« 17JUN : ついに「ついに1948年」DVD &ラトルズを最後に笑え | Main | 26JUN : トニー賞国際実況の夜 »

24 June 2005

24JUN : ウィル&グレイスへの長く曲がりくねった道

ウィル&グレイスという人気米シットコムがありまして、これは日本でもBS関係で放映されているそうですからご存知の方もおありかと思います。現地では現在第7シーズンが終わったところです。こちらでもフレンズほどではないといえなかなかの人気で、半年遅れくらいでCH4さんが放映していました。フレンズ終了後、CH4さんはこれを次の目玉番組に据えるべく、それまでフレンズが入っていた金9枠にウィル&グレイスを持ってきて放映していました。

わたくしは特にウィル&グレイスのファンではないのですが、ある事情により、このシットコムの第6シーズンを非常ーに楽しみにしていました。いや、「ある事情」とかこのサイトで伏せてみてもしょーがないわけで、つまり第6シーズンを通じてジョンが何度かゲスト出演しているのです。これは現地では2003年の9月から半年にわたり放映されていたものですが、デイリーリャマのチェックを怠っていたわたくしは、去年の7月に「ジョンがウィル&グレイスに出演したってんでエミー賞のゲストアクター部門にノミネートされたよ」というBBCのニュースで初めて知り、驚愕。あいにく賞は同じくノミネートされていたジョン・タートゥーロに持っていかれてしまいましたが、それでも、かの3年前の「ジョンがレギュラーで米シットコムに出たら番組が2回で打ち切りをくらった」という輝かしい履歴を挽回して十分おつりが来るものでしょう。
(ちなみに、米ABCの"Wednesday 9:30 (8:30 Central)"という番組です。ジョンのために弁護すると、役者ではなく脚本が全然だめだったのが敗因のようです。確かにタイトルからして投げやりではある。わたくしは例によってどこからともなくこの番組のビデオを入手しておりますが、どんな素敵なドラマかと思うと足がすくみ、実はいまだに見ておりません。)

その頃こちらのCH4さんでは、第5シーズンが終わらんとしているところでした。わたくしはさっさとこれが終わって次にならないかなあと思いながらじっと待っていました。

ところで話はその少し前、去年の春ごろにさかのぼります。
かの「ザ・シンプソンズ」がありますね。あれはこちらでは当初からBBC2さんで放映されていたのですが、声優さんがストをしたりして番組の値段がものすごく高騰したらしく、BBCの人たちは「みなさまのTVライセンス代でこんなにバカ高いアニメーションを買い続けるわけにはもう参りませんのです。というかいいかげんにしろフォックス」と言い放ち、ザ・シンプソンズと手を切ることを宣言、そこにすかさず飛びついたのがCH4さん。過去のものも含めシンプソン家の今後の放映権を莫大な価格でひとまとめに買い取りました。

そうしたら。夏ごろからCH4さんは、投下した資本は回収せねばならぬと、すごい勢いで新旧のザ・シンプソンズを放映しはじめました。確かこのTV局屋さんは、フレンズも「CH4をつけたらいつもフレンズやってる状態」の極限まで使いまわし、頼みもしないのにセリフまで覚えさせてくれてしまったほどで、気分はすっかりビッグ・ブラザー。

でもまあ、それはTV屋さんの方針なので外部がどうこう口を出すことではございません。それにザ・シンプソンズはかなり好きなので、見られることは確かに嬉しい。

嬉しかったのですが、
困ったことにCH4さんは、ウィル&グレイスの第5シーズンが終わった後の金9枠に、さくっとザ・シンプソンズの新シリーズをはめこんでしまったのです。はめこまれたシンプソン家の人々は平気な顔でどんどんどんどんどんどんどんどんどんどん放映されています。
ウィル&グレイスの音沙汰はぱたりと途絶えました。

今年に入ってもやはりそんな状況は変わりませんでした。わたくしはじりじりと身が焦げるような気分で、毎週金曜9時にはあの黄色い人たちを眺めながら「くそ、シンプソン家、燃やす」とつぶやいていました。いやなんだかだ言っても好きなんでつい見てしまうのです。

なので、もうこうなったらCH4なんてオーソリティなどはあてにせん、立て万国の労働者、と、わたくしは今年の4月にニューヨークに行ったとき、ブロードウェイのヴァージンメガストアにコブシをふり回しつつ飛びこみました。要するに第6シーズンのDVDを買おうというのです。こういうときのためにわたくしのDVDプレイヤーはマルチリージョンなのです。
が、
それがDVD棚にないのです。第4まではあるのに。店員さんに訊いたら「まだ出てないよ」みたいなことをニューヨーク訛りでおっしゃる。去年放映された人気番組のDVDがまだ出てないわけあるかい、と思い別のヴァージンに行ってみるも、やはり結果は同じでした。いいよアマゾンで注文するからちくそう、とそのへんのネットカフェから米アマゾンに行ってみるも、やはり第6のDVDがどうしても見つからないのです。

わたしはあたかも自由の女神の如く、頭のまわりにハテナマークを放射状に放出しながら帰国してきました。そして、やはり以前どおり金曜日9時に平気で居座っている黄色い人たちを眺めながら、ちくそう黄色い人たち大嫌い、いやスパマロットを見てきて以来ファンのハンク・アザリア関係を除く、しかしみんな嫌いだでも面白いでも嫌いわははははいや嫌い嫌いあはははは、いやいやジョンのために悲しめ自分、一体いつになったらわたしはウィル&グレイスの第6を見られるのだろうか、ひょっとして死ぬまで見られないのだろうかしくしくわははははと、笑いながら悲しみにくれていました。

