« April 2005 | Main | June 2005 »

25 May 2005

25MAY : ランスロット交替と会社日常日記

ランスロット@スパマロットのハンク・アザリア氏が、映画を撮影するってんで6月から半年ほど舞台を去るそうです。11月に帰ってくるまでの代わりのランス役は Alan Tudyk 氏(読めん)という、こんな人です。 →★★

最近個人的にアザリア氏ビイキなので、ちょっと「えー」なニュースでした。でもTudyk氏(読めん)に期待。上記リンクの下の方に芝居のキャリアが見えますが、それはそれとして、はたしてこの人はフランス語はうまいのだろうか。

ところで話は変わりまして。
先日仕事場の隣の部に、ヒナにはまれなる美青年が入社してきました。かれがラクダのようなマツゲ目で物憂げなまなざしを送りつつ髪をはらりとかきあげたりしたらもう、まわりの女(と何人かのそっちの方の男)たちは目をガビーン!と古典的な表現で飛び出させ、ハアハア言ってアタシがアタシがいやボクがとつかみあいをしている有様です。わたしもやはり女の一環として気にはなっていたのですが、話すきっかけが特にあるわけでもなく、ひそかに「ヴィスコンティ君」と命名して遠くから眺めているだけでした。

そしたらある日。
ヴィスコンティ君が人探し顔でこちらの部に入ってきた、と思ったらわたしの方に目をとめて、そしてとことこと歩いてきました。
わたしは美しいものがいきなり近づいてきたのでどきどきしました。
そしてかれいわく。

「あの実は、ぼくは隣の部の者なんですが、突然すみませんでも、同僚が君ならできるっていうから来たんです。本当かどうか。いや申し訳ないですが」

なんだかしきりに美しい顔で恐縮している。

「えー?あらいやーん何かしらー、あたしに何がお手伝いできるのかしらー?なんでも言ってみて。うふうふ」

わたしが必要以上にくにゃくにゃしていると、

「えーと。あの実は質問があるんです。あー。いいのかな言って。えー、そのー、あのー、あー、も、モンティ・パイソンの、ハンカチかぶって長靴をはいてる人って、なんて名前なんですか?

わたくしは切り倒される木のように椅子ごと真横にゆっくりとたおれました。

倒れたまま床から、

「ガンビーだよ」

と返事をすると、

「えっ、知ってるんだやっぱり。スペリングは?」

「G-U-M-B-Y」

「うわあありがとう。助かった。やっぱりみんなの言ってたことは正しかったんだなあー。(去りながら)おーい、わかったようー!」

後に残される倒れたままのわたくし。頬に感じる絨毯にゆっくりと涙の粒がしみこんでいく。
パイソンヲタと女の人生とを両立させるのにはなかなかむずかしいものがあります。こう感じるのはこれが始めてではありませんがとにかく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

17 May 2005

17MAY : 歌とランスロット (と、元気のいい死体)

スパマロットに関し、前言をちょびっと訂正申し上げます。
確かにアーサー王と主役陣はもちろん、台車の死体山および担がれてきた「まだ死んでない」の老人にまで景と持ち歌があるのですが、実はランスロット役のハンク・アザリアには、見せ場はあるのですが「歌」がほとんどありません。セリフは大いにあります。がしかし、ガラハッドやロビンのソロっぷりにひきかえ、ランスロットはひとりでは歌を歌わないのです。というか実は、この方の歌を聞いていると、ちょっとだけ「音痴?」の3文字が脳裏によぎったりなんかもします。(ランスロットの景で歌を歌うのは、無駄に美形なハーバート王子です。)

何故だろうと思いました。ミュージカルの主役なのに。いや主役です、トニー賞の中の人たちのお墨付きです。

そうしたら、ある日TVの方からアザリア氏が
「ぼくがあの芝居に抜擢されたのは、歌が歌えるからでは決してなくて、いろんな声のしゃべりを使い分ける能力を買われたからだ」
と言っているのが聞こえてきました。

あ、
と思った瞬間、
それを聞いていた人いわく。

「そいえばあんた、Along Came Polly って見た?」

あいにく「ポリーという名の女の子」とか「フェレット」とかいうキーワードでその映画がかなり気になっていたにもかかわらず、見逃していたわたしが「うんにゃ」と首を振ると、

