« 18JUN : ザ・マネー・プログラム | Main | 08JUL : パイソニアン、北へ »

24 June 2006

24JUN : ジョン・クリーズの最後の挨拶に関し

6月16日の続きです。
とはいえ正直な話、今ジョンが表舞台から引退したとして今の英コメディ界がどれほど影響を受けるかというと、表面的にはそれほど大きなものではないかもしれません。アムネスティに関するコメディ・チャリティ・ライブ(すなわち一連のシークレット・ポリスマンズシリーズ)の看板役をエディ・イザードに譲って正式に降り、ロンドンのポッシュな邸宅を引き払い、完全に米西海岸に行っちゃってからもう5年になります。最近はこっちでジョンを見かけるとしたらもっぱらカメオ的映画出演やCMが中心でした。もっともそのうちでは、英国人の心のアイコンであるジェームズ・ボンド映画のQだったりしたものの。
(ちなみに、エディ・イザードが音頭を取った2001年のアムネスティライブ We Know Where You Live では、パイソンズへのトリビュートとして『四人のヨークシャー男』がイザード、ハリー・エンフィールド、ヴィック・リーヴス、(なぜかそこにいた)アラン・リックマンによって演じられました。このライブのDVDに収録されています。しかしこれ以来アムネスティコメディは行われていないようで、しっかりしろエディ・イザード。)

それから、90年代の後半くらいから、パイソンあるいはあのあたりのオックスブリッジ派閥コメディの影響をまったく受けていない、新しいコメディの一群が現れているのも事実です。

オックスブリッジたちが60・70年代をなぎ払った後、英コメディ畑はしばらくは草木も生えない状態におかれていました。もちろんコメディそのものはたくさんありましたが、変化や革命がほとんど起こりませんでした。そのうえトラディショナルなシットコム分野にもまた、フォルティ・タワーズという途方もないものが出現してしまったわけで、70年代にコメディ畑にいた、あの人たちの後に何をすればいいのかという問題に直面させられていた人々こそ気の毒です。

しかしそこから10年ほど経ったところで、「パイソンを見て笑って育った世代」が大人になりはじめ、そしてかれらはその道を踏んでオックスブリッジで成長し、天真爛漫にあばれ始めました。つまりオックスフォードのローワン・アトキンソン、あるいはスティーブン・フライ、ヒュー・ローリー、エマ・トンプソン、グリフ・リーズ・ジョーンズなどがいた80年代頭のフットライツです。しかし、こう書くだにまったくすごい面子がそろっていたものです80年代初頭のフットライツ。フロスト、トレヴァー・ナン、ジョングレとのちのグディーズ全員(と一歩遅れてエリック)がいた60年代前半のにぎやかさに匹敵しそうです。

ところでその一方。
オックスブリッジ派閥に属さない若いコメディアンたちがいました。
かれらは70年代後半から、ロンドンの「コメディ・ストア」という小さなヴェニューを根城に、ライブのスケッチとスタンダップで叩き上げ鍛え上げられたエナジーをたくわえつつありました。その中にいたのはたとえばリック・マイヨール、エイド・エドモントン、ベン・エルトン、ヴィック・リーブス、アレクセイ・セール、ロビー・コルトレーン、ジェニファー・ソーンダース、ドーン・フレンチ、フィル・コーンウェルなどです。マンチェスター大学など、オックスブリッジ以外の新しい大学で教育を受けたかれらは、みずから「われわれはオルタナティブである」と名乗り、オックスブリッジ派閥およびトラディショナルなコメディのやりかたにあえて従わない方法をひっさげてTVに乗りこんできました。その結晶が民放CH4の「The Comic Strip Presents」やBBCの「The Young Ones」です。ともに「コメディのパンク」といっていい爆発ぶりと枠の壊しぶりであり、特に The Young Ones が当時人気のあった正統シットコムThe Good Life を真っ向から「くだらねえ!くだらねえ!なんだこのウンコ番組はあ!!」と罵り倒す場面は有名で、こんなもんをよくBBCが放映したもんです。The Comic Strip Presents もその過激かつ新しい表現がものすごく面白い。このオルタナティブ勢の激しい表現と比べて見ると、同時代のオックスブリッジ(すなわちローワン・アトキンソンやスティーブン・フライたち)が、暴れているはいえどもそれは60・70年代のオックスブリッジ精神を継いでいる、ある意味トラディショナルな表現だったということがよくわかります。

しかしこの「オルタナティブ」たちもまた、過激であろうとした理由は「オックスブリッジ派閥に固められていたコメディの流れをひっくり返す(そして別の流れ(オルタナティブ)をつくる)」ためであり、どこかでオックスブリッジを意識せずにはおれなかったわけです。つけ加えるならば、コメディ・ストアにいた若いオルタナティブたちを拾い上げてテレビに連れてきたのは誰あろうマイケル・ホワイト、つまりケンブリッジ・サーカスをウェスト・エンドに売り出し、のちにはホリグレのプロデュースをしたりしていたあの人で、結局はオックスブリッジ派閥の関係者です。意識だけではなく、実際面でもやはりかかわらずにはおられなかったという。