そうしたら。
やはり正義は勝つ。
いや正義なのかどうかはともかく。
シンプソン家の人たちは今でも相変わらず金9のいいとこに座ってますが、そのかわりCH4さんは、ウィル&グレイスの第6シリーズを、金8.30という次にいい位置で5月半ばから突然再開してくれちゃいましたのです。
そのときのわたくしのはしたないまでの喜びようときたら、恥ずかしくてとてもわたくしには書けません。

というわけで長々と書いて参りましたが、上記は全部前置きなんであって、本題はこれからなのです。

そのジョンつきのウィル&グレイスの第6シーズン第6話が、今晩放映されます。わあいわい。ああ去年から執念深く待ってた努力が今むくわれる。いや努力なのか。とにかく、これがなかなか前評判はよろしいようで、TVタイムズのレビューの人は「やっぱりジョン・クリーズがシットコムに出ているのを見るってえのは嬉しいねえ」と書いていました。役としてはえーと、見ていない前のシーズンの話がからんでくるので今確認しながら書いてますが、カレン(あの声の甲高い人)の旦那(惣一郎さんみたいに画面に出てこない人)の浮気相手のロレインという英人女の父親で、ライル・フィンスターという名前だそうです。カレンとなんだかいろいろ恋愛沙汰があるみたいです。うむ恋愛か。どうなるのか。とはいえそれはたぶん、ジュリア・ロバーツがウッディ・アレンと恋愛をするよりはまだ無理のない展開でしょう。ちょっといそいそして見ちゃいますわ今晩のわたくし。

しかしあれです。今この大変役立つウィル&グレイスサイトを見ていたところ、ライルの娘はミニー・ドライバー、ライルの兄弟がティム・カリーであることを発見。(上記サイトの左のCastから、Recurring Castでミニーが、[6]でティム・カリーが確認できます。)米人は英人を、英人という大雑把なカテゴリで識別するのが精一杯のようです。第6の23話では兄弟が同時に出現するらしい。うわあうわああ。

しかも今晩は、BBC1のジョナサン・ロスのトーク番組にマイケルが出演します。ヒマラヤも終わってしばらくたって、お顔を拝見するのは久しぶりです。今晩のいそいそ感倍増。ちなみにTVタイムズのレビューの人によると、マイケルの肩書きは「世界の旅人、元パイソン、地球で一番いい人コンテストの優勝候補者」だそうです。いい人コンテストはマイケルのぶっちぎり大勝で決まりでしょうが、それにしても、「旅」の方が先に来るのが今のマイケルです。

|

« 17JUN : ついに「ついに1948年」DVD &ラトルズを最後に笑え | Main | 26JUN : トニー賞国際実況の夜 »

Comments

akkoさん、御無沙汰致しております。
「ウィル&グレイス」ですが、先日までNHK総合で深夜に再放送されていましたよ。
ついつい観てしまいました。
http://www3nhk.or.jp/kaigai/willgrace/index.html
本国アメリカでは、第7シーズンまで放映済みなんですか?
日本じゃ第2シーズンまでしか放映されていないのに・・・。
(個人的には「フレンズ」より大大大好きだったりして)
でも、決して落ち込みません!なぜならWOWOWさんが、有り難い事にこんな番組を放映して下さるのですから。
http://www.wowow.co.jp/drama/uk/


Posted by: ひとちゃん | 03 July 2005 at 14:38

私もウィル&グレイスの続映を希望してます・・・。NHKは今のところまったくやる気がないようです。世間の非難もそっちのけで、まじめに視聴料を払ってやっているのですが・・・。ジョンがあの変と言うかなんとも素敵に奇妙なカレンさんに言い寄られてどんなリアクションをするのか見てみたいものです。

Posted by: Sella | 08 July 2005 at 11:18

★ひとちゃん&Sellaさん
え、W&GがNHKで。実はW&Gの「あの内容」、すなわちあかるいゲイ男性とユダヤ女性が主人公のプライムタイムシットコム、と「みなさまのNHK」とがうまく一致せず、しばらくなやみました。例えばそういう「ゲイ」とか「人種」とかいうシチュエーションはそのままで、で舞台が日本で日本人が演じているドラマをNHKは作って放映するかどうか、というと、あんまりそんな気はしないのであって。外国ドラマだとそういう点はそれほどバリアではなくなるのでしょうか。

ともかくW&G。放映されないのなら、答えはひとつ、DVDを買いましょう。今はアマゾンさんとかいろいろあるではないですか。リージョンが問題ならばプレイヤーごと。26日でもちと触れましたが、たいへんいい味ですようカレンとジョン>Sellaさん。

わたくしはここで、ある先人ヲタ先生の名言

「買おうかどうか迷ったら、買え。できるだけ素早く買え」

をつつしんでご進呈申し上げます。この言葉を実践すると、かなり人生の質が向上します。いやある非常に限られた価値観の範疇において、ですが。それからときどき芋と水、という「ああ無情」な糧食に追いこまれることも事実ですが。なんだかある種の新興宗教みたいですが。

Posted by: akko | 27 July 2005 at 11:37

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40480/4693205

Listed below are links to weblogs that reference 24JUN : ウィル&グレイスへの長く曲がりくねった道:

« 17JUN : ついに「ついに1948年」DVD &ラトルズを最後に笑え | Main | 26JUN : トニー賞国際実況の夜 »