« 14DEC : 就職にたぶん役立つモンティ・パイソン | Main | 02JAN : ザ・ラスト・ラーフ・イズ・オン・ユー »

27 December 2005

27DEC :英国のメリークリスマスを笑え

毎年クリスマスからニューイヤーにかけてはコメディ特番が山ほど組まれます。そのすじを好むものには嬉しい冬の一週間です。そして今年は、なーんと、ザ・グディーズが四半世紀ぶりに再結成して12月30日にBBCの特番看板しょって帰ってきます。わはははははははははは。まるでクリスマスと正月が続けざまに来たよなめでたさだ。ってクリスマスと正月が続けざまに来るんですが。しかし、本放送以来一度も再放送されていないザ・グディーズが、おととしまずぽっとDVDが1枚出て、その次に今年もう1枚出て、そして今度はクリスマス特番だ!だからグディーズはカルトなのだなにげでとても根強いぞ3人組!!

もちろん3人ともパイソンとほぼ同期ケンブリッジ人であるゆえいいかげんじじいになっている、あのグディーズのカラダ張ったフィジカルなユーモアはどうなるのか、音楽を離れて自然保護活動家になっているビル・オディは歌を歌えるのか、というか3人揃ってこのような仕事を一緒にするのも物凄く久しぶりなので、なによりもまずそのユーモアのセンスの足並みはどの程度揃うのか。今再結成することに、地下で根強くグディーズのともしびを守っていたファンにどういう意味があるのか。

とかいろいろ考えたりは、実はわたしはしませんでした。もう、先週あたりからBBCに入るようになったスポット宣伝で3人がそこに生きて揃っているところを見ただけでくにゃり、「いやー25年ぶりだなあー」とか口々にしゃべりながら初老のグディーズがあのグディーズ基地に帰ってくるシーンなんかには、もう面白いとか面白くないとかそんな細かいことはどうでもいいの、「ああおじいさまがたもうなんでもあなたたちの好きなようにして」なあられもないこころもちになってしまうのであり。

みなさま、来たりてこの人たちを見よ。このリージョンの炎を飛び越えて来てDVDを見よ。(DVDその1その2)。せめてビル・オディの歌を聞いてくだされ。ポップ・ミュージックのスタイルをパロディにする腕においては、率直に申し上げて、わたしはエリックよりもビル・オディの方が上だと思ったりなんかするのですがどうでしょう。

ところで、
この国の年末年始のコメディ特番においては、毎年ひとり特定のコメディアンが、妙に集中してドキュメンタリー特番を組まれるという傾向があるようです。去年は怒涛のようにピーター・クック番組が現れました。そして今年はスパイク・ミリガン関係をたくさん見ます。共通する展開としては、あるコメディのゆるぎない歴史を作り上げたこういう人がいた、しかしその反面私生活のほうでこんな大変なことやあんなヤバイことがあった、そしていついつ死んだ。残された人は今こんなことを考えたり感じたりしている。と、事実と証言を淡々と並べるだけで、その結果がよかったとか悪かったとか判断は決して下しません。(この国のドキュメンタリーはいつもそうです。「運命を分けたザイル」を見るとよくわかる。)

たとえば、スパイク・ミリガン師匠はすさまじい躁鬱病で存在するだけでまわりに絶大な労力を強要し続けていて、鬱のときにはオフィスの一室に引きこもったままノックをされることすら拒否したり、出てきたかと思ったら秘書の人に「ひと思いに殺せ」と迫ったりするような人だったそうです。しかしその一方で、強迫観念にさいなまれるように、ひたすら書いて書き続けていた。それが結果として、この国のコメディの観念をも左右するほどスゴイものであったりする。でも書き続けなければならないことがそのまま重圧になって、またしてもはてしない鬱の闇にとらわれて、またまわりに多大な労力を要求する。

しかしそれでも、あの紙一重でこちらにぎりぎり踏みとどまっているような「Q」シリーズを見るにつけ、ミリガンの精神世界の活動はやはり天才のものであって、凡人にはその仕組みははかりしれず、いやスゴイ人がいたものだと思わされます。

もっともそれはそれとして、では親戚にこういう人がいてほしいかというとそうでは決してなかったりして。
というのが大方の意見ではないでしょうか。
つまりこの手の「スゴイコメディアンだった、ただし私生活問題アリアリだった、もっとも今は死んでいて、もうわれわれを騒がすことはない。アーメン」的番組を見るたびに、正直言って、「結局死んだコメディアンはみんないいコメディアンなんだよな」とつぶやきたくなります。

でも、
ふと気がついてみると、この国のコメディアンは、心に闇を負った人が多い。
たとえばこのミリガンもそうだし、
クック&ムーアもやっぱり暗いし、
ピーター・セラーズも映画になるほど暗かったし、
最近ではビリー・コノリーやポール・マートンやジャック・ディーやアンガス・ディートンやポール・オグレイディなんかも病んでいる。
探せばもっといるに違いないという気がする。
自虐をもってユーモア的によしとするお国柄だろうか。それともアメリカでもやはり病むコメディアンはいるのだろうか。

で、
わたしはふとパイソンの暗いほう、すなわちジョン&グレアムのことを考えたりするわけです。
確かマイケルが、「グレアム本人に直接その問題を指摘することはなかった」とか言っていたと思います。
で、本人亡き今は、グレアムの闇についていろんな人があちこちで口にするようになっているのでそれは耳に入ってくるのですが。
ジョンの闇については、本人もあまりぺらぺらしゃべるほうではないし、まわりの人も進んで話したりはあまりしないようです。それはおそらく礼儀正しい気遣いもあるのでしょうし(「正伝」で、マイケルがジョンの問題に関しては非常に控えめな表現にとどめてしゃべっているあたりを読むとそう思います)、あるいはジョン・クリーズに関してうっかりしゃべったりすると後で何をされるかわからない、というおそれもあったでしょう。(伝記本Cleese Encounters の前書きに、『クリーズを知る人が記名で証言したがらないので困った』みたいな記述があったと記憶)。ふとわたしは、「ミリガンはこんなにヤバイ人間だったこんなアブナイこともあったあんな紙一重なこともあった」的なBBC特集を見ながら、こういうふうにパイソンの内部事情が、今以上に、他人の口で暴露されるときが来るのかなあ、と考えたりしますけれどもえー、まったくもって正月間近らしい縁起のいい話題で申し訳ありませんが、みなさまよいお年をお迎えくださいますように。

|

« 14DEC : 就職にたぶん役立つモンティ・パイソン | Main | 02JAN : ザ・ラスト・ラーフ・イズ・オン・ユー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 14DEC : 就職にたぶん役立つモンティ・パイソン | Main | 02JAN : ザ・ラスト・ラーフ・イズ・オン・ユー »