「あそー、あれにさ、この人出てるんだよハンク・アザリア。変なフランス語の入った英語をしゃべるんだけどさ。面白いよー。もうげらげら笑ったさ」

ソレダ変なフランス語能力だ!
とわたしはとびあがりました。
アザリア氏は城壁の上のあのフランス人をやります。そのひいでた能力により細部まで再現された生罵倒ゼリフを耳にしたとき、わたくしはかなり幸せでした。あれは七色ボイスのアザリア氏にしかできないワザだと思われます。「お前の父ちゃんニワトコ臭い!」のくだりのとき、観客席の暗闇で、笑うより泣けている客というのは他にはあまり多くはいなかったことでしょう。

かれがランスロットに抜擢されたのは本当にフランス語ができるから、もとい、音楽にはよわいが変なフランス語をしゃべる能力があるからなのだろうか。もしそうだとしたら、なんだか非常に好感が持てる特徴を備えた人であるという気がします。即ファンとなって悔いはないですアザリア氏。

追記1
肝心のスパマロット詳細レポートに関して、ちくちくと優しい催促を下さった皆様、ありがとうございます&申し訳ございません。現在鋭意作成中につき、いましばらくお待ち下さい。

追記2
なんだか本末がちと転倒しておりますが明るいニュースをここで。ウォレス&グルーミットやチキン・ランで一斉を風靡したアードマン・アニメーション組の次の次の作品の脚本をジョンが書くということが、先日始まったカンヌ映画祭で正式に発表されました。もう作られる前からブロックバスター確約の映画の話だってんで、結構ニュースになってたりしました。と書こうと思ったら、ABC振興会御大様にこのような素敵な記事が。リンゼイとかパリスとかブリトニーとか、若鮎のようにぴちぴちな若い娘たちいっぱいのかのサイトにうちまじり、この記事はあたかも一服の抹茶のようにシブく薫っております。すてきだ。

でも、
どうか思い出す方は思い出して下さい、拙サイトがかかげているスローガンを。

「あれはクリーズと読むのだ!」

なかなか理想の追求はむずかしいのであります。


追記3
ところで「まだ死んでない!気分がよくて仕方がない!ああああなんてハッピーなんだあああ!」とかさけんで変な裏声で歌って踊りだす愉快な死にかけの老人(どうやらフレッドという名前がついているらしい)も、先日触れた、クリスチャン・"無駄美"・ボールさんでした。まじめに歌っているときの声の感じからしてクラシックの正式なトレーニングを受けていると思われるのですが、なんでしょう、美しい人のこの炸裂ぶり。どこでどうかれはこういう道に来たのでしょう。写真は今年のドラマデスク賞ノミネート時のものです。何故何度も美しい写真を入れるかというと、ただ単に入れたいからでございます。よいしょよいしょ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12 May 2005

12MAY : 裏声で歌へスパマロット

米アマゾンさんから、「あんた前にうちでパイソンもん買ったでしょちゃんとわかってんだからえへへへへへ、んでもって今回はこんなブツがあんだけどどうよ」と、スパマロットサントラCDの案内メールが送られてきました。いやもうちょっとましな文章でですが。現地ですでに入手してきているので、「もうあたしひとつ持ってるもーん」とフランス人ジョンの口調でつぶやきつつ、発売を祝してリンクをひとつ。→★★★

しかし。
顰蹙とゴムチキン殴打を覚悟しつつ申し上げると。
もしスパマロットを実際にご覧になるのならば、このCDはその前には聞かない方がいいと思います。

理由その1。ねたばれになるから。スパマロットは途中から、アーサー王伝説でもホリグレでもなんでもなくなり話がどんどんそれていき、最後は「うひゃー」なことになります。あれは知らない方が面白いんじゃないかと単純に思うわけです。特にランスロットファンの皆様には是非とも、あのひどいオチを純粋に味わって頂きたいのです、わたくしが完璧にヤラレたように。

