« 18NOV : 唐沢俊一さんと正伝・オン・ジ・エア | Main | 08DEC : ケンブリッジとグレアムの余韻 »

23 November 2005

23NOV : パイソン仕掛けのオレンジ(または映画スパマロット)

ミュージカル「ザ・プロデューサーズ」をもとにした映画がもうすぐ公開されます。「シカゴ」でメインストリームに戻ってきたこの手の映画を「ムービー」兼「ミュージカル」、すなわち「ムーヴィカル」と呼ぶそうですがそれはともかく、ちょっと待て。それでいいのかハリウッド。もともと映画だった「ザ・プロデューサーズ」をまたわざわざ映画に戻してどうするのだ。もっとも今回の映画は、ブロードウェイオリジナルキャストのネイサン・レインとマシュー・ブロデリックに加え、ユマ・サーマンとウィル・フェレルが出ていてかなり面白そうですが。

そして次にムーヴィカルになるのは「スパマロット」なんだそうです。エンパイア誌にそう書いてありました。でもスパマロットは、エリックがヤケクソのように、これでもかというくらいホリグレと違う話にしてしまっているのにどう映画に収まるのか。(なにしろアーサー王の騎士たちが「雨に唄えば」ばりに傘持ってタップしたり、ボウラーハットかぶって「シカゴ」をやったりする。)最近のハリウッドの考えることはよくわかりませんが、とりあえずどうなるのか定点から観測していこうと思います。

もし実現するのなら、とりあえずハーバート王子はクリスチャン・“無駄美”・ボールを死守ということで。


ハーバートを演るには無駄なまでに美形なボールさん

さて、
携帯電話会社が林立しシノギをけずる今日この頃、オレンジ社のCMは他社と一線を画し捨て身のユーモアで勝負しています。特に、全国の映画館で映画が始まる直前のスロットに入る、映画館だけで見られるCMがすごい。これはパターンが決まっていて、オレンジ社の役員がずらりと並ぶ前に俳優さんが実名で登場し、次の自分の映画のアイディアのプレゼンを行う、しかしそのアイディアがSFだろうがロマンスだろうがオレンジ社役員たちがどんどん話をねじまげていき、むりやり携帯電話の宣伝ということにしてしまう、というスケッチになっています。で、最後に「観客のみなさま、どうか携帯電話で映画を台無しにしないように手元の携帯のスイッチをお切り下さい」というメッセージが映る。つまりオレンジ社の自虐ユーモアCMであると同時に、さりげない映画館からお知らせでもあるわけで、これはかなり賢い。

これまでの出演者は、パトリック・スウェイジ、ヴァーン・トロイヤー(ミニ・ミーの人)、ショーン・アスティン(指輪物語のサムの人)、キャリー・フィッシャー、アラン・カミング、あと未見ですがどうやらロイ・シュナイダーも出ていたらしい。個人的にはショーン・アスティンのものが好きでした。次の自作のアイディアとして都会的なロマコメのストーリーを一生懸命説明するアスティンに、「ところで君、それはもちろんニュージーランドで撮影するんだね?」「ニュージーランド?いえこれはロマコメなんですが」「ははは冗談だろ、、君の次の映画は決まっている、例のトリロジーの第4作だよ第4作!」「あのー、トリロジーとは3部作のことだと思いますが」「タイトルはこれだ、『ロード・オブ・ザ・リングトーンズ、リターン・オブ・ザ・フォーンコール』!!(リングトーン=着信メロディ)」ほかの役員「うわははははそりゃいい」「あのー」「どははははは」 相手にされず怒って立ち去ろうとするアスティンの背中に誰かが「『マーイ・プレシャス』!がはははは」。ひ、ヒドイ。いくら賢くとも。他の人のも似たような展開で、ミニ・ミーの人は当然オースティン・パワーズねたでボコボコにされていたし、キャリー・フィッシャーはスター・ウォーズでヤラレていました。

で、
最近このCMにジョンが出てます。こないだブラザーズ・グリムを見に行ったときに出くわし、「わあ」とさけびました。あまりにもびっくりしたので細かいセリフを聞き逃してしまいましたが、確かジョンが出すのは大河戦争歴史ドラマのアイディアでした。で、「その戦艦の船長を演るのが自分で」と言ったら、オレンジの人たちがげらげら笑い出し「うあはははミスタ・クリーズ、あんたが船長だなんてわははははは」「で、ファニー・ウォークは出るのか?」とかあしらわれて終わる。ああなんてかわいそうなジョン。いいぞもっとあしらわれてください。

ところで、先日ロンドン・フィルム・フェスティバルの「グリム」プレミア上映のとき、マイケルとテリJも来ていて会場で聞いているというのにテリGがえらい勢いで他のパイソンズを批判した、ということがちょっと話題になりました。全員をもう「終わっている」と断定し、ことにジョンが俎上にあげられていて、いわく「くだらないCMに出るな、なんだあのオレンジのCMは、あれに出てるのはジョン・クリーズではない、ただの救いのない男だ」。映画館でわたしは、ああこれのことかと思い出し、そしてつぶやきました。「ごもっとも」。

いやわたしはジョンの味方なのでごもっともと平気のヘイザであるわけですが、しかしテリGの批判ぶりはやはりたいへん手厳しい。パイソびととしてはちょっとうろたえてしまいます。でも実際のところはどうなのでしょう。

わたしは、マイケルとテリJもそれを聞いていた、というところがミソだと思います。要するに、こういうことをテリGは、マイケルとテリJが聞いている前で大っぴらに言うことができるわけです。話題のひとつというか。で、つまり、それがどういう人間関係かというと、とはいええーと、うーん、ただの町人には30年以上ショウビズの真っ只中で生きてきた人々のことはわかりません。わかるわけもない。こないだテイク・ザットが再結集したときにも、ロビー・ウィリアムズは来なかったし。関係ないか。少なくとも、「それでクイーンと言えるのか」と世界中からツッコまれつつ堂々とツアーをやっているクイーンよりはアレなのではないかと。(と、またダシにしてしまいまして申し訳ありませんクイーンファンの皆様。)

ちなみに「グリム」を見るのは2回目でした。いや先日の新宿オフですでに見ているのですが、金券ショップで900円だった「東急株主優待券」で入場したら「そのようなチケットでギリアム先生の生活費の足しになると思っているのですか」と批判されたので、深く反省したうえで、今回正式にチケットを買って見たわけです。シネコンにはハリポ目当てのジャリども、いえお子様がたがウンカのようにわいており、そこをジャリジャリかきわけていったら、グリムの客は4人。平日昼間の寄席でよく落語家さんが言うところの、「えー、本日は、おいでの方ひとりひとりに声が届きやすい状態で」になってました。

そしてオレンジCMにでくわしたりしてわたしはいろいろなことに思いをはせつつ、しみじみとグリムの2回目を見ました。でも2回見ても、やっぱりネコはひどいと思いました。

|

« 18NOV : 唐沢俊一さんと正伝・オン・ジ・エア | Main | 08DEC : ケンブリッジとグレアムの余韻 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 18NOV : 唐沢俊一さんと正伝・オン・ジ・エア | Main | 08DEC : ケンブリッジとグレアムの余韻 »