« 26AUG : 笑うエディンバラ2006その3 | Main | 05SEP : あの馬鹿はドゥーン城をめざす (その1) »

30 August 2006

30AUG : 笑うエディンバラ2006その4

◆炎の七三二十一日間のフリンジがおととい閉幕しました。わたしはうまく日常社会に復帰できずに困っています。あの怒涛のコメディ漬け快楽の後になにごともなかったかのように日常に戻れ忘れろとかは非コメディヲタに言う言葉、今のわたしはいっそ死ねと言われたい。だからと言ってあっさり死んだらそれもまた困りもんですが。

◆しかし、このエディンバラを2年間ずーっと楽しみにしていて(去年は「正伝」をやってて行けなかったのです)、とにかくあまりにも楽しみだってんで、こないだ7月ごろには「もういくつ寝るとエディンバラ、あとひと月でエディンバラ、ひと月たったらエディンバラに行ける、ひと月たったらエディンバラに行けて、そしてその後は… エディンバラから帰ってこなければなんない… うううひと月後にエディンバラから帰ってこなきゃならないなんて嫌だ悲しいうわああん」とかわけのわからない動揺をしていました。こうなるとビョウキ、というよりフリンジ中毒。フリンジで笑っていないと幻覚に襲われるとか。その場合カラダに這い登ってきたりする幻覚はぜひ小さなパイソンズかなんかであってほしいものですが、そうなると患者はけっこう楽しくて治療する気なんかおきないのが難です。

◆3週間にわたる過酷なフリンジマラソンの勝者には、今年からスポンサーが変わり「イフコメディ」と呼ばれるようになったフリンジ大賞が授けられます。もっともこの賞の新しい名称は、圧倒的に定着している去年までの「ペリエ・アウォーズ」にかわってどれほど認識されているのでしょう。
とりあえず大賞はフィル・ニコール。実はこの人は見ていないのですが、しかし特筆すべきはパネル・プライズのマーク・ワトソンです。フットライツ出身のスタンダップの人で、4年くらい前にピーター・クック追悼チャリティライブで見かけたのが最初でした。以来めきめきメジャーになっています。おととしには、アダム・ヒルズが「あいつのスタンダップは見に行ったほうがいいよー!」と強力に推していました。すでにロンドンでソロ公演を成功させているし、フリンジではもう説明抜きで名前が通用している感じになっていたし、今後どうなるか。楽しみです。

◆コメディのかたわら、街の中心のショッピングセンター「プリンシズ・モール」で、改装中の壁を利用し展示されていた、The Fringe: 60 Years, 60 Photosを見に行きました。ザ・スコッツマン紙協賛です。
誰かのはあるだろな、と下心抱いて行ったら案の定、若テリJ写真を発見。展示写真群のこの頁一番下右から2番目です。→

展示内のパイソン関係はそれだけだったので、スコッツマンさん他の写真はないのかいとつぶやきながらさっき改めて探してみたところ、マイケル写真のみを発見したんですが、ちょっと遠くて言われなければマイケルだとわからないですねこれは。撮影日がないということは、テリJ写真とは別の年に撮られたのでしょうか。


さてフリンジで見たものでよかったものメモ続きそして最後。

Synphonia
よく晴れてはいたもののすでに肌寒いくらいのエディンバラ、そのロイヤル・マイルの路上仮設舞台で、海パンいっちょでウォーターボーイズのような客引きミニ公演をやっていたイタリア人4人組です。足を止めた通行人に「この中にイタリア人はいる?イタリア人は?いない?よし、これでマンマにちくられずに好きなようにバカができる!」と言い、「みなさんわれわれはイタリアから来ましたあ!どうぞ見に来てくださあい、見に来るときはトマトを持ってきて、忘れずにわたしたちにぶつけて下さあい!」とさかんに叫んでいたのが上記リンク写真で一番奥にいる人でした。で、わたしが見に行ったのは、海パンに水泳帽姿のこの人がジョンに激似だったからです。人生の行動を決定するのにそういう動機でいいのかと問い詰められれば、そういう動機でいいのですとしか答えられませんわわたくし。

