« 21MAR グッディーズが(また)やって来た | Main | 05APR カリフォルニアからの手紙 »

29 March 2005

29MAR 円卓の騎士ニューヨークへ行く

いや、例の「スパマロット」がたいそう売れているらしいですよ旦那。こないだスカイニュースで「ブロードウェイのスマッシュ・ヒット」と取りあげられ、エリックがインタビューされたりしてました。なんでも、初日にはパイソン連全員が現地に集合して開演前の空間をにぎやかしていたりしたそうです。その集合姿がちらっと画面に映って、わたくしは「わっ」とさけんで倒れました。

しかしそのあと引き続き舞台の模様が紹介されたので、わたくしはがばと起き上がり、テレビを抱えこむようにしてじろじろ見ました。そのとき見たかぎりでは、例えば「ザ・プロデューサーズ」の映画と舞台との違いくらいの違いがどうしてもあるようです。プロデューサーズの場合は「個人的には映画のきっつくてブラックをつらぬいてる方が好きだけど、歌つきの舞台でやや角が丸くなってるとこも面白いじゃん」ですませられるのですが、ホリグレの場合は、うーん、わたくしなにしろヲタだからなあ。しかしそのときはとりあえずヲタ粘着心を放り出し、あるひとつのことだけを画面の中に必死で探していました。そしてそれを見つけた瞬間思わずわたくしはさけびました。「おお、ランスロットが歌を歌っている!」。

調べてみたら確かにチケットはずいぶん先までほとんど売れてしまっているようで、わたくしは今、どうしてもぬぐいがたい「出遅れ感」にまみれています。ま、いいです。なんだかだ言って、ダフ券方面でもなんでもなんとかして、結局見に行っちゃうんだろうなあわたくし。つけたマッチの燃えさしで、「ヲタの意地」とテーブルに書いてみる。意地の結果として、新しいパソが先送りになったりごはんとおかずの質が当分二段階くらい落ちたりすることになるのでしょうが、人生はこういうもんです。とこういう人生を生きてそして死んでいくんだろうなあわたくし。

それにしても、最初は正直言って「大丈夫なのか」とどうしても思わずにいられなかったスパマロットが売れたってんで、わたしは腰が抜けるほど安心しました。よかったようエリック本当に。まったく心配させて手のかかること。でも、何をやっても婦女子わーきゃーで安泰であるよりも、手のかかる方が圧倒的に面白いので、ぜひともそのままの君たちでいてほしいと思います。

|

« 21MAR グッディーズが(また)やって来た | Main | 05APR カリフォルニアからの手紙 »

Comments

スパマロットのオリジナルキャストによるサウンドトラックCDが出るそうですよー。ちゃんとランスロット卿の歌も入ってますよ。

http://www.iclassics.com/productDetail?contentId=63993#

予約受付中。予約特典は足。

Posted by: トコツカ | 02 April 2005 at 10:10

先ほどテレビをつけたらいきなりジョン御大がコメントしていてびっくりしました。
ちなみにそのあとはテリー・ギリアムがコメント。
英国よくあるシリーズの「グレートコメディー100選」といった番組が今夜もうすぐあるようです。
たまにテレビつけてみてよかったー。

Posted by: manami | 03 April 2005 at 19:20

★トコツカさん
わあ今度はサントラが出ますか。ランスロットが歌を歌っているんですねえ。どきどき。あとデイヴィッド・ハイド・ピアースの歌も聞いてみたいです。しかし、シューバートシアターご当地足グッズ、これは一体何でしょう。パイソンか、じゃ足ね、と2秒で決めたのと違いますか企画した人。

スパマロットがブロードウェイヒットであるのはめでたいことですが(今週のタイムアウトには「第二のザ・プロデューサーズ級」と書かれていました。それはすごい)、ヲタなわたくしとしては、「皆さん!舞台もいいけど映画もね!お正月を写そう(ぽん!)」とついつぶやいてしまいます。もっとも、映画もパイソン世界もまったく知らずに舞台を見ている人はあまりいないと思われますが。

それにしても、サントラの曲目を上から順に眺めてみて、ははんあそこにこういう曲がついているのだなとなんとなく想像をするうちに、「Always Look On The Bright Side Of Life」という文字を発見(しかも2回も)、わたくしは愕然と致しました。ちちち違うぞそれは違うと思うぞ。

