつけようではないですか!」「ジョン好きな人!」「はーい」「はい」「ではマイケルは?」「はい」「はい」「はーい」「ちっ」「enoさんファンですう」「えっ?」「どぜう煮詰まってるんで食べちゃってくださーい」「テリJは実はXXXのときXXXXXXXだったんですよー(←「えええそうだったんですかー!」どよどよ)」「すいませーん!ごぼうおかわり下さーい!」「要するにですね、実年齢が何歳かということよりパイソン年齢がいくつかということだと思います」「ならばえーと、自分15歳?」「あたし6歳。コドモかも」「いやうまいっすねどぜう」「こんなんだと全然思ってないかったすよ」「これならマイケルも食えたでしょうね」「はーいお待たせしましたあー、どぜうおかわりありますんで召し上がってくださいねー」「お嬢さんすいませんねビールもう3本」「あはははははついさっきまで語ってたんですがまた語っていいですか。(返事を待たずに)わたしとジョンとの関係わですねえー」「関係とか言ってるし」「パイソンから広がりクックとかグディーズとか日本で普及するといいっすね」「でもグーンズは難しいですね」「もlし指輪やるならやっぱジョンがガンダルフですか」「オーク100万人は全員テリGということで」など、など、など、話は尽きず。ものすごい面白いひとときでした。テーブルが横に長かったゆえ、管理人が覚えているこんな会話以外にもこっちのほうではこんな面白い話をしていたよということがあればどうぞ教えてください。

2次会@和民
いや、予定していた電気ブランを飲みに神谷バーに行ったら満員かつラストオーダー間近だったので中に入れず、しのつく夜の雨の中2次会難民となった2次会組はしばし浅草の路上に立ち尽くし途方に暮れました。しかしそこで、そういえばこういうときにこそ、困ったときのワタミ様。ということでそのすぐ近くの和民の6人がけの席に7人でぎうぎう乱入、ゼロ・1次会よりもいーかげん酒とテンションが行き渡った2次会らしいかーなり濃ゆい話でかーーーなり盛り上がりました。それはどのくらい濃ゆかったかというと、ちょっと話の内容をここに書くのがはばかられるくらい濃ゆかったのです。もっとも管理人は実はそういう方面の話は決して嫌いではないゆえ窒息寸前、思わず床に倒れてジョンの名を呼び続けそうになりました。ものすごい面白かったです。←まことにボキャブラリがプワでもうしわけありませんが本当に。ああそれにしてもパイソン道は奥が深い。いや比喩でなく本当に奥が深いのなんのジョンとマイケルってばもう。

そんなんばかりで数時間(マイナス1次会から入れると8時間耐久で)パイソン話をしていたゆえ、別れを惜しみつつ解散後、総武線車内で足踏みしながら本八幡に走って帰り、家のドアを開けブーツを投げ脱ぎだだだと前のめりでテレビに駆け寄りスイッチ入れる間ももどかしく(たまたま手に触れた)フライング・サーカス8話を見ながら、この人たちはやっぱりものすごくよい頭の一方どっかおかしい頭の人たちだなあ、とほとほと感心した次第です。

以下オフおしらせエントリにレスをおつけ下さった方々への返信です。

★木下さん
そういうわけで神谷バーには行けませんでした。在日中に再挑戦できるでしょうか。それから御書のますますのご発展をお祈り申し上げます。それからすみません、マイケルDVD群をお返ししようと思い大カバンに詰めていったのですが(というかだからカバンがでかかった)、盛り上がったあまりすっかり忘れてしまいました。お返し必ず致しますが、その前にと今「80日間」から見直しています。マイケルかわいいですね。それからこの度見直したとき、マイケルが超ポッシュで銀行が客を選ぶ王族・貴族御用達のクーツ銀行に口座を持っていることを発見、驚愕しました。(いろいろあってわたしはジョンはこの銀行に口座を持っていないことを知っています。マイケルすご。)

★kickさん
あちらを立てればこちらが立たずというか、なかなか参加者の皆様すべてに便利な場所はないものです(わたしは近くて楽でしたが)。
というわけでやはり、全員に公平な立地条件というわけで、次回はラスベガスオフということで!!!(えっ)

★トコツカさん
貴重な研究をご披露いただき眼福でございました。今後もますますの、いったいそのホームズ鳥打帽の下の灰色の御脳細胞のどのへんをどう使ったら思いつくのかよくわからない何の役にも立たないご活動にご期待申し上げております。プロムス最終夜はわたくしも見ておりました。なにげなくNHKをつけたら、アラン・ティッチマーシュの司会も含みBBC番組をふつうにやってるのでびっくりしました(余談ですがティッチマーシュ氏は出身はガーデニング番組であるものの最近は旅とかアートとかプロムスとか親しみやすい文化番組に進出していて、どうも第二のマイケル・ペイリン的地位を狙っているとしか思えない行動がみられます)。あれはクラシックのグラストンベリー・フェスティバルみたいなもんで、知ってる人と曲をどんどん出してみんなで大騒ぎしてなんぼみたいなお祭りです。でもあの旗をふってる英人たちの中でどのくらい、威風堂々とかルールブリタニアとかジェルサレムを聞いてモンティ・パイソンを連想する人がいるのかけっこう気になります。

