« 19AUG : ウィル&グレイスまでの長く曲がりくねっていた道 | Main | 26SEP : きわだてブライアン »

29 August 2005

29AUG : 男の生きがいは公衆の面前に臓物をさらすことである。

ちょっと旧聞に属しますが、ジョンが入院して手術してたというBBC話題。→  ★★★

とりあえずおおごとではないようです。
本文中のdiverticulitisがどうしてもよくわからないのですが
(手元の英々辞典には載っているのですが、英文で説明されても「なんか内臓っぽい」とアバウトにしか理解できません。この調子ではおそらく日本語に訳されても何なのかわからないのでしょう)
要するに消化器にちょっとした問題があって腸を切った、ということのようです。
達者でいてくださいジョン爺。

それにしても、
数年前にテリJがやはり病気をして手術を受けたとき、手術中の内臓写真を公開して、パイソンヲタクうちわにかなりの衝撃を引き起こしたことをご記憶でしょうか皆様。のちにわたしは、ご本人が「いやさすがに撮られているときは意識はなかったけど、後で写真見たらレバーなんかつやつやしてて結構おいしそうだと思った」と、捨て身のフォローをしているのを耳にしましたが。

テリJと常に対立することで有名なジョンは今回、
「切った腸を売りに出す」
とおっしゃってます。
さすがのわたくしもどう反応していいのかよくわかりません。

もっともそっとツッコミを入れるならば、「手術して切ったもんを売る」とおっしゃるのはこれが初めてではないはずですジョン。世界の注目を集めるべきダイ・アナザー・デイのNYプレミアの席上で、なみいるプレスの人々に向かい、
「こないだヒップ・リプレイスメント(日本語では何と言うのでしょうかこの手術)を受けたんだよ、そのシリの切れ端を今度イーベイに3ドルで出そうかと思っている」
と楽しそうに語っていたと記憶しています。
プレスの人がどういう返事をしていたのかはよく覚えていませんが、とりあえず、達者でいてくださいジョン爺。

|

« 19AUG : ウィル&グレイスまでの長く曲がりくねっていた道 | Main | 26SEP : きわだてブライアン »

Comments

akkoお嬢さま

いきなり下手に出ております、盲腸炎の手術が元で絞扼性イレウス(腸閉塞)を起こした経験があるあなたの玉姫蘭人です。未だに下腹部が痛くなるとあの悪夢が蘇り、再発したらしばらくは本気で働かなくてもよくなるからそれも良いかしら?などという誘惑に心揺れてしまいます。

腸系の病気には感じやすい私、ちょっとdiverticulitisを調べてみました。和名は憩室炎(けいしつえん)というらしく、、大腸壁の一部が外側に膨らむ大腸憩室そのものは病気ではないが、そこに便がたまると炎症を起こしたり、出血を起こしたりするそうです。そして、なんと高齢者に増えている。と大書されてました。ジョン翁は、全宇宙の13人のジョン専のみなさまだけではなく、便のためにも大腸に憩いの部屋を作ってしまったのですね。

ヒップリプレイスメントって、あまりにも general 過ぎて詳細が分かりませんが、ケツ移植ってとこじゃないですか?

腸閉塞で8時間医者に放置され腹部がホラー映画のように腫れ上がったこと1回、トラックに両足を轢かれたこと1回、普通なら逝ってる経験を2度持っているので、3度目が楽しみな私です。

ほなまた!

Posted by: オランダ人間山脈 | 29 August 2005 at 19:04

akkoさま、お忙しいようですがお体など壊されていないでしょうか。
さて、いささか旧聞に属しますがハリウッドに対抗してかは存じませんがこのたび英国にも作られることになった「スターの殿堂」(Avenue of Starsとかいうらしいですが)の第1回「殿堂入り」の栄えある16人の中に、ローレンス・オリビエ卿、チャーリー・チャップリン卿、アルフレッド・ヒチコック卿らとともにジョン翁が選ばれたとの記事が。

http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/tv_and_radio/4157020.stm

ついでに、来年の世界球蹴り祭り記念の協賛企画で、ジョンがサッカー映画に出演するとの記事が。

http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=10000100&sid=a7xN5omyh5mM&refer=germany

相変わらず仕事熱心なジョンです。

Posted by: トコツカ | 04 September 2005 at 16:45

★アムステルダムのお姉さま
お嬢様とお認め下さりありがとうございます。だからわたしは「玉姫様蘭人」なんてなんのことだかさっぱりわかりません。

Diverticulitisについて調べてくださりありがとうございました。しかし、テリJのときもそうだったんですが、パイソン関係者が手術を受けた、と聞くとつい「あああ楽しいなあー♪」とでかいナイフを両手でしゃくしゃくやっている白衣のグレアムの姿が脳裏をよぎるのです。で、手術台の患者は「わあグレアム!勘弁してくれあのときはおれが悪かった」とか騒ぐも部分麻酔で動くにうごけず、と思ったら背後の看護婦が「いいから今のうちにさっさとやっちまいましょう」とマスクを取ると実はそれはデイヴィッド・シャーロックであることが判明、これから後は阿鼻叫喚、X指定もんなのでお嬢様なわたしにはとても書けません。この後どうなるかは、だいたい印象として「三池崇史」とかそういう言葉を想像されればよろしいかと思います。

★とこつかさま
いつも思いがけないところにいるジョンに関する噂をちくってくださりありがとうございます。

コヴェント・ガーデンの「スター殿堂道」、これはキリギリス三原則にしたがいどうしても見に行かねばならぬと思ったものの、いまだに果たしておりません。そのうちに必ずおもむいて、ジョンの名前を、リバティ・ベル的にぎゅうと踏んづけてこようと思います。しかし、この殿堂リストからあの人が落ちているとか何故この人が入る、という議論はこのニュースの頁下方にいろいろあるのでくり返しませんが、わたくし個人は、この15人(組)中7人(組)がコメディアンだというのはどうよ、英国スター世界。と思いました。

世界蹴球杯映画の方はこれだけでは一体なにがなんだかよくわかりませんが、とりあえず、このようにかかわっているのならおそらく生で世界杯試合を見るんだろうなあジョン、今度こそイングランドが優勝すればいいねえ、と思いました。

(1966年、世界杯決勝戦のチケットを2枚手に入れたエリック・アイドルから誘われたものの、ジョンは「イングランドが優勝するわけはない」と言って断りました。エリックはかわりにビル・オディと一緒に行って、そしてイングランドが優勝するのを見ていたそうです。)

さて、このよくわからない世界杯映画らしきもの、これはドイツに行かねば見られないものなのかどうかだけがむちゃくちゃ気がかりです。いや、そうだとしたって行きません行きませんよ、わたくしはドイツ国になど。あんな遠いとこまではるばる飛行機に乗って。いやアメリカに行った人間の言う台詞じゃないかもしれませんがとにかく。

Posted by: akko | 01 October 2005 at 15:11

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40480/5687226

Listed below are links to weblogs that reference 29AUG : 男の生きがいは公衆の面前に臓物をさらすことである。:

« 19AUG : ウィル&グレイスまでの長く曲がりくねっていた道 | Main | 26SEP : きわだてブライアン »