« February 2006 | Main | April 2006 »

31 March 2006

31MAR : 空飛ぶ温故知新

ちょいと間が空いてしまいました。ジョン専の皆様におかれましては管理人のことなどよもや完全忘却などなさるわけもなくお元気でお過ごしでいらっしゃいましたと存じます(フォルティ氏的目が笑っていない笑顔)。わたしはあちこちぱたぱた駆け回っておりましたが、その間ちと野暮用で、『フライング・サーカス』を久しぶりにじっくり見直す機会がありました。

すみません、
これからすごく当たり前のこと言っていいですか。
これ面白い。
異様に面白いよ。
なんだこの面白さはあ!
もう暗記というより刷りこみ、というか脳イレズミ状態まで見ているはずなのに、何故またうへへへへへとか笑っているのだ自分!しっかりしろ正気を保て!やつらの手に乗ってはいかん乗ったら死ぬぞ!ウリャー!どか!ばき!
とあまりにもたやすく手玉に取られているので笑いながら悔しがりつつ自分をどついてみたりしましたが、だめでしたなにしろ面白すぎて。

それにしても春はあけぼの、夏はよる、パイソンは第1シリーズ。わたしは、初期の衝動のまんまに「何でもいいからやっちまえ」な若気の至りにみちみちた空気が好きです。特に好きなのは8話で、サルのように見てもぜんぜん飽きませんわ。「オウム」というマスターピースを別にしても、全部面白いしぴかぴかしててとてもイイ。第2シリーズ以降の技を仕掛けて作りこんである感じもいいのですがやはりこのエナジーが。それに、第2の後半になるとジョンがだんだんやになって引けてきているのがわかるので、ジョン専としてはつらいというか、他の5人に「ほんとにうちのジョンが皆様にご迷惑ばかりおかけして申し訳ありません」と謝ってまわりたくなるというか。

そういえば今、8話が好きな理由をもうひとつ思い出しました。
これ映像見た方が早いんで、ちょっとDVD取ってきます。

(127秒くらい経過)

取ってきました。
で、なにがどうしたかというと。
このスケッチです。

冒頭、グレアム大佐のとこにエリックがやってきて、「すみません、軍隊危ないんで除隊させて下さい」と頼み。
その後一旦出番の終わったエリックは、退場せずに後ろに座り。
そこにジョンがやってきて(このジョンはとてもカッコイイ)ヴェルコッティ兄弟なる人々が面会希望であることを告げて去る。
でヴェルコッティ兄弟が現れて、大佐最近どうよ、世間っていろいろ物騒だよねえ、とかせこい脅しをかけるわけです。

このとき、グレアムが机についていて、テリJがその向こう側に立ち、マイケルが手前と向こう側とをまわりながらしゃべりますが。
この動きが、なにげですごく考え計算されているようだと気がついた。

どうやらこのスケッチには、出番を終えたエリックが何故か用もないのに後ろに座っている、だからヴェルコッティの話の最中には可能な限り、徹底的に、エリックを画面から隠さねばならないという原則があるらしいのです。





まず兄弟が入ってきてジョンがかっこよく去り、続いて大佐と兄弟の会話の最初、「なかなかいい基地を持ってんねえ大佐さん」。
奥のテリJが、手前のグレアムと隙間を空けないように、しかし観客の目には重ならない位置に立っている。だからこの後ろにエリックがいるけれどここからは見えない。




その後しばらく兄弟と大佐の切り返しで話が進み、





次に引いたときには、




「気ぃつけた方がいいよ、モノって壊れるもんだからさあ、おっとっと」
とか言いつつ、マイケルがエリックを隠している。




で、
「いやあ不器用なんだよねえ弟、それから気に入らないことがあったら暴れたりするんだよね」
とテリJが大佐に説明しているときに、



マイケルがぐるっと机を回って手前に移動する。






まだエリックが見えない。





見えそう、と思ったらすかさずカメラがマイケルを追っていきエリックが切れる。




手前に回ってきたマイケルが、「戦車って何台くらいあんの大佐さん?」 




このとき、手前で机に座るマイケル、間の着席のグレアム、奥の立っているテリJが、やはり隙間をあけずにしかし互いに重なっていない微妙な位置にいるので、その後ろにエリックが隠れる。高・中・低の三角形の構図もたいへん美しい。