★青さん
青さんはおかわいらしい激若お嬢さんでいらっしゃるにもかかわらずしぶいところを全部押さえていらっしゃり、お話すると勉強になることばかりです。ヨゴレなオトナたちにかこまれお疲れさまでした。今度はぜひともジョングレネギのお話を致しましょう。いやほんとに。

★enoさん
このオフにより明らかになった事実を報道する英国タブロイドゴシップ新聞のヘッドラインが見えるようです、「ヒトラー改めエルヴィス改めグレアムは生きていた!」パイソンがヤラセだということの前には、今話題の納豆とかそういうことを追いつめる根拠が根底からくつがえり大変なことになると思います。どうやらわれわれは浅草でたいへんなことをやらかしてしまったようです。また飲みましょう。それからすてきな奥様にどうぞよろしくお伝え下さいませ。

★みうらさん
おいでくださりありがとうございました。以前から小耳におはさみ申し上げておりました、「マレーシアにいるもんのすごいマイケラーの人」についにおめもじできてわたくしは幸せでした。管理人の見方に関してのお言葉、どきっとしました。実はわたくしは、自分はそーゆーふーに英国で見てどうとか言っていますが、しかしそれってもそも日本語でパイソンを見る上では必要ないのではないかという逆の疑問を日々自問しております。毎度のことながらみうらさんの投げかける疑問はむちゃくちゃするどいです。今後もどうぞ、御家事の合間にいらしてくださいませ。

★saiさん
家人さんはそのようなことを伝えられて、いったいパイソノタとはどのような人間の集まりであるとお思いでいらっしゃるのでしょうか。
管理人より言い訳です。
●マイケルに満ちている←たまーーーにかぼそくテリJヲタの人がいますよ
●オウム弔辞←わたしの葬式でぜひお願いします
●ホームズひとり←ホームズなみに頭がいいのに役に立たないらしい
●ブツ←今度はもっと面白くもっと中毒するものを
●LOTR←というかバルログとかシェロブとか怪獣関係全部
●ギリアム外してよし←大監督なのに

説得力弱すぎ。

改めてみなさまお疲れさまでした&ありがとうございました&楽しうございました。
家主管理人は3月19日まで本八幡近辺におりますので、あそんでやってもよいよというお方におかれましてはどうぞまたおさそい下さいませ。

|

« マイケル、「日記」を語るその3 (そして隣を歩く男) | Main | マイケル日記日記: 遥かなる山の歌声 »

Comments

その節は7時間半と(ゼロ会から参加)最後の電車まで、長時間にわたりご一緒できてとっても楽しかったです、とコドモの感想文のようですが、ほんとに楽しかったです。日本の中でもいろいろと楽しいのに(YouTubeってすごいすね)、海を渡るともっともっと素晴らしいことが起こっているのですね。
とりあえずスパマロットはウエストエンドまで行ってこの目で観たいです。サントラだけじゃイヤ!ロンドンを夢見て、Always Look on the Bright Side of the LifeをBGMに眠りにつこうと思います。ご参加の皆様、またよろしくお願い致します。

Posted by: おおしま | 21 February 2007 at 13:26

「何の役にも立ちません」と自分で断言しておいてなんですが、学問というものは元来役になんぞ立ちゃあせんのです。でもどっかの大学がパイソン研究で博士号をくれるというのならもらってもいいです。ただその場合名刺に「博士(アホ)」とか刷らなければならなくなり社会的にどうかという気もしますがもういいです。

駒形どぜうの隅っこの方では「ナウシカでいえばジョンは巨神兵ですね」「クシャナ殿下はグレアムでいかがでしょう」「ジョンに『どうしたそれでも世界で最も邪悪な一族の末裔か!』とかいうんですね」「クワトロはエリックだ。あの性格が」「マイケルは何だ。キツネリスのテトとか」「ジョンの肩に乗るわけですね」「ナウシカもジョンですか」「テリJ大ババ様」「ギリアムは王蟲ですね全部」「やっぱりそうなるか」などと言う話が延々と。

またやりましょうね。いっぺん合宿なんかしてみたいですね。

Posted by: トコツカ | 22 February 2007 at 14:06

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« マイケル、「日記」を語るその3 (そして隣を歩く男) | Main | マイケル日記日記: 遥かなる山の歌声 »