理由その2。これはちと個人的な感情になりますが。わたくしは当初、Always Look On The Bright Side Of Life がスパマロット劇中で歌われるということを知ったとき、非常ーーに抵抗を感じました。わたしは映画ホリグレのあの金のあまりかかっていなさそうな、シンプルなありようが好きなんです。それをアメリカブロードウェイ式に、オーケストラとか歌とかをつけてヒット曲をひっぱってきても、それは全然ホリグレではないのではないか。ココナツとは金がないからこそやむにやまれず生まれてきたギャグなのであって、ブロードウェイのミュージカルでココナツをやってそれは成立するのか。それに何よりAlways、あれはただの明るい歌ってわけじゃなくって、あのブライアンのあの場面で、あのエリックが、あのグレアムに語る言葉だってことに意味があるんじゃないのか、それにエリックはこの歌をグレアムの葬式で歌って泣いたんじゃないのか、そういう大切なもんをパイソンミュージカルだからといって、本来の意味と文脈とを簡単に放り出したりしてほしくないんだよなあ、それもエリック本人の手で。いや本人だからこそそうしていいんだという理屈もあるのかもしれないし、それにスパマロットを見に来るであろう一般客の皆さんはこんなややこしいこと考えないだろうし、知ってる曲を生で聴かせればそれは大いに受けるだろうし、エリック・クラプトンだっていまだに「レイラ」をやらないと金返せとか言われるらしいから仕方がないのか。関係ないか。とかいろいろ考えていたのです。

もっとも、実際に見たら全部一発で解決しました。もうあそこまで素晴らしく派手かつ徹底的に違うならば、もう全然オッケーです。そのくらいすごいのだあれは。

しかし、今CDを聞いていると、Always のブロードウェイ版を含むその映画との違いに「これを見る前に聞いていたら、相当混乱しただろうなあ、自分」と思うのも事実です。だからわたしの場合は、偶然とはいえ、音楽を知ることなく舞台を見ることになってよかった。パイソンの神様のお導きです。ありがたや。

それからスパマロット音楽のジョン・デュ・プレさんは、人生狂騒曲とかワンダの音楽の人ですね。オーケストラ楽曲の技術的な詳しいことはよくわからんのですが、土台はかっちりきっちりツボをおさえてまとまりつつ、その上にかろやかにはねまわる音が乗っていて、胸のすくような気持ちよい音楽がぎっちしです。特に「キャメロット」の後半がゴージャスで良くて良くて、あれがこんなふうになるなんてすごい。って、聞くなとか偉そうに言いつつやや矛盾した言動をとっておりますが、なにしろスパマ帰りです。なにとぞご勘弁ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10 May 2005

10MAY : 騎士たちはトニーの杯をめざす

トニー賞のノミニーが発表されました。スパマロットが14部門で挙がったってんで、ちょっとしたニュース種になっています。もうほとんどタイタニック状態です。たいしたもんです。もっともタイタニックだと、ノミネートされただけで賞は取り逃すのでこのたとえはやめた方がいいと思います。

しかーし。
スパマ俳優群では、ミュージカル主演賞にティム・カリーとハンク・アザリア(おお主演だったのかランスロット)、助演賞にクリストファー・シーバー(デニス、ガラハッド、黒騎士、ハーバート王子の父ちゃん)とマイケル・マグラース(パッツィ、ハーバート王子の部屋の護衛2)の名前があるのに、デイヴィッド・ハイド・ピアースが落ちています。うわあなんてこった。いったいどういうことなんだもう大人なんて信じるもんか、と悲しみました。それからトニー賞の中の人には、ひとつのカテゴリにいち芝居から2人ノミネートするのはやめてもらいたいと思います。スパマ勢にはぜひとも勝ってほしいのですが、もし勝ってどっちかが取ったら、もう片方が落ちる。アメリカまたは英人である俳優さんが坂田明の名言「勝負は勝ち負けではない」を知っている可能性は低いですし、見るものにとってもキャッチ22よりも苦しいです。どうなることやら。発表は6月5日の由。いろいろと考えつつ待つことに致します。

