« May 2005 | Main | July 2005 »

26 June 2005

26JUN : トニー賞国際実況の夜

以前確か某ライオンズマンションさんが、自社高級マンションは「電話でおフロがわかせる」ということを売りにしていたと記憶しています。すなわち、家に帰る前に自宅に電話をかけて、あるパスワードを入力すると、なんかうまいこと工夫された仕掛けが「ぴ」とか入って自動的に浴槽にお湯が張られて、帰宅と同時に温かいフロにありつけるよ、というものだったはずです。

わたしの市川の実家はもっとすごい。
なにしろ電話でビデオ録画ができるのだ。
いや、電話をかけて出た老母に「あと2時間後にNHKBSで始まるトニー賞録画しといて。じゃね」と頼むだけなんですが。
老母は「ボタンを押し間違えたらテレビが爆発するんじゃなかろうか」とテクノロジーを極度におそれる世代の人間ゆえ、ムスメに頼まれた後かなりのパニックに陥り、ニトロを輸送するイブ・モンタンよりも緊張を強いられつつ大汗をかいて走り回ったようです。

そんなことともつゆ知らず、先の6月18日日本時間の夜7時半すぎ、確認がてら「やほー老母よ、うまくやってるかーい」と気楽にふたたび国際電話を入れたムスメに対し、ハハは「あに言ってんのよいーかげんにしなさいよあんたってばまったくヒトの都合もなんにも考えずにわけのわかんないことを突然、でもねへへんよくお聞き、ちゃんとできてるもんね録画、最初はわけわかんなかったけどいろいろいじってたらできるようになったんだもんね、すごいでしょうアタシふふんふふん」とおっしゃる。「それは素晴らしい、なんたる孤軍奮闘のたまもの、だてに未亡人やってはいらっしゃらないですね」「お父さんもきっと喜んでくれるわねえ」「いや、父が生きてたらビデオ録画ひとつできんのかウリャー!とかさぞかし大暴れされていたと思いますが、それはともかくでは最後までよろしく」「ああ待ちなさいあんた、出たわよあれが」「あれって何が」「最初にいきなりぱいそんが出てきたわよぱいそん」「えっ」「まいけるとかじょんとかもいたわよ」「おおおお、ついに覚えたのですね母。なんたる感動だ。素晴らしい。ああ苦労が報われた、まったく腹を痛めた甲斐があったというものだ」「痛んだのはあんたのじゃなくてわたしの腹です」「初期には『あんたが最近好きなジョン・グリースさんって何よ、歌手?』とか言ってたのに。しかもマイケルまで識別できるとは。ああ感無量、まるで我が子の成長を見守っているかのようだ」「我が子はあたしじゃなくてあんたです」「ジョンとマイケルの他には?」「うーん、他にもなんかいたみたいだけど」「あ、その他は『なんか』扱いされてしまうのか。でも少なくともジョンとマイケルが出たってえことは、きっとスパマロットの初日の全員集合んとこの映像ですね」「すぱま?」「いや、じつはかくかくしかじかでパイソンのミュージカルがそのトニー賞にノミネートされているという…」「あっ。すぱまって言ってるよっ。すぱまろっとがえーと、衣装がどうのこうのって賞に入ってるよっ」「あ、それ、ノミネートされたけど落ちたんです」「あ、ほんとだ、落ちた」「いや、ノミネートは景気よく14部門にわたったんですがなかなか賞まではたどり着けなかったようで、男優さんもひとりくらいは取ってもよかったんじゃないかと思うんですが、まあ主演と助演とに2人ずつノミネートされたってのがかえって票割れを招いてしまったのかもしれないし、それにもともとホリグレという映画には『この人が主人公でこれが準主役だ』とすっきりと傍目にもわかりやすい区別がないんですよね、パイソンのみなさんはひとかたまりだから、アーサー王が主役と言えばそうなんでしょうがやはり今回もアーサー王とランスロットが同時に主演でノミネートされてるってことがやはりその区別のしにくさを示唆しているのでしょうし、でもまあ、そもそも21世紀のアメリカのショウビズ最前線でこんだけパイソンが売れるってえことがまず驚愕に値するのであって、しかし英国のサブカルチャーがアメリカのマーケットに受け入れられる際にはある種のフィルターがかかり本来の下から上のオーソリティブな権力に対するサブバーシブな表現という意図で作られたセンス・オブ・ヒューマーがただ単に英というクラス的に一段上の国の方から米の方へ下りてきたコメディということになりそのパンクな真意のほどがどこまで伝わるかは議論の余地があるものの米から英への伝達の際にも似たような現象が…」「ちょっとうるさいよあんた、聞こえないよ。あっ。今、またすぱまろっとが。すぱまろっとが女優さんの賞で」「女優さんなら、あ、それ、取ったやつです。サラ・ラミレズさんという面白い姐御です」「ほんとだサラさんだ。面白いってどう面白いの?」「いや実はそれはですね、」

