« 19MAY : バフタと好みと奇なる事実 | Main | 16JUN : His at last 2006 farewell performance »

24 May 2006

24MAY : 春のテリーびより

ヤボ用でウェールズに行くことになりました。かの地方には初めて足を踏み入れます。「ウェールズか」とわたしはつぶやき、さりげなく地図をとりあげ素知らぬフリして研究し、ふうん予定をねじこめばコーウィン・ベイにも立ち寄れるなあ、と考えました。コーウィン・ベイとはテリJさんの出身地でして、やはりもうわたしはそっちの方の連想から離れられないわけですが、でも実際あの地方には滅多に行くこともない、だからテリJさんに敬意を表しにちとコーウィン参りとしゃれこみましょう、これでテリGを除きパイソンズの生誕地は全部踏破だと考えていました。

その2日後、急にディケンズが読みたくなったのでウォーターストーンズ書店にでかけていきました。ペーパーバックの「大いなる遺産」などを抱えてレジに向かう途中、ふと見るとエンドに展開されている山に「夏だ!読書だ!みなさんここらで温故知新はいかがでしょ」という感じのコピーがつけられ、平台には英文古典本が積み上げられ、「3冊で2冊の値段」というセールになっているのに気がつきました。よく見ると、今手にしているディケンズもその「3冊」の選択肢に入っています。さすが再販制度のない国だ、それでは思う壺にはめられてあと2冊選んでみようか、と山を吟味したところ、
選択肢のひとつに、ディラン・トーマスの「ミルクウッドの下で」がある。
ウェールズ文学をディケンズと一緒に英古典にしていいのかなあ、と思いましたが、よく見るとジェームズ・ジョイスなんかも入っていたりして、ウォーターストーンズさんはそのへんにはあまりこだわってないようです。
ミルクウッドは十数年前にいきがって読んだきりだ、もうすぐコーウィン詣でもすることだし、それではこれをもっかい大人の頭で読んでみましょうと一冊抱えてレジに向かいました。

わたしはそのまま近くのパブに入り、コーヒーなどいただきつつ「ミルクウッド」を開いてみました。
読むうちにトリハダがざわざわ立ちました。
ウェールズの人間たちがこの中で生きて息づいて確かにしゃべっている。
これはすごい。
これが娯楽の少ない時代にラジオドラマになり、そんなものを10歳くらいの多感かつ文学にかぶれる素質十分の、しかも芯からウェールズ人の少年がいきなり聞かされたら、それは人生のひとつやふたつ変えられるわけだ、詩作の理想に走りたくなるわな当時のテリJ少年。と考えながら、その場に座りこんで読み続けました。

で、その数日後。
映画ダ・ヴィンチ・コードを見に行きました。原作を読んだとき、もし聖杯伝説にそういう謎が含まれているのならばパイソンのホリグレなんかいったい何を示唆しているのやらおそろしくて考えもつかない、「センプリニ」なんて単語にはどんなすさまじい秘密が隠されているのかもう想像もできないぞと思ったものですが、とりあえず映画は縁起もんだということで。
内容についてはすでに色々言われているので、とりあえず「ポール・ベタニーが異常に良かった」ということをのぞいて省略しますが。
なんか気になったのが、
妙にテリJみたいな人がいる。
というかテリJにしか見えなくて、
とくにザ・ビショップのJに似ていて、
今にも「その言葉を言ってはいけなあいー!」とかさけびだしそうな。
しかしそれはよく見たら、
アルフレッド・モリーナでした。
あらタコ博士じゃん、スパイダーマンのときにはそうは感じなかったのに、法服になるとなんだか変に似ている。
なんでだろう。
思うに、
ウェールズ人にはときどき、妙にラテンな外見の血筋があります。トム・ジョーンズとか、最近ではキャサリン・ゼタ・ジョーンズとか。これはかつて南ヨーロッパとウェールズ地方の文化が(侵略とかそーゆーことも含め)入り混じっていたことに由来するらしい。ちなみにコーンウォールの方もかなりヨーロッパに近いようです。
テリJさんの外見はキャサリンとかトム・ジョーンズほどエキゾチックではないですが、純イタリア系のアルフレッド・モリーナに似ているということをかんがみると、やっぱり髪とか体格がちょっとアングロサクソンとは異なるようだと改めて感じました。

