« 16JUN : His at last 2006 farewell performance | Main | 24JUN : ジョン・クリーズの最後の挨拶に関し »

18 June 2006

18JUN : ザ・マネー・プログラム

経済誌「フォーブス」が収入や知名度などをベースとして毎年発表している有名人のパワー番付、「セレブリティ100」が今年も発表されました。
で、
エリックとマイク・ニコルズのスパマロット仕掛人組が98位にランクインしています。→★★★

ふたり専門の頁もあります。この写真はとてもすてきだ。→★★★


しかしえーと9ミリオン(900万)ドルの出来高ということは。
とりあえず今新聞を見たら1ドルは115.190円なので

いち、
じゅう、
ひゃく、
せん、
まん、
じゅうまん、ひゃくまん、せんまん、いちおく…




1,036,710,000円(じゅうおくさんぜんろっぴゃくななじゅういちまんえん)。




1位はトム・クルーズの6700万ドルであり、その差は一見大きいようですが、今年のトムさんはよくも悪くも大量に映画などのメディアに露出しています。それを考えると、ぎりぎり98位とはいえこのペアはスパマロットのみでこの位置につけているわけで(だからふたりは「監督/プロデューサー」のカテゴリに入れられている)、すなわちスパマロットひとつはトム・クルーズ総合活動値の7.44分の1に相当することになります。これはけっこうすごいのではないかと思います。


ちなみにフォーブスに関しては、実はジョンの方が先に到達しています。記事につけられたプロフィールによると「ジョン・マーウッド・クリーズ、俳優、脚本家、ビデオ・アーツ社代表取締役」であるところのジョンがまじめなビジネス論を語る特集が、1989年のある号に収録されています。当時のフォーブスもこのような有名人パワー番付をやっていたのかどうか、仮にあったとしてワンダとビデオ・アーツでぶいぶい言わせていたころのジョンは含まれていたのかどうか。そのへんは不勉強にしてあいにく知りませんが、いずれにせよ、なにしろエリックとジョンは「パイソンズの良く言って経済的観念が発達している方、悪く言えば営利主義の方、というかはっきり言って金の亡者である方」、だから今回このエリック&ニコルズ98位の件を小耳にはさんだときわたしがまっさきに考えたことは


「さぞジョンがくやしがってるだろうなあ」


だったんですが、それはエリックとジョンには内緒にしておいてください。


でもよかったねエリック(&ニコルズさん)。有名人稼ぎ高番付なんていつも「けっ」という気分で聞き流していたのに、なんか妙に嬉しい。これからもぜひ、ブルックリン橋をぽんと買っちゃえるほどドル札束を荒稼ぎしてください。

|

« 16JUN : His at last 2006 farewell performance | Main | 24JUN : ジョン・クリーズの最後の挨拶に関し »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 16JUN : His at last 2006 farewell performance | Main | 24JUN : ジョン・クリーズの最後の挨拶に関し »