と言いかけて気がついた。ハハには、こないだのニューヨーク旅行の目的は「休暇と観光とショッピングだよ」としか告げていないことに。いや、ある旅行の目的が「観光とショッピング」と言って世間様に通用するのならば、「わたくしはパイソンミュージカルを見にニューヨークに行くのです。そこんとこよろしく」と堂々と宣言しても何ら支障はないはずなのですが、そこはそれ、最後の一線というか、えーとほらそういうもんがあって、なんか理由は伏せておいた方がいいんじゃないかという気が非常にしたわけです。
だからわたしは、

「いや、面白いっていう噂を聞いたんだよあはははははは」

と古典的に笑ってごまかしました。ハハは「ふうん」と申しておりました。

すまぬハハ。このつぐないは必ず致します、肩叩き券とかで。って小学生かこのムスメは。ちなみにそのビデオは今ごろどこかの空の上をわがラットランドのアバラ家めざして飛んできているはずです。まだかなまだかなと、1日に5回ポストを除いて待ちかまえています。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

24 June 2005

24JUN : ウィル&グレイスへの長く曲がりくねった道

ウィル&グレイスという人気米シットコムがありまして、これは日本でもBS関係で放映されているそうですからご存知の方もおありかと思います。現地では現在第7シーズンが終わったところです。こちらでもフレンズほどではないといえなかなかの人気で、半年遅れくらいでCH4さんが放映していました。フレンズ終了後、CH4さんはこれを次の目玉番組に据えるべく、それまでフレンズが入っていた金9枠にウィル&グレイスを持ってきて放映していました。

わたくしは特にウィル&グレイスのファンではないのですが、ある事情により、このシットコムの第6シーズンを非常ーに楽しみにしていました。いや、「ある事情」とかこのサイトで伏せてみてもしょーがないわけで、つまり第6シーズンを通じてジョンが何度かゲスト出演しているのです。これは現地では2003年の9月から半年にわたり放映されていたものですが、デイリーリャマのチェックを怠っていたわたくしは、去年の7月に「ジョンがウィル&グレイスに出演したってんでエミー賞のゲストアクター部門にノミネートされたよ」というBBCのニュースで初めて知り、驚愕。あいにく賞は同じくノミネートされていたジョン・タートゥーロに持っていかれてしまいましたが、それでも、かの3年前の「ジョンがレギュラーで米シットコムに出たら番組が2回で打ち切りをくらった」という輝かしい履歴を挽回して十分おつりが来るものでしょう。
(ちなみに、米ABCの"Wednesday 9:30 (8:30 Central)"という番組です。ジョンのために弁護すると、役者ではなく脚本が全然だめだったのが敗因のようです。確かにタイトルからして投げやりではある。わたくしは例によってどこからともなくこの番組のビデオを入手しておりますが、どんな素敵なドラマかと思うと足がすくみ、実はいまだに見ておりません。)