★ manamiさん
実は今まで見てました。歴代スケッチベスト50の一般投票結果発表でしたね。CH4さんは実にこの「映画とかTVねたで一番○○なものを募集して集計して発表する」という番組が好きだと思います。しかもベスト50とか100とかをずらっと並べて発表するだけで、結論があまりないまま終わるところが潔いというか手抜きというか。確か、以前「一番素晴らしい映画」というやや抽象的なくくりで一般に投票をよびかけて、んでフタを開けてみたら「スター・ウォーズ」が1位になったってんで、やや騒ぎになったことがあったような。

とはいえ、この「スケッチベスト50」は結構面白かったので日を改めて日記ネタにしようと思います。「CH4の視聴者に2005年に投票させたら果たして『オウム』がどのへんになるのか」ということにわたしは興味があったのですが、実に「CH4の視聴者が2005年に投票したような結果」になったと思います。それから、わたしは「4人のヨークシャー男」をティム・ブルック=テイラーが書いた(らしい)ということを初めて知ってびっくりしましました。

Posted by: akko | 04 April 2005 at 01:53

私もあの番組はしつこく最後まで見てしまいました。ずっとテレビを見ない生活をしていたので何を見ても面白い今日この頃、ましてやベストコメディ50選となれば途中でやめられません。

翌日同僚に番組の話をしたら「どーせまたオウムのスケッチが1位でしょ?」と返されました。あっぱれです(でも違うんだよね…)。というわけで、番組についてのコメント楽しみにしています!

Posted by: manami | 07 April 2005 at 23:25

パイソン全員集合写真を、先日ネットで拝見いたしました。皆様お元気そうで何よりでございます。
(ちなみにTVでドリフターズ全員集合も拝見しましたよ♪)
そういえば、「プロデューサーズ」の日本公演があるそうで。(CMで見ました)
それからクイーンのヒット曲満載のミュージカルの公演も控えているそうです。(本日の新聞に記事が掲載されていました)
ベン・エルトン頑張っているんですね~。
ところでお願いなのですか、ティム・ブルック=テイラーは、一体どんな容姿の方なのか教えて頂けないでしょうか?
(「秘密警察」ビデオ版を拝見しても分からないもので・・・汗)お手数ですが、宜しくお願い致します。

Posted by: ひとちゃん | 08 April 2005 at 16:05

★manamiさん
番組中でも、「かの『オウム』がついに1位ではなくなった!」と叫ばれていましたね。これは事件なのですね。でもわたしのまわりの人々は、「今はリトル・ブリテンがブームだし、時期的に仕方ないんじゃないの」と言っていました。(あっ、リトル・ブリテンが1位だということをばらしてしまった。)

テレビのない生活だった、ということは、学生さんでしょうか?どうぞ今後はよいテレビ生活を。今は端境期でコメディ方面ではあまりこれといったものがないようですが、わたしはとりあえずRoom101 の再放送でしのいでいます。ポール・マートンいいですね。

★ひとちゃん
グッディーズの見分け方は、
・黒ブチメガネで声が渋い人 - グレアム・ガーデン
・ちっちゃくて丸っこくてヒゲが生えてる人 - ビル・オディ
・そのどちらでもなくておぼっちゃんぽい人 - ティム・ブルック=テイラー

とりあえずこちらをご参照。
http://www.bbc.co.uk/comedy/guide/articles/g/gallery/goodiesthe_7772865_2.shtml
左からティム、グレアム、ビルです。

ジョンとグレアム(・チャップマン)は、グレアム(・ガーデン)とビルとはISIRTAで縁が切れていますが、ティムとはパイソン直前まで一緒に仕事をしていました。最近どこかでティムさんが、「ぼくはたまたまパイソンのときに声をかけられなかっただけだ」と言っていたのを小耳にはさんでいます。ジョンがふと思いついて、ティムにも電話をひとつかけていれば、その後の世のありようはかなり違ったものになっていたのかもしれません。

Posted by: akko | 12 April 2005 at 09:25

akkoさん、大変遅レスで申し訳ございませんでした。お忙しいのに教えて頂きありがとうございました。ボンドの件と合わせてお礼を申し上げます。

やはり英国のコメディは面白い作品ばかりで、観ていて楽しゅうございます。
(先日観た「アブ・ファブ」も、かなりぶっ飛んでいて最高でした。笑)
あーやっぱり観たいなBBC JAPAN。

Posted by: ひとちゃん | 03 May 2005 at 14:07

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40480/3492724

Listed below are links to weblogs that reference 29MAR 円卓の騎士ニューヨークへ行く:

« 21MAR グッディーズが(また)やって来た | Main | 05APR カリフォルニアからの手紙 »