« 24APR : 「研究」「Q嘘」リマインダーズ | Main | 05MAY : ブライト・サイドを歩け »

28 April 2006

28APR : パイソンアルバム

突然引越しをすることになりました。ヲタの引越しはカタギの人々よりもかさばるモノが多くてストレス倍増である、という事実をかみしめながら、凄惨な状態になった居住環境でこれを書いています。だからわたしはもし生まれ変われるのならば、この次は樽の中に住む古代ギリシャの哲学者になろうと固く決意しているのですが、それはさておき。今、「研究入門」のうしろに書いたことを補強すべく、今(ようやく)スパマロット文を、段ボールの山をかきわけながらまとめています。で、スパマ文の文脈上にはおさまらなさそうな、しかしニューヨーク関係の写真を、引越しにつきもののアルバムの整理ということであげちゃいます。


1976年のツアー会場、ニューヨークシティセンターその1。
Nycenter1_2


ニューヨークシティセンターその2。確かキャロルだかエリックだかがこの入口に立っている写真を見たことがあるなあ、と思い出しつつ。


これはなんでしょう。

答え。
「正伝」の中盤、「研究入門」では最初に述べられている、パイソン対ABCの裁判の会場(会場つーか)の裁判所です。この後わたしは、たいへんキビシイ態度の警備の人に「こるぁこんなとこで写真を撮ってはいかん」とすごく怒られました。


これはなんでしょう。

答え。
1964年のケンブリッジ・サーカスが、ブロードウェイのプリマス・シアターからダウンタウン落ちした会場「スクエア・イースト」、があったはずなんですがその跡形もない場所。ニューヨーク市立図書館でコピーを入手した新聞広告(右掲)に記載されている、15 West 4th Street という所在地からいうとここの角なんだけどなあ、と思いながら撮りました。今はこのあたり一帯ニューヨーク大学の学部が並んでいますが、エリアの感じそのものは当時とおそらく変わっていないだろう、という気がします。ブロードウェイのど真ん中のプリマス・シアターに比べると、落ち着いて人々の生活の香りがする場所です。ジョンが「正伝」で確かそんなことを言っていました。

マンハッタンをこんなものが走り回っていました。

これは長距離バスですが、のちに同じくスパマロット仕様の普通のバス発見、用もないのに乗ってしまいました。中は普通でした。


これからスパマロットを見るぞー、と思いつつ撮った夜のタイムズスクエア。


それから、これはぜんぜん別の機会に撮った、しかもロンドンの写真ですが、勢いでついでに。

テムズ川のほとりに建つシェイクスピアゆかりのグローブ座の一角に、スポンサーの名前が刻まれている敷石が一面を埋めているテラスがあるのですが、そこにそうそうたる名前に囲まれて。ISIRTA時代から「シェイクスピアは、もし自分が監督だったら、突っ返して書き直しを命じるであろうコメディの脚本を書く」なんて言っておきながら、さりげなく貢献していらっしゃるようです。


ジョンの隣の敷石。

グローブ座の案内のおばさまいわく、「ジョン・クリーズから後で電話がかかってきて、『マイケル・ペイリンの名前のスペリングをわざと間違えろ』と依頼されたんです」。相変わらず、思わず「子供かいあんたら」と突っこみたくなるジョン&マイケルですが、それに従うグローブ座の人たちもどうかしていると思います。

とりあえず今日はこのへんで荷物整理方面に去ります。ああ、古代ギリシャはよかったなあ(遠い目)。いや生まれてなんかいないですけど。いくらなんでも。ええ。

|

« 24APR : 「研究」「Q嘘」リマインダーズ | Main | 05MAY : ブライト・サイドを歩け »

Comments

お引越しの前祝いに、荷造りするのが嫌になるようなビデオを差し入れします。

http://www.youtube.com/watch?v=XuW3MvUkBmA

むむー。アメリカ人にとって「スパマロット」ってこういうものなのか。日本で同じような光景は現出するでしょうか。

Posted by: eno7753 | 04 May 2006 at 18:32

もう1本。こちらは頭が痛くなります。

http://www.youtube.com/watch?v=aRcSyQg9P3Q

Posted by: eno7753 | 04 May 2006 at 18:37

3本目。

http://www.youtube.com/watch?v=kEInMXcn_Kg

これがパイソンの現在形だということを
2ちゃんねるのパイソンスレの皆さんにも伝えたいですな。

Posted by: eno7753 | 04 May 2006 at 18:44

★ eno さま
スパマロットはサントラCDもかなり売れているという話を小耳にはさんでおりましたが、このようにアメリカ草の根レベルでまで聞かれているとは意外でした。英国では「オールウェイズ」がサッカーのアンセムになったりはしていましたが、それとはなんとなく受け入れられ方が違うように感じます。かの国では最新型パイソンがこういうふうに邪気なく活用されているわけなのですね。いい国だ。しかし、この若いアメリカ人の皆様は、いったいいつどのようにして「スパマロットのこういう曲をやろう」と思いたち、話し合いにかけて賛同を得て、練習をかさねてきてこの本番にのぞんだのでしょう。あと、一番上のオーバーチュアをやってるブラスバンドが気になります。スコアはどうしたんでしょう。自力で編曲したんでしょうか。若いアメリカ人の皆様のその発想とそして努力、ただしそれを傾けられる対象がパイソン。なんかいいなあ。引越し準備の手を止めダンボールに埋もれつつ思わず何度も見てしまいました。

Posted by: akko | 04 May 2006 at 23:43

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 24APR : 「研究」「Q嘘」リマインダーズ | Main | 05MAY : ブライト・サイドを歩け »