「だれかが火ぃつけちゃったら困るよねえー」「燃えちゃうからねえー」と兄弟にねちねちつつかれて、大佐が「一体どういうことだ!」と叫ぶ。すると、





マイケル立ち上がって、




ふたたび机を回って奥に戻ろうとして、





右に切れると一瞬エリックが見える、





その瞬間、テリJがタイミングよく左に1歩だけ何気なく移動する、





するとエリックが隠れる。




マイケルが戻ってきて、兄弟ふたりで「だからさあ、ちょっとした提案があるんだよ大佐さん」「面倒は避けたいよねえ大佐さん」。




しかしマイケルは、さっきの切り返しのときと違い、テリJの横に並ぶのではなくその斜め後ろにぴたりと立つ。これは実際にやってみればわかりますが、人と話すときの位置としてはかなり不自然です。って、実際にやってみるなよな自分。しかしこれでエリックが隠れるのはもちろん、マイケルがテリJの横ではなく後ろにいるおかげで、兄弟2対大佐1の視線が三角ではなくぴんと一直線になり、大佐絶体絶命!という手に汗にぎる緊張感が倍増。




大佐の「脅してるのかあんた方?」をきっかけにマイケルがみたび動き始める。テリJはこのとき静止したまま、後ろのエリックを隠している。





机を回って右手前からマイケルが入ってきて、





そのままエリック・テリJ・カメラを結ぶ線上の一番手前に入りそこで机に座ろうとする瞬間、





テリJがまた何気なく右に1歩だけ移動して、





ふたたび奥・中・手前の三角形構図になる。このときエリックをさえぎっているのはテリJではなくマイケル。




ここで画面が引いたときに大佐がスケッチを強制終了し、エリックが戻ってくるわけです。


でもカメラワークに気をつかっていたスケッチだったからか、このとき大佐はエリックにただ退場を命ずるのではなく、「画面から出て行け!」と言いますね。

まあこういうことは芝居の世界ではよくあるのだとも思います。でもそれにしてもうーん、いいなあ、このなにげないマイケルとテリJの息の合い方。グレアムもちゃんとわかってやってるし、何度見ても飽きないですこの数十秒間。

それにしてもこの常軌を逸した人たちに対しては、
そんなえらい手間ひまかけるのなら何故エリックを普通にひっこめておかないんだ、
というツッコミはしてはいけないのでしょうな、たぶん。

| | Comments (3)

04 March 2006

04MAR : パイソンたちの助走DVD

ところで、
『アト・ラスト・ザ・1948・ショウ』と『ドゥ・ノット・アジャスト・ユア・セット』の日本版DVDが6月2日に発売されるそうですね。




ええええええええええ!!!!!!!




日本やるーーーーーーーーーーー!!!!!!!!

日本すげーーーーーーーーーーー!!!!!!!!


フォルティ・タワーズが発売されたときもすごく感動したけれど、これは、日本でまったく放映がなかったしかも白黒番組がDVDになるという点でもっとものすごくすごい。




とにかく皆様、




ためらわずに買え。



できるだけ素早く光の速さで買え!!!!!


やや内角をねらいえぐりこむようにして買うべし!買うべし!買うべし!うわははははははは!!!!



すみませんわたくしかなり動揺しておりますので、この続きはまたのちほど。もう文字通りハアハア言いながら。

| | Comments (0)

03 March 2006

03MAR : オスカー、ワンダ、ロンドンスパマロット

時期がらここで、まずオスカー話題をひとつ。
ワンダがいろいろノミネートされていた1988年度、すなわち1989年の3月に行なわれたオスカー授賞式をご覧になったことはおありでしょうか。
わたしは一度だけ見たことがあります。
客席にはケビン・クラインがフィービー・ケイツと座っていて、その斜め後ろにジョンがいるんですが
(このころは2番目の奥さんとの離婚でごたごたしていて、だからジョンは上のお嬢さんと一緒に来ている)、
助演男優賞でケビンの名前が呼ばれた瞬間、ジョンが本っ当に嬉しそうな顔で大喜びしているのが見えるのです。「イエーイ」と叫ばんばかりの表情で、いや、あれは本当に叫んでいるに違いない。わたしは一応ヲタクなのでいろいろあさっていますが、あれほど感情を表に出しているジョンはほかに見たことがありません。ケビンが授賞したこととともにかなり感動的な一瞬であり、ジョン専ならその一瞬だけでドンブリメシ3杯はいけると思われます。