その頃こちらのCH4さんでは、第5シーズンが終わらんとしているところでした。わたくしはさっさとこれが終わって次にならないかなあと思いながらじっと待っていました。

ところで話はその少し前、去年の春ごろにさかのぼります。
かの「ザ・シンプソンズ」がありますね。あれはこちらでは当初からBBC2さんで放映されていたのですが、声優さんがストをしたりして番組の値段がものすごく高騰したらしく、BBCの人たちは「みなさまのTVライセンス代でこんなにバカ高いアニメーションを買い続けるわけにはもう参りませんのです。というかいいかげんにしろフォックス」と言い放ち、ザ・シンプソンズと手を切ることを宣言、そこにすかさず飛びついたのがCH4さん。過去のものも含めシンプソン家の今後の放映権を莫大な価格でひとまとめに買い取りました。

そうしたら。夏ごろからCH4さんは、投下した資本は回収せねばならぬと、すごい勢いで新旧のザ・シンプソンズを放映しはじめました。確かこのTV局屋さんは、フレンズも「CH4をつけたらいつもフレンズやってる状態」の極限まで使いまわし、頼みもしないのにセリフまで覚えさせてくれてしまったほどで、気分はすっかりビッグ・ブラザー。

でもまあ、それはTV屋さんの方針なので外部がどうこう口を出すことではございません。それにザ・シンプソンズはかなり好きなので、見られることは確かに嬉しい。

嬉しかったのですが、
困ったことにCH4さんは、ウィル&グレイスの第5シーズンが終わった後の金9枠に、さくっとザ・シンプソンズの新シリーズをはめこんでしまったのです。はめこまれたシンプソン家の人々は平気な顔でどんどんどんどんどんどんどんどんどんどん放映されています。
ウィル&グレイスの音沙汰はぱたりと途絶えました。

今年に入ってもやはりそんな状況は変わりませんでした。わたくしはじりじりと身が焦げるような気分で、毎週金曜9時にはあの黄色い人たちを眺めながら「くそ、シンプソン家、燃やす」とつぶやいていました。いやなんだかだ言っても好きなんでつい見てしまうのです。

なので、もうこうなったらCH4なんてオーソリティなどはあてにせん、立て万国の労働者、と、わたくしは今年の4月にニューヨークに行ったとき、ブロードウェイのヴァージンメガストアにコブシをふり回しつつ飛びこみました。要するに第6シーズンのDVDを買おうというのです。こういうときのためにわたくしのDVDプレイヤーはマルチリージョンなのです。
が、
それがDVD棚にないのです。第4まではあるのに。店員さんに訊いたら「まだ出てないよ」みたいなことをニューヨーク訛りでおっしゃる。去年放映された人気番組のDVDがまだ出てないわけあるかい、と思い別のヴァージンに行ってみるも、やはり結果は同じでした。いいよアマゾンで注文するからちくそう、とそのへんのネットカフェから米アマゾンに行ってみるも、やはり第6のDVDがどうしても見つからないのです。

わたしはあたかも自由の女神の如く、頭のまわりにハテナマークを放射状に放出しながら帰国してきました。そして、やはり以前どおり金曜日9時に平気で居座っている黄色い人たちを眺めながら、ちくそう黄色い人たち大嫌い、いやスパマロットを見てきて以来ファンのハンク・アザリア関係を除く、しかしみんな嫌いだでも面白いでも嫌いわははははいや嫌い嫌いあはははは、いやいやジョンのために悲しめ自分、一体いつになったらわたしはウィル&グレイスの第6を見られるのだろうか、ひょっとして死ぬまで見られないのだろうかしくしくわははははと、笑いながら悲しみにくれていました。

そうしたら。
やはり正義は勝つ。
いや正義なのかどうかはともかく。
シンプソン家の人たちは今でも相変わらず金9のいいとこに座ってますが、そのかわりCH4さんは、ウィル&グレイスの第6シリーズを、金8.30という次にいい位置で5月半ばから突然再開してくれちゃいましたのです。
そのときのわたくしのはしたないまでの喜びようときたら、恥ずかしくてとてもわたくしには書けません。