それでなんかテリ関係が頭に残っていた今日、わたしはテレビをなにげなく眺めていました。
そうしたら、毎日午後5時から民放CH4でチャットショウをやってるポール・オグレイディが
「次のゲストはレジェンダリー・コメディアンのテリー・ジョーンズさんでーす!」
とリバプール訛りで言っているのが聞こえ、なんですってと思わずふりかえると、本当にテリJが出てきました。
うわあ録画録画!それにしてもチャットショウにしかも単体で出るテリJを見るのはこれが初めてだ!とあわてふためきつつ片耳でよく見聞きしていると、どうやら今週金曜日からBBC2でまた古代ローマの歴史番組を始める、それにともない本も新しく書いたよってんで、その宣伝に現れたようです。
いつもゲストに対してはぴしぴしきついことを言うポール・オグレイディが、本を手にしながらテリJには、なんか妙に「これ面白いですよ読んでよかったですよ素晴らしいですよ!」とホメ倒しているのが印象的でした。でも、オグレイディのホメ言葉に乗せられどんどん古代史のことを熱く語るテリJさんのわきで、同時にゲストで出ていたソープオペラの金髪女優さんは明らかにその話をぜんぜん理解できておらず、ただつくねんと会話の外でふたりを眺めていました。

今週金曜から、週一で全4回放映されるテリJ歴史番組 The Barbarians →

そしてその本→

こないだのStory of One がすごく面白かったので期待大。これDVDとか出ないんだろうか。

あんまりこの日記に名前が出てくることはなかったかもしれませんが、わたしはテリJさんがすきだ。
初老で白髪でありながら、でもポール・オグレイディにのせられて「イエーイ本が出ちゃうんだぜー」とかコブシ振り上げたりしてなんか言動としぐさがかわいい。
ウエストのあたりがなんかふかふかしてそうでいい。
なんでも今エリック・ザ・バイキングのDVD にまたややこしいオマケをつけようとしててすごく忙しいそうで、相変わらず変なところに凝るじいさんです。好きだなあ。たとえジョンといろんなああいうことやこういうことやタイプライターだの椅子だのがあったとしても。

|

« 19MAY : バフタと好みと奇なる事実 | Main | 16JUN : His at last 2006 farewell performance »

Comments

昨夜、ざっぴんぐ中にウェッジウッドのような色目の白髪をした男性が、伏せ目がちに恥じらいながら、でも嬉しいのが隠せなげに話しているのが目に入りました。

それは、彼の新しい本のプロモーションを兼ねた、ベルギーの放送局のインタビュー番組でした。見始めてから3分ほどで終わったので、その番組がどんなものであったか、どんなことを話したかなどよく分かりませんが、akkoさんのblogを拝見していたお陰で、何故にゆえに?という謎はすぐに解けました。

うちのじーちゃんは、テリJ氏があまりに白髪だったので、誰かすぐに分からなかったようです。(因みに、じーちゃんの髪は、現在のところチャコールグレーです。)

取り急ぎ、発見の報告まで!

Posted by: オランダ人間山脈 | 29 May 2006 at 15:32

★蘭山脈さま
6月16日本文のような理由により、超亀レスになってしまってもうしわけございません。しかしそうなんですか、マイケルがやっていたのは知っていましたが、ウェッジウッド色(←この表現かなり好きです)のテリJ先生もまたさりげなくインターナショナルに営業してらっしゃったのですね。しかし場所は変われどきっと、同じ調子で「ローマの歴史が遺跡が皇帝がああでこうで」と熱っぽく語り、はたでは若い女の子がついていけずに困っているのではないかと想像します。

本とテレビシリーズがあるので、サイン会などもおそらくあったに違いないんですが、ちょっと今回はばたばたしていて追いかけきれませんでした。もっともロンドンベースのテリーさんには、これまでにも御目文字する機会がちょこちょことあり、何度目かのとき(確かピーター・クックの追悼チャリティライブの出待ちのとき)には「きみ、こないだナントカのイベントに来てただろ」と言われてしまいまして、思わず「う、そのとおりですどうもすみません」と謝ってしまったものです。悪いことなのかテリJに会いにいくということは>自分。ごめんなさいテリJ先生愛してるから許して。

Posted by: akko | 17 June 2006 at 03:30

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 19MAY : バフタと好みと奇なる事実 | Main | 16JUN : His at last 2006 farewell performance »