« マイケル日記日記 | Main | オフのおしらせ »

26 January 2007

またまたゆくQくるQ

実家地元映画館で今日がカジノ・ロワイヤルの最終日、えーいこれで大画面見納めだーと、半分ヤケクソで英日通算8回目を見に行きました。そしていろいろねちねちと考えました。

・ボンドの腕にGPSを埋めこむおじさんが気になる。Mとも顔見知りみたいだからMI6のテクノロジ担当の人なんだろうが、何故この人がQではないのだ。あの一瞬セリフなしの出番、でもよく見たらジョン・クリーズ、だったら相当面白かったと思うんだが。
・仕事先にアストン・マーチンDB5を手配するのは、MではなくQの仕事じゃないのか。あれがQだったら、つまりボンドは「愛してるよQ(はぁと♪)」と言ったわけで、惜しいおしすぎる。
・カジノ勝負のメンツの中にひとり、アーチー・リーチがそのまま年とったみたいな、ジョンヒゲなしバージョン似のおっさんがいるのがすごい気になる。ボンドがヴェスパカクテルを注文したとき最初に「じゃ自分もそれを」と頼む人。ラブリーな後頭部まで似ている。勝負2日目からは卓についていないので(部屋の中にはいる)、どうやら1日目で全部ボンドとル・シッフルとフクツさんににむしられたらしい。連れている女性はかなり美人の人だったけど、金むちゃくちゃスッたわけだし裏で相当おこられていたんじゃないだろうか。
・「M」がMの本名のイニシャルならば、「Q」はなんなんだろう。Q太郎とか?あたまに毛がさんぼんしかないんだよ?
・ところでMが帰宅してきてボンド発見、そのときにこわきに抱えていた新聞を「ごらんなさいこんな騒ぎに!」とテーブルに叩きつけるけど、あの新聞はどう見てもザ・サンかデイリー・ミラーであり、すなわち労働党系やや下品なタブロイド新聞である。(最近はインテリ新聞タイムズとかインディペンデントなどもタブロイドサイズ版を発行しているが、あのヘッドラインのフォントが明らかに下品タブロイドのものである。)お役人のMさんはそんな新聞読んでていいのか。
・ナッソー空港からオーシャンクラブまでボンドさんはフォードモンデオを運転しているけれど、あれはその前の状況をかんがみるに、レンタカー以外ありえない。ボンドさんはサングラス姿でかっこよく空港に降り立ったあとで、中のエイヴィスあるいはハーツのカウンターにとことこ行って手続きとかしてたんだろうか。いやエイヴィスやハーツだったらナビがついてていいはずなのにあのモンデオにはついていない。もっと地元ローカルの安い会社なのか。もしボンドが「安さ一番ナッソーニコニコレンタカー」とかに乗ってたらわたしは一体どうすればいいんだ。
・しかしそれでも映画公開前後、フォード社の中の人たちは「今度のボンドはモンデオに乗るんだぜーい!」とすんごく喜んでいて、自社CMにあの一瞬のシーンをくりかえし使っていたことを今思い出した。英国における「ボンドカー」のステイタスとはやはりすごいのだと思った。
・それにしては、ランドローヴァーの中の人たちは沈黙を守っているようで。いやあれは歴代「ボンドカー」の中でも、まっぷたつBMWに匹敵する面白さだったと思うんだが。ちなみにあのときぐわしゃ!とやられる後ろの車はジャガーだったが。
・今までボンド映画冒頭に必ずあった振り返って銃を撃つあのカット、あれってあんなにかっこいいのに、結局便所の中だったんですね。
・設定した送金暗証番号が実は「ボンド、こわいよ」とかだったらかなりいやだと思いました。←マルサの女2参照。
・いやQから話がそれてふつうに映画の話をしてしまいましたが、結局なにが言いたいかというと、冒頭で爆弾男を追っかけてブルドーザーでゴゴゴゴゴと爆走してくるボンドさんに、8回見て8回とも、反射的に「り、べ~んじ!」と心でアテてしまっていたということです。ってまだQから話それてますが。

|

« マイケル日記日記 | Main | オフのおしらせ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« マイケル日記日記 | Main | オフのおしらせ »