というわけで長々と書いて参りましたが、上記は全部前置きなんであって、本題はこれからなのです。

そのジョンつきのウィル&グレイスの第6シーズン第6話が、今晩放映されます。わあいわい。ああ去年から執念深く待ってた努力が今むくわれる。いや努力なのか。とにかく、これがなかなか前評判はよろしいようで、TVタイムズのレビューの人は「やっぱりジョン・クリーズがシットコムに出ているのを見るってえのは嬉しいねえ」と書いていました。役としてはえーと、見ていない前のシーズンの話がからんでくるので今確認しながら書いてますが、カレン(あの声の甲高い人)の旦那(惣一郎さんみたいに画面に出てこない人)の浮気相手のロレインという英人女の父親で、ライル・フィンスターという名前だそうです。カレンとなんだかいろいろ恋愛沙汰があるみたいです。うむ恋愛か。どうなるのか。とはいえそれはたぶん、ジュリア・ロバーツがウッディ・アレンと恋愛をするよりはまだ無理のない展開でしょう。ちょっといそいそして見ちゃいますわ今晩のわたくし。

しかしあれです。今この大変役立つウィル&グレイスサイトを見ていたところ、ライルの娘はミニー・ドライバー、ライルの兄弟がティム・カリーであることを発見。(上記サイトの左のCastから、Recurring Castでミニーが、[6]でティム・カリーが確認できます。)米人は英人を、英人という大雑把なカテゴリで識別するのが精一杯のようです。第6の23話では兄弟が同時に出現するらしい。うわあうわああ。

しかも今晩は、BBC1のジョナサン・ロスのトーク番組にマイケルが出演します。ヒマラヤも終わってしばらくたって、お顔を拝見するのは久しぶりです。今晩のいそいそ感倍増。ちなみにTVタイムズのレビューの人によると、マイケルの肩書きは「世界の旅人、元パイソン、地球で一番いい人コンテストの優勝候補者」だそうです。いい人コンテストはマイケルのぶっちぎり大勝で決まりでしょうが、それにしても、「旅」の方が先に来るのが今のマイケルです。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

17 June 2005

17JUN : ついに「ついに1948年」DVD &ラトルズを最後に笑え

全宇宙13人のジョン専のみなさま。
お聞きください。
AT LAST THE 1948 SHOW が来月DVDで発売されるそうです。










らーりひょーーーーーー!!!!!

うわーーーちょっとこれはすげーー嬉しですよーーー!!!!

フェレットソングがDVDで聞ける日が来ようとはあーーーーー!!!


これを発売しようと思って企画書を書いて上司に出してそれを通してついに実現させた人、えらい。
実現させた人、えらい。
実現させた人、えらい。
実現させた人、えらい。
実現させた人、えらい。
その人の名は、1948 SHOWの「メガネ屋スケッチ」(とわたしは勝手に呼んでいる)の組んずほぐれつもつれあう若ジョンと若グレアムの若姿において、ジョン専により永遠に記憶されるであろう。その人のプロジェクトXが製作される日も遠くないであろう。誰だか知りませんが、ありがとう、誰か。その誰かさんを個人的に知っている方、お手数ですが、どうぞわたくしのかわりにほめ倒して下さい。

でお話変わりまして。
ラトルズ最後ライブ@ロンドン100クラブ@6月9日、結局行っちゃいました。まあそうなるだろうなあとは確かに自分でも思っていましたが。仕事は、えー、なにしろ縁起もんだから。いやよくわからないいいわけですが。

100クラブは由緒正しいヴェニューで、いろんな人が舞台を通過してのちに有名になっていった、みたいなとこだったはずです。詳細は忘れちゃいましたが。券が売り切れただけあって、開演時間が近づくにつれ人があとからあとからあとからあとからやってきてみちみちに詰まりました。それがまたもののみごとに老若善男善女均等で、みなビール片手にわいわいビートルズとか60年代とかパイソンとか70年代とかいう好ましい単語がまじる好ましい会話を交わしていました。

