« 17FEB : 電話とジョンと栗 | Main | 03MAR : オスカー、ワンダ、ロンドンスパマロット »

26 February 2006

26FEB : アーサー王の帰還 (チケット発売編)

先日ちと記しましたとおり、2月21日にスパマロットロンドン公演のチケットが発売されました。すると公演開始は10月と当分先の話であるにもかかわらず、チケットが出た段階ですでに軽くニュース種になっていました。
これはパイソン関係はいまだにわりと報道されるという事実をふまえても、ちょっと珍しい扱いです。

その理由はやはり、
a) トニー賞授賞のブロードウェイミュージカルだから
b) それが英国人の現代文化の象徴的マスターピース映画の芝居だから
c) というより「そう簡単にこれを元植民地人にわかられてたまるか」という英人の意地
d) こないだワールドカップが二国間で開催される理由に関し表立って言われたり言われなかったりしたさまざまな動機と思惑に似ている動機と思惑が動いたのかも
e) つまり英国と米国は数世紀単位にわたる歴史・政治・経済面での利害および確執関係の建設的な向上をはかろうとしたもののそれは大変根が深くしかも今は戦争その他で若干状況が膠着、というよりどんどん絶望的な泥沼に陥っていくばかりで、泥にまみれて心身ともにヨレヨレになった両首脳の間にふと、「あたしたちこのままじゃいけないと思うの」と妙にドメスティックな語彙で関係の根本的な改善をはかる提案がなされ、ではこういうときこそ政治経済を離れて人間の精神活動の根源にたちかえり高尚な文化に心をひたすことにしよう、人間として文化的な友好を図ろう、そうだ文化だ、文化こそが国境を越え地球市民としての名のもとに人類規模の知的財産としてシェアされるべきなのだ。
f) というわけで、モンティ・パイソンが、その地球史的いちページに足跡が残されるべき偉大な平和親善大使的役割を帯びて両国間の橋渡しまたはテコ入れまたは潤滑油として機能し互いに望ましい方向に持って行き希望に満ちた21世紀の象徴として両国民の精神を潤しスパムとともに人類に永遠に記憶されることになった。(完)

g) ということはぜんぜんないのであって、実はニュースになったのは、エリックがチケット発売場所のパレス・シアターのボックスオフィス前まで当日出張してきて、半裸のおねえちゃんたちと一発騒ぎをぶちあげつつ、そしてスパムを配布していたからです。
BBCです→★★★

ホリグレのニューヨークでの試写会場では先着1000名にココナツが配られていたそうですが、30年後にこういう展開になろうとは。それにしても、この日のロンドンはみぞれまじりの雪が降ってまして、エリックもおねえちゃんたちの中の人たちもたいへんそうです。

それからどうやら最初の3か月間のアーサー王は、ティム・カリーに決定したようです。→★★★

ついでにBBCで見つけたテリGの近況。バンコクの映画祭に出席していたよし。「スパマロットのおかげで年金がもらえるようになった。ありがたい」のだそうです。→★★★

なおわたくしがこの2月21日に何をしていたかというと、
以下、次回。
とまた無駄に引っぱってみる。

|

« 17FEB : 電話とジョンと栗 | Main | 03MAR : オスカー、ワンダ、ロンドンスパマロット »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 17FEB : 電話とジョンと栗 | Main | 03MAR : オスカー、ワンダ、ロンドンスパマロット »