で、
オックスブリッジあるいはそれに対するオルタナティブの流れは、上記の人々およびさらに次の世代により、確かに90年代なかばまでのコメディに息づいていました。上記の人々によるものはたとえば、ジョンやグレアムと同期のフットライターである、アントニー・ジェイとジョナサン・リンの手による正統派ケンブリッジ流サタイアコメディ Yes Minister と Yes Prime Minister、Smith and Jones (←最近ちょろっと再結成しました。グリフ・リーズ・ジョーンズがいい感じに枯れたおじさまになっていました)、あるいはオルタナティブのほうでは Stella Street、French and Saunders、あるいはかのAb Fab。また、この人々の精神を受け継いでいたのがThe Fast Show や Goodness Gracious Me でしょう。もっと拡大して、最近のThe League Of Gentlemen や Little Britain もこの流れに入れていいかもしれません。とはいえ、この第3・第4世代のあたりになると、もはやオックスブリッジ的なのかオルタナティブ的なのかは混沌としてだんだんよくわからなくなってきますが。

しかし同時に90年代には、派閥でもオルタネイティブでもなく、そこにまったく関与せずに軽やかに独自の方面を切り開いて成功する若い世代が出てきました。かれらは主に民放CH4の人々であり、その筆頭がちかごろ映画「ショーン・オブ・ザ・デッド」で大ブレイクしたサイモン・ペッグ、あるいはピーター・ケイ、それからSmack The Pony や Green Wing の製作チーム(←ヴィクトリア・パイルという天才女性が看板プロデューサーではありますが、複数のライターにより書かれているので「作者はこの人」と言いにくい)なのです。この人々は派閥から完全に離れて存在していて、サタイアとかナンセンスとかあるいはオルタナティブとかではもはやない、現代の英国的にアップデートされた新鮮なコメディ表現をそなえています。

ジョンがアムネスティの人々から70年代なかばに「何かこう一発コメディでチャリティをやってくれませんか」ともちかけられたとき、それでは大勢でライブをやろうと、最初に集めたのはわりとオックスブリッジ寄りの面子でした。しかし時が経つにつれ、時代を反映しつつ、それは次第に上記オルタナティブたちをも含むようになります。その記録すなわち一連のシークレット・ポリスマンズを順に見ると、あたかも変化する英コメディ状況の定点観測を見ているかのごとき印象があります。しまいにジョン・クリーズが、若いスティーブン・フライとヒュー・ローリーにボコボコにやられて排除されてしまうあの場面をも含め。

しかしその第二世代およびオルタナティブたちもそろそろ枯れた中年に達しています。
そして、初期・中期のコメディ世界の戦争を知らない子供たちが、大人になって新鮮な表現をするようになった21世紀に、
ジョン・クリーズが何かを放棄して引退を宣言する。
コメディの表面上ではすぐにすごく影響があるかというとそうではないかもしれない。
とはいえ、何かこう、やはりこれは、あるひとつの時代が終わったというサインなのだと思います。いや、大げさではなく。

この話題続きます。
ところでもちろん上記の流れはたいへん大雑把なものであり、オックスブリッジ対オルタナティヴという構図におさまらないコメディ動きもたくさんありますし、あるいはアーマンド・イアヌッチが最近言っている「もはやシットコムは死んだ」という説も重要だと思われますが、それはまた改めて。

|

« 18JUN : ザ・マネー・プログラム | Main | 08JUL : パイソニアン、北へ »

Comments

ようこそ。お笑いジャンク・シニアクラスの領域へ。
間もなく
「なんだ、この若手のコメディアンのネタひねりのなさは!
 30年前のxxxx(コメディアン名は任意代数で可)の
 ネタのぬるい焼き直しではないか!
 “笑い”の勉強が足らん!」
と健気な若手コメディアンに素直に笑えない日々がはじまることでしょう。

一般的な現代日本語では、それを「老化」といい、忌み嫌われる傾向があるようです。

Posted by: Donald Mac | 25 June 2006 at 15:01

どなさん
シニアというかバカにつける薬はまだないようですので病膏肓に入りこみっぱなしです。しかしえーとすみません、御レス後半の意味が少しわたしの手に余るようですので、もう少し詳しくご教示願えませんでしょうか。
とりあえず、「老化」という言葉にやや過敏にびくっとしています。びく。

最近リトル・ブリテンの第2シリーズを数回分見直す機会がありました。改めて笑いつつも、意識の隅では「これはパイソンがすでに35年前にやったあれとこれとこれではなかろうか」と常に考えていたりもしました。もっともリトル・ブリテンくらい徹底的にやってくれていると、それは焼き直しというより「解釈」あるいは「リスペクト」(←便利な言葉です)であるという印象を受けます。実際あの過激な二人組がどの程度パイソンなどの古典を意識しているのかはわからず、焼き直しとリスペクトがどう違うのか説明することもまだうまくできないのですが。

Posted by: akko | 27 June 2006 at 09:17

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 18JUN : ザ・マネー・プログラム | Main | 08JUL : パイソニアン、北へ »