ところで今回は選にもれてしまったけど、俳優群のひとりクリスチャン・ボールさんをここでちょっとよいしょ。左の黒髪の人です。ハーバート王子(と有名な歴史学者)役なのですが、率直に言って、ハーバートをやるには無駄なまでに美形です。こんなに美形なのに、ハーバートの白装束で「ぼくは歌いたいんだ〜♪」とか裏声でやるのを見るにつけ、アメリカも捨てたものではないと思いました。それから右の金髪の人は、ガラハッドおよび黒騎士等のシーバーさんです。これまた妙にカッコいい。大変声の良い人で、俳優群の中で一番歌がうまい。しかしこのカッコよくて歌のうまい人が、オーケストラとともに朗々と歌うガラハッドの持ち歌 The Song That Goes Like This (「こんなふうになりがちな歌」)は、ブロードウェイミュージカル史上で、おそらく一番意味のない歌です。その堂々たる金と手間と時間をかけた無意味ぶり。まったくアメリカもまだまだ捨てたものではないようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07 May 2005

07MAY : テリJ、大いに語る

昨日5月6日付の大衆紙ザ・サンに、「パイソン」とか「スパマロット」などの文字を発見。読んでみたら、「テリー・ジョーンズは実はスパマロットにはあまり心おだやかではないんだよ」という囲み記事でした。短いものなので全文を訳してみます。

------------------------------------
 現在ブロードウェイで映画「ホーリー・グレイル」を元にしたミュージカル「スパマロット」が大ヒットしているが、モンティ・パイソンのひとりテリー・ジョーンズは、その芝居が大嫌いだそうだ。かの映画を1975年に監督したテリーは、「スパマロットはまったく意味も価値も何もないシロモノだ」という。
 「スパマロット」はやはり元パイソンのエリック・アイドルが書いた芝居である。チケットは数か月先までほぼ売り切れており、ブローカー取引価格は200ポンドを超える。その看板には「あの映画をステキに使いまわしたミュージカル」とうたわれている。
 テリーいわく:「確かにわれわれはこれに同意した。しかしもしこれがこのように売れるとわかっていれば、もうちょっとましな契約をとりつけていたはずだ。かつてわれわれがすべてのパイソン仕事で生み出した以上の金を、エリックは今稼ぎだしている」。
 しかし、テリーにはパイソン再結成の気持ちはないそうだ。「今はより興味のある仕事がある。パイソンとしてふたたび集まってみるという予定はないし今後そうするつもりもない」。
------------------------------------

ゴシップ命のサン紙の記事なので、このトーンはややさっぴいて読まねばならないでしょう。しかし、テリJさんとわたくしのような市井のいちヲタとは視線が違います。わたしはスパマロットがスキでしょーがありません。あれはすごいよ。それこそ椿姫を見た北島マヤのようにいまだに日々呆け続けていて、「あははははココナッツだよ人生は」などとつぶやいています。だから、スパマロットがホリグレを名乗りつつも実は全然ホリグレではないことや、(どのようにホリグレでないのか、は後日改めて詳しくご報告致します)、あるいはそれが予想外の大ヒットになっているなどという現象にも、「わあそれはそれで面白いぞ」と無邪気に面白がっていられます。

しかしテリJさんはなにしろ汗と雨と泥にまみれつつ体張ってあの映画を撮った本人です。おまけに頑固なことで有名だ。実はホリグレでないスパマロットが受けていて、しかも金銭なんかもからんでくれば、テリJさんの心中は相当複雑であろうと思われます。

が、
わたしがこの記事を読んで思ったことがあります。
スパマロットで一番おいしい場面と歌をかっさらっているのは、実はサー・ロビンです。ロビン役のデイヴィッド・ハイド・ピアースは、「フレイジャー」でのクールで皮肉な態度とうってかわって大はじけ、舞台いっぱい歌うわ踊るわ走りまわるわ、客は圧倒もう大喜び。いやロビンの歌「ブロードウェイで成功しない方法」はパイソン文脈を超える傑作です。もう面白いのなんの。観客は椅子から落ちて笑い転げてました。