もっとも実際に行ってびっくり。30人くらいの小さな空間での昼間の公演で、新聞にもレビューはありませんでしたが、それにしては客はよく入っていました。たぶんこの路上客引きが大きかったからだと思います。しかし、路上ではウォーターボーイズだし、配られたフライヤーに印刷されていたのもこの写真だしで、だからてっきり肉体使用フィジカル系笑いだとばかり思っていたのですが、実はこの4人組はクラシック音楽のパロディの人たちでした。最初4人がびしっと燕尾服で決めて出てきて、なんだ様子が違うぞと思っていたら、いきなりたいへん美しいアカペラでコーラスが始まりました。びっくりしてひっくり返りました。
このへんにびしっとした写真があります。→
そこからいろいろ台詞抜きで視覚系のクラシックねたを連発、立ってストラップなしで演奏しているクラシックギターでZZトップのギター回しのあれをやったりとか(何度見てもどうやっているのかわからなかった)、いけてないロックスターに客席も含めて皆でトマトや芋やネギをぶつけたりとか客はきゃっきゃ言って大喜び、しかしそのベースにある歌や楽器はたいへんクラシック的に見事に決まっている。レイナー・ハーシュもそうなんですが、「クラシックができる人」が「コメディをやる」という、そのインパクトだけですでに他を一歩リードできるような気がします。思いがけずたいへん愉快な1時間でした。こういうことがあるからフリンジは楽しいのです。それと、長身燕尾服のジョン似の彼がウッドベースをバリバリガリゴレと弾く姿はそれはそれはカッコようございました。ってまたそういう動機か。そうなんですけど。


がーまるちょば
会場になっていたのはエディンバラ大学の学生ユニオンビルの一室の「ディベート・ルーム」という部屋で、暗幕の向こうにステンドグラスが見えたりして高級感が漂っていました。フリンジの中では大きめのスペースであり、そこがほぼ満席で、しかもほぼ非日本人で埋まっていました。開始直後から快調で、特に前半のいちびったパントマイムが非常に受けていました。こっちのダブル・アクトがマイムなんかをする場合、片方が行動して片方は受身とか役割分担されている場合が多いようなんですが、がーまるちょばの場合は両方ともどんどん素早く動き回るのが新鮮でした。後半の無言劇「街の灯」も、最初客席は「ん?」という反応でしたが、ああこういうことをやっているのかと客が理解してから非常にいい感じでした。日本だと台詞はついているんでしょうか。いやそれにしても、わたしはスポーツにはあまり興味はないのでオリンピックやワールドカップも適当に流す非国民な人生を送ってきたんですが、最後大拍手でひゅーひゅー言われている舞台の上の同胞を見て、ここに来てようやく国民復帰、はげしく「うぉーいいぞニッポンちゃちゃちゃ」な気分になりました。


あといろいろ見たんですが、面白かったものとなるとこのくらいでしょうか。
で、
ここでひとことだけ。
がんばれフットライツ。ぜひともフットライツ。ここ3年ほど「面白くなくはないけど」という調子だったんですが、今年のスケッチ仕立て芝居は見ているのがかなりしんどかったです。いやそれでもフットライツだから、小さめながらもわりとちゃんとした会場でレビューもされてそして客もわりと入っているのです。それはフリンジの中ではとっても恵まれている立場だと思うのです。だからがんばってほしいのです。2001年にはペリエ・アウォーズにノミネートだってされたんだし、それにあのフットライツの中の人たちなんだぜひ。

|

« 26AUG : 笑うエディンバラ2006その3 | Main | 05SEP : あの馬鹿はドゥーン城をめざす (その1) »

Comments

が〜まるちょばの「街の灯」は、日本でもセリフはなしです。

フリンジいい雰囲気ですねー。私もいちど行ってみたいっす。コメディ漬けの至福な数日間(いや3週間漬かりっぱなしならなにより)よだれが出ます。

Posted by: 傍見頼路 | 08 September 2006 at 00:22

フリンジいい雰囲気っすよ。やみつきになるっすよ。わきみさんなら中毒まちがいなしっすよ。こっちの水は甘いっすよ。うりうり。

が~まるちょば(←波線なんですね)の街の灯は、帽子の車のカーチェイスと、逃亡犯人が地道にはたらいて給料をもらうたび、「わーい」と飛び上がって空中で足をちょんと合わせるあの動きがとても好きでした。と書くとなんのことだかよくわかりませんね。でもあそこです。

が~まるちょばさんのほかにも日本人は舞台に立っていたようですし、またロイヤルマイルの路上大道芸で黒山のような人だかりを集め喝采を浴びているかっこいい同胞もいましたし、やっぱりいい雰囲気っすよ。ええ。

Posted by: akko | 12 September 2006 at 01:18

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 26AUG : 笑うエディンバラ2006その3 | Main | 05SEP : あの馬鹿はドゥーン城をめざす (その1) »