« 10SEP : ちょっといい話 | Main | 19SEP : あの馬鹿はドゥーン城をめざす (その2) »

12 September 2006

12SEP : わたしは苦情を申し立てたいのだ。

またパソがこわれました。
今回は入院加療となってしまいました。
ネットはできるのですが、メールへのアクセスがないためお返事がかなり遅れてしまいます。お書き頂いた方々にはたいへん申し訳ございません。
それにしても、過去うちつづいた電話およびパソ問題の件でここに書きつらねたことどもからも、今回わたくしが公衆の面前でどのような反応と醜態をさらしたかはおのずと明らかです。
とりあえず、あまりにも同じ問題でこわれ続けるパソがいいかげんやんなってきたわたくしと、それを持ちこまれた販売店員のおにいちゃんとの不毛な会話がものすごく『オウム』であったこと、その会話をあたかもひとごとのように聞きつつ『あははははパイソンってノンフィクションだったんだなあ知らなかったなあおはようからおやすみまで英国社会を見守るパイソンだなあえへへへへへへ』と第二の自分が頭の隅で力なく笑っていたということを申し上げるにとどめておきます。しく。

|

« 10SEP : ちょっといい話 | Main | 19SEP : あの馬鹿はドゥーン城をめざす (その2) »

Comments

akko様、はあ、大変ですねえ。

ところで、あの、間があくというのは、そんなにお気になさらないでください。気にすると義務みたいな感じになっちゃって、それではなんだかしんどくなっちゃいますでしょう...

パイソンが好きになって、こちらにたどり着き、いろいろ教えていただいて、今では、akkoさんの文章自体のファンになりました。上手なんですもの。akkoさんの無理のない範囲で書いていただけたら、読者として幸せです。だから、あんまり気にしないでくださいね。(それと、下のほうに長々書いてごめんなさい。)

Posted by: エフェソスの半分蜂 | 16 September 2006 at 14:01

あたたかいお言葉をありがとうございます。涙が出そうです。しかし、このレトリックが通じない管理人にうっかりそんなあたたかい言葉をかけてはいけません。さもないとやつは、「あ、そうなんだ、じゃ遠慮なくー(はぁと)」とか言ってオフィシャルになまけモードに突入してしまうのです。ここはひとつ、わが子を谷底にけ落とすライオンの勢いでびしびしやってやってください。

なお、なにしろ管理人がかくのごときバカのような長文体質であるゆえ、長書きこみは大歓迎です(ただしこの空間だけに通用する常識的話題範疇において、というぬるい条件つきではありますが)。今後もどうぞお立ちよりお続けください。

Posted by: akko | 20 September 2006 at 11:08

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 10SEP : ちょっといい話 | Main | 19SEP : あの馬鹿はドゥーン城をめざす (その2) »