で、
実はそれにひきかえ、
サー・ベデヴィアの出番が、ほとんどないのです。いやいることはいます。大ウサギを城門前に置いたりもします。が、それ以外に印象がない。魔女裁判の場面がまるごと落ちているし、だいいちソロ歌がない。アーサー王はもちろんとして、ランスロットもガラハッドもパッツィも、それどころか台車の上の死体群にさえも景と持ち歌があるのに、ベデヴィアにはそれがまったくない。

パイソン内の意見の相違は今に始まったことではないです。だから、テリJがスパマロットにイカっているという理由もあくまでもプロフェッショナルなものであり、決して単に「ベデヴィアが冷遇されてて目立たないから」ではないと信じたいのですが。どうでしょうか。

ところでそれはそれとして事実として。
エリックはロビンにすごーく花を持たせてます。それは思わず、「先生!アイドル君がロビン君をヒイキしてまーす!」とパイソンの神様にちくりたくなるほどです。
それに比べて。あるいはガラハッドに比べても。
ランスロットがたいへんかわいそうな扱いを受けています。日が経つにつれ、「あれはあんまりだよエリック」な思いがつのってきます。
何故エリックはランスロットをあんなにあんまりな目にあわせるのか。それはやはりプロフェッショナルな理由にもとづいているのであって、決して単に個人的な理由ではないと信じたいのですが。どうでしょうか。

(どうあんまりな目なのか、は後日改めて詳しくご報告致します。まったく、こうして「ランスロットの扱いがあんまりな」と書くだけですでに、わたくしはあふれ出る涙をおさえることができません。ああランスロットよ。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05 May 2005

05MAY : ♪われら円卓の騎士、いざ闘わん、サスペンダーとブラつけて♪(え?)

ニューヨークから帰ってきました。スパマロットを見たということは何度も下↓の方でうわごとのようにくり返しているとおりですが、その他の日に関してもさまざまな理由によりパイソン度がたいへん高いできごとに恵まれ続けました。2年前のこともあわせわたしにとってのニューヨークとは、このままでは「パイソンな街」というひとことで終わってしまいそうです。いいのですかそんなふうにわたしに理解されてニューヨークの中の人たち。

とりあえずスパマロットに関してまとまったご報告をさせて頂くべく、いろいろ書きちらしてみて、ついで消し、書いてはまた消し、思い直して改めてぽつぽつ書いてみるも、やはり全部一気に削除した後、36ポイントの太大ゴシックでばちばちばちと「とにかく見に行け、責任はわたしが取る(ただし常識の範囲内で)」と打ち、そして頭を抱えるばかりです。あのスゴ晴らしい現象を誰かに伝えるには、わたくしは完全にヤラレてしまっておりもう文章も言葉も文法なんかもどうでもよくなりあれこれそれましてエペペペペペペ。それから音楽が良いのなんの。現地で買ったCDは、すでに聞きすぎで擦りきれて薄くなり向こう側が透けて見えてきました。エリック、すごい、よくやった。


とりあえずトレイラーがわりに写真をひとつ。


拡大。

「あの映画『ホーリー・グレイル』のステキな使いまわし新作ミュージカル」てな感じでしょうか。
ちなみにサントラCDのジャケットには同じロゴの下に「あの新作ミュージカルのステキな使いまわしCD」と書かれています。

そこで買ったものをひとつ。


ちゃんと左右がある。取説つき。


劇場のお店のお兄ちゃんが言ったことをひとつ。
「みんな好きだよね本当に、でも時々参るんだよね。いや仮装して来る人がいるんだよこの芝居見に来る客。騎士とかウサギとか、羊の角つけてたりとか」


第一幕の最後のとこのアーサー王の歌をひとつ。
「♪我々は窮地に陥った、観客たちよ休憩だ、一服してきてその後にふたたびここに集うのだ、第三幕の始まりにー♪」 パッツィ「二幕です、陛下」


見ている最中のわたくしのたましいのさけび。
うわー!ランス(とサー・ランスロットは呼ばれている)がまったくひどいことにー!エリックも一体何を考えてランスロットにこういう役をー!!


そしてスパマロット以外のパイソン体験のひとつ、TV&ラジオ博物館のあるマンハッタン52丁目に並びひるがえるパイソン旗。


詳しくはまた。
それから本日のタイトルもスパマロット歌の一部です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | June 2005 »