ちなみに助演男優賞のプレゼンターはマイケル・ケインとロジャー・ムーアでした。ケイン先生、あーた、自分がノミネートされててもなかなかオスカーに来ないことで有名なのに何をやってるんですか一体。しかし要するに、「この助演男優賞は英国勢が勝つよ」ということがふたりが現れた瞬間にわかってしまう仕掛けになっていて、ケビンもオスカー像をにぎりしめて、「なんでこの会場に今晩は妙にイギリス人がいっぱいいるんだ。怖いなあ」とスピーチの冒頭にまず言っています。


さてロンドンスパマロットのチケット発売日2月21日について。
事前に数本の電話をかけた結果、どうやら当日は発売現場でそういうことがあるらしいということを感知していたわたくしは、キリギリス現場主義にのっとり、会社を半休することにしていました。当ブログ初期のキリギリス三原則「キリギリスはそこに行かねばならない」は、いまだにきびしくジョン専の行動を縛っているのです。

ところが、
その前日の夜にアクマ、もとい上司から電話が。
「あのさー、ちょっと急ぎの確認事項があるんだけどさー、日本人ほかにいないんだよね、あんた明日の朝ちょっと来てくんない?きゃきゃきゃ」
わたしは受話器を握りしめ、会社に忠誠を誓ってしまう古いサムライ日本人体質を呪いつつ、「ひゃい、まいりましゅ」と泣きながら答えました。

その次の朝光の速さで仕事を終えて、終わると同時に後も見ずに駅に走り、電車に飛び乗り「ちくそう早く走りやがれこのイギリスの芋電車あ」と叫びながら座席で足踏みしつつ、キングスクロス駅では三歩で地下鉄に乗り換え、レスター・スクエア駅では見上げるように長いエスカレーターを五秒で駆けあがり、氷雨の地上を疾風のように駆け抜けてパレスシアター前にたどり着いたら、





すべてが終わってました(泣)。時刻は午後1時半。





装飾会社のおじさんたちが、「やれやれ終わったよこのクソ寒いのによう」という表情で、まるで個人的恨みをはらしているかのように、スパマロット関係のタテカンやプラカードなどの販促用品を、横付けにしたトラックに「どりゃーうおりゃー」とばさばさ投げこんでいました。

そのわきで灰色のロンドンの空に響き渡る日本語慟哭、





エリックうううぐうああああ

(泣)(泣)(泣)(泣)

(泣)(泣)(号泣)






エリックというつかまえにくい人をつかまえそこなったこれでいまだに夢に見てうなされるコンサート・フォー・ジョージのパイソンズ@尻見逃し事件についで悪夢が更新されてしまったもうだめだわたしの人生はお先真っ暗だ絶望だ夢も希望も消えた今ここで首吊って死のう。と思いましたが、とりあえず生きることにしました、チケット買ったから。いいんですそれだけで。それに、2月26日にリンクを張ったBBC記事でのエリックの言によると、スパマロットの収益はどうやらパイソンズのみなさんに還元されているらしいではないですか(もちろん一番儲けているのはエリックなんでしょうが)。ということはつまり、チケットを買う→収益はパイソンズのみなさんに分配される→そして彼らの生活費の足しになる→てことはチケットを買うことによりわたしが彼らを養っていると言っていい→つまりわたしはパイソンズを囲っているようなもんだ。いやあ、パイソンズのみなさんを囲うとはなんて局地的にゴージャスなんだ。まるで電波なお花畑に遊んでいるかのようにうれしい。だから見逃したって口惜しくなんかないのです。そのような事実はありません。存在しないのです。ないったらない!(泣)(泣)(泣)

しかしまじめな話。
実は、
もし一回だけスパマロットを見に行くとしたら、
わたしはロンドンではなくニューヨークかラスベガスを選ぶでしょう。
その理由はまた次回に。
ともっと無駄に引っぱってみる。

| | Comments (0)

« February 2006 | Main | April 2006 »