« 07OCT : マイケル日記発売 | Main | 14NOV : ロンドンスパマロットとテリJ先生のライフ・アンド・ハウ・トゥ・サヴァイヴ・イット »

15 October 2006

15OCT : 管理人私信とチェルトナム文学

突然しかも私事で恐縮ですが、今週なかばから来週にかけてちとばかり実家に帰省することになりました。
あそんでやってもいいよというお方は、どうか市川のわが実家方面にむけて手旗信号・モールス信号・ノロシなどでご連絡くださいませ。

それから10月9日のチェルトナム文学フェスティバル、行きました、もうヤケクソで。秋のチェルトナムはとてもいい感じに文学の街になっていて、作家さんや物書きさんがいっぱい来ていて、そこら中で講演やトークやディスカッションが行なわれていました。観客のほうも、チェルトナムというちとポッシュな土地によく似合う明らかに知的なオトナたち(除わたし)でした。同じまつりでも、十数万人の若者が全員泥だらけで泥酔してたりキメてたりラリってたりするグラストンベリー・フェスティバルとは、客層がずいぶん違うもんだと思いました。

しかしあれです。テリJに本気で古代ヨーロッパ史について語らせると、もうわたくしの薄い知識ではようついていけないことが発覚。かれは実に楽しそうにしゃべっていて、しかも数百人入る立派な劇場にいっぱい人が来ていたのに、もうちっと予習していけばもっと面白かったに違いないと後悔しきり。これからはわたしはテリJを心の「先生」とうやまい、(ちなみにテリGは「巨匠」でジョンは「重鎮」。他のひとびとについてはいろいろ考えてはいる)、とりあえず先生の著書を読んで勉強することを誓いました。

それにしても、パイソンたちの中で一番若いときと印象が変わらないのがテリJ氏だと思うのですが、どうでしょうか。ふかふかした感じがすてきです。

|

« 07OCT : マイケル日記発売 | Main | 14NOV : ロンドンスパマロットとテリJ先生のライフ・アンド・ハウ・トゥ・サヴァイヴ・イット »

Comments

ごぶさたしております。
ヤポンにご帰還、おめでとうございます。
ご帰国ついでに、マイケル日記の翻訳権も音羽方面から奪い取っていただけると嬉しいななどと無茶なことを願っております。

機会がございましたら、御目文字を頂戴できましたら恐悦至極でございます。

ところでテリJ先生のチェルナムでのご講演情報はどのあたりで見られますでしょう?
フェスティヴァルのサイトを見てみたのですが、浅学のため、さっぱり判らんのです。どこかのマスメディアなどで報道されておりますでしょうか?
ご帰省前のお忙しいときですので、お時間出来たときにでもお教え下さい。

Posted by: josan | 16 October 2006 at 04:24

josanさん
先だっては突然お店に(さんざ迷った挙句)お邪魔させて頂きまして、どうも失礼致しました。そしてありがとうございました。お食事もお酒も大変おいしく(やっぱり日本酒ですねー)、わたしはあの夜カンテレのふしぎなメロディを口ずさみつつ連れと踊りながら帰りました。
josanさんのおいしくすてきなお店「おだいどこやなぎ」はこちらです。
http://www6.ocn.ne.jp/~josan/

テリJ先生の講演は、基本的に著書"Barbarians" の内容に沿ったものでした。「バーバリアン(野蛮人)だったのは実はローマ人の方だったのだ」という面白い視点からヨーロッパ古代史を見るというテーマです。一般観客を相手に一時間という制限つきだったので、特にこの内容以外にむずかしいことはしゃべっていない(はず)です。
しかし、チェルトナムの劇場の舞台を端から端まで元気よく歩きまわりつつパワーポイントのスライドをどんどん使って楽しそうにしゃべっていた姿を見て、あいかわらずだなあ、こういう歴史大好きの先生って学校にいたよなあ、と感心したそのすぐ後に例のガン報道があり、かなりショックを受けました(40歳年下の彼女さんの件も含め)。とりあえず、またお元気かつ達者で楽しそうに歴史を語る姿を拝見することができる日を。そのときは絶対、ぜーったい予習して行きますから先生。

Posted by: akko | 15 November 2006 at 00:56

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 07OCT : マイケル日記発売 | Main | 14NOV : ロンドンスパマロットとテリJ先生のライフ・アンド・ハウ・トゥ・サヴァイヴ・イット »