わたしはライブとか芝居とかが始まる直前の、そこにいる全員がひとつのことを思いながらわくわくしつつそれが始まるのを待っている、という空気を愛してやむことがなく、その熱を肌で感じたいがためだけにいろんな現地へ無理矢理でかけて行ったりしている「ですが、このラトルズの「待ちわくわく」空気はかなり熱くたのしく濃ゆくコアであったと保証つきで申し上げます。

ライブ終了後、むらがるファン相手にファンサービスにつとめるニールさんです。とても愉快なじいさんです。


ライブ中のトーク。
「今回ツアーをするにあたってスポンサーを探したんだよ、なにしろ金がかかるから。いろいろあたって断られたあと、ついに賛同してくれたのがスーパーの『ペスト』(だったかな?全英にはびこっている巨大チェーンスーパー『テスコ』のジョークであろう)。で、スポンサーについてくれる条件ってのがあって、ステージにさりげなく宣伝を折りこめっていうんだよね。というわけで、これからさりげなく、ペストの宣伝を折りこもうと思います。
(全員どこからかサングラスを取り出してかける)

『(バンドの演奏に合わせ)♪ペストのポテト!大きなポテト!巨大で中にニワトリ入り!』

「(アンコールで)もしもジョージ・ハリソンがいなかったら、ラトルズは存在しなかったと言っていいと思います。(拍手と歓声)なので、われわれがアンコールにジョージの曲をやるというのはまったくふさわしいと思うのです。(大拍手、「そのとおりだ!」)では。
(ニールが出だしを弾こうとして、2回ほど間違える)
まったく… この… (間違える)ええいもう、ジョージの曲には問題がある、なにしろコードが難しすぎる。なにしろエリック・クラプトンですらコンサート・フォー・ジョージで四苦八苦していた、みんな見ただろあれ!(大拍手)」





サインもらっちゃいました。






販売されていたTシャツ。

ニューヨークの「スパマロット」が売れているという事実がロンドンに飛び火しているというか、これは一体どう解釈するべきか悩むというか、なんかもうパイソン全体とエリックとラトルズがたがいに一斉にリップ・オフしあっているというか。




あと、ドラムやキーボードやマイクスタンドなどステージ上の各備品にそれぞれこういう札がさがっていました。これはボンゴについてたものです。暗いとこで撮ったゆえ、若干の手ブレなにとぞご容赦。

"For sale due to redundancy. A collection of stuff. Can be used as a set of percussion or as kitchen utensils or gadget to keep the woodpidgeons off your vegetables or sex aids."

「リストラにつき売出中。パーカッション、または台所用品、または野菜畑のモリバト除け、または大人のおもちゃとして使用可の物体一群」




ロンドンを離れてラットランドのわが家に着いた瞬間、わたしは映画ザ・ラトルズが物凄く見たくなり、矢もたてもたまらずハアハア言いながら震える手をおさえつつ銀盤をセットして見ました。1度では足りず、3回くり返しました。
とはいえ、
実は詳細に立ち入れるほどわたしはビートルズには詳しくは決してないのです。
ないのですが何が好きかって、
エリックの
「わーいぼくこれをやりたかったんだよねー今ぼくそれをやってるんだよねー」
という、
光があたっているようなあの明るい顔。
一連のパイソンをいろいろ通過してそして初めてこの映画を見たとき、エリックのこの顔があまりにもちくちくするほど明るくて、わたしはうち倒されたことを覚えています。

それにしても、エリックがいながらパイソンはザ・グッディーズほどポップ音楽方向に行かなかったよなあ、と思ったときふと、それはひょっとして、はやりもんの音楽がたいへん苦手そうなジのつく誰かさんがいたからじゃないかなという考えがちらりとよぎって行きましたが。どうでしょうかな。その答えは、友よ、風に吹かれているのですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07 June 2005

07JUN : さらばラトルズよ

明日8日とあさって9日にロンドン100クラブニール・イネスおよびラトルズのライブがあるのですが、それは「ロンドンでの最後のライブ」なんだそうです。エリックはビデオのみでの参加のようです。
現在日々のよしなしごとに追われており実際に行けるかどうかはよくわからんのですが、いやしくもラットランド在住者としてはこれは見届けなければと思い、チケットを買いました。さてどうなるか。

ラトルズファンの皆様、今すぐに外に走って出てって西行きの飛行機によじ登ればまだ間に合う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06 June 2005

06JUN : トニー賞!

