« マイケル、「日記」を語るその2 (そして見守る男) | Main | マイケル日記日記 »

13 December 2006

ゆくQくるQ

ボンドに続き次作ではQも代替わりする、かもよ。というニュースを小耳にはさみました。→
これでわたしとジェームズは本当に終わったのねと背を向けてタバコを吸っている。いやいつ始まっていたのかはともかく。

まあよく考えたらジョンは一応公的に「引退」しているんだから、こういう事態は当然アリだと覚悟はしているべきでしたが、それでもなんとなく、Qは別であってほしいという希望をちょっと抱いていたのです。だめかなあ。例えばリュウェーリン氏のような最後の挨拶とか、ブロッコリさんの粋なはからいを希望。なぜならばわれわれにはQに課された解かねばならぬ謎があるのです。たとえば、最後のとこでQが手に持っていたあのえんぴつ削りのようなひみつ道具は一体何なのか。それから、マニペニー嬢がこっそり楽しんでいたあのシミュレーションのプログラムはQが自分の趣味で組んで試したりしていたのか。そしてアストン・マーチンを一体どうやって地下鉄の中に入れたのかなんて考えようものなら気になってもう夜も眠れません。

|

« マイケル、「日記」を語るその2 (そして見守る男) | Main | マイケル日記日記 »

Comments

英国でも年は明けたでしょうか。
明けましておめでとうございます&ごぶさたしてます。

今、ものすごいショックを受けております。
もうジョンQが見られないなんて…
このまま命ある限りQをやってくれるかもしれないと思っていたのに…

Posted by: ノーティカルマイル | 05 January 2007 at 17:35

ものすごく今さらですが明けましておめでとうございます。そしてものすごく反応が遅れましてもうしわけございません。

ジョンQの今後やいかに。なにごともなかったかのように続くか、それともジョージ・レーゼンビーのような一作一発伝説になるのでしょうか。DADのジョンQを激愛しているわたくしの希望はただひとつ、伝説になんかなんなくていいです今後も続いてください。しかもこの新Q候補の人、よく見たらトレスポのスパッドの人じゃないですか。それは一時期ひどく噂としてとびかっていた「ロビー・ウィリアムズ=新007」というもの以上に違うと思います。こうなったらクリーズ普及委員会どころの話ではありません。みなさまジョンQを絶滅から守ろう。多摩川にジョンQを呼びもどそう。ジョンQと都合のわるい地球温暖化をふせごう!ジョンQならきっと、アルゴアなんかはるかにさしおきプリウスぶっちぎりの便利な環境保護ぐるまを作ってくれそうですし。うん。

Posted by: akko | 23 January 2007 at 12:55

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« マイケル、「日記」を語るその2 (そして見守る男) | Main | マイケル日記日記 »