今はグリニッジ時で真夜中、というか明け方に近いのですが、わたくしは夜どおし黙々とぱそに向かい、海の向こうで行なわれているトニー賞のゆくえをひたすら見守っておりました。

スパマロット軍団の結果は。

祝!!
最優秀助演女優賞(湖の姫兼グウィネヴィア役、とても歌のうまい豪快なおねえさん)のサラ・ラミレズ!!!

祝!!
最優秀舞台監督賞のマイク・ニコルズ!!

しかし残念!各男優賞にノミネートされていた男優群!!いちカテゴリに2名ずついたにもかかわらず、結局ひとりも取れなかったぞ!まったくなんてこった!パイソン的で面白いと言えば面白いが!!

しかししかし!!
祝!!
スパマロットベストミュージカル授賞!!

すんげー!!
まさかと思ったがベストを授賞しちまうとは!!!
わたくしは今ある種のバカのように喜び浮かれています。
よい現象だなあ。
エリックはさぞかし誇らしいことでしょう。


+++++++++++++++++++++
上記から数時間後の追記
+++++++++++++++++++++
今朝のBBCニュースでとりあげられていたのでちょいとその報告を。
マイク・ニコルズが壇上で授賞時のスピーチをしているとき、それを席で聞いているエリックが、もう大得意なんだけどそれを一生懸命かみ殺し「いやどうってことないんだよこんなこと」と装おうとしているということがありありとわかる顔をしていました。エリックらしくてよいと思いました。

もっともBBCの中の人は、「ノミネート部門数(14部門)のわりに授賞数が少ない」ということをきっちり指摘していました。「ミュージカルとしての完成度は6部門取った The Light in the Piazza の方が上であろう」ということも。そのとき流れた Piazza の抜粋を見ると、確かにむこうは古典にのっとったとてもミュージカルらしいミュージカルであるようで、おそらくBBCの人が言うことは正しいのだろうと感じます。

しかし同時に、このニュースを報じたときのBBCの人の第一声は「BBCから生まれたTVシリーズが、昨晩ブロードウェイを制しました!」であり、Piazzaの方が上かもしれないけど「やはり知名度と話題性と観客動員数に関してはモンティ・パイソンの方が上なのです」というコメントもあったような。この露骨なまでの得意感はなかなかよいです。いいぞいいぞ得意がれBBC。

それから式が始まる前、会場のラジオシティミュージックホールの外のギャラリーに、「スパマロットにトニー賞を!」みたいな手書きのプラカードをかかげて「スパマロット!スーパーマロットー!パイソンパイソンイエイイエイイエイ」と大騒ぎしている一団がいました。まったくいずこもパイソノタは。その大人気ないふるまいを目にしてわたしは、その場にいたらなんのためらいもなく一団に加わり一番騒いでいたに違いないと思いました。

で、ふと思ったのですが、湖の姫兼グウィネヴィア(映画には出てこない新しいキャラクター)役であるサラ・ラミレズ姐。見せ場の中に「♪わたしにはトニー賞もなんにもないのにこんな役はもういやよー!」みたいなたいへんエリックらしい歌詞の持ち歌があるのですが。今回トニー賞をうっかり授賞してしまいましたが、では今後どんな顔でその歌を歌うのでありましょうか。興味があります。

それにしても、BBCの人もちらりと言っていましたが、どうやらこの芝居は来年あたりロンドンに来るようです。それに関してはいろいろ思うことがあるのでまた改めて。それから肝心のニューヨークレポートも近いうちに必ず必ず。そういえば前回のNYコーネル大学レポは、あげるまでにほぼ1年かかりましたが。えーと必ず。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2005 | Main | July 2005 »