« 24NOV 仮想ジョン家探訪 | Main | 09DEC ダブルアクトのこころ »

26 November 2004

26NOV みなさまのBBC

やまさんの掲示板にて「12月1日からBBCジャパンという面白いことが始まるよ」と小耳にはさみました。そしたら昨日BBCの人が「わたしたちってば日本でも放映されちゃうんですわようふふ」とちょっと得意そうに、「ブラックアダー」「ウィーケストリンク」、家改造番組や庭改造番組やアンティーク鑑定番組(タイトル失念。でもこの手の番組はたくさんあるしどれをやってもたいして変わりません)などが放送される予定だとしゃべっていました。

その番組群を目にしたとき思わず「うーんなんて無難な選択なんだ」と唸りました。みなたいへんお行儀がよく、どこに出しても恥ずかしくない、受験生だったら推薦枠で高校に合格しそうな番組たちです。

しかし、
BBCとは実は、もっとやばい、夜の校舎窓ガラスを壊してまわるようなことをたくさんやっているのであります。たとえば、リトル・ブリテン、リーグ・オブ・ジェントルメン、デッド・リンガーズ、ファスト・ショウ、グッドネス・グレイシャス・ミー、ハリー・エンフィールド&チャムズなど、最近のスケッチもんだけでもやばくてしかも面白いもんがたくさんあります。50・60年代の、英ポップ文化の牽引力として存在していたパワーはもうないとはいえ、やっぱりBBCはいまだに新しいことを見つけ続けている。それをどかんと始める力もある。そのどかんが大ハズレ、すごい勢いで失速墜落大破、という場合もなきにしもあらずですが、当てたときはその底力が違う。TVライセンスという受信料をむしられている側としては、優等生番組より、ハイリスク・ハイリターン的に新しくて面白いことをやってくれる暴れん坊BBC様の方が好みです。もっとも失敗されると、キース・ムーンと化してTVを窓から放り出したくなるのも事実ですがそれでも。

いずれにせよ、

祝!

フォルティ・タワーズ@日本電波@BBCジャパン!!


えーと、今までの伝からいくとフォルティ氏もつまり推薦枠のような番組だということになりますが、そのへんは深く考えず、つまり古典なのであるということでよしとします。

ああそれにしても、これからフォルティ・タワーズを見る日本の皆様は、なんという幸せな皆様なのでしょう。BBCジャパンを受信するにはスカパーに加入する必要があるようですが、視聴料は月735円。本家のTVライセンスは約10ポンド/月。思わずわたしは、日本に帰ってスカパーに入ろうかと思いました。

|

« 24NOV 仮想ジョン家探訪 | Main | 09DEC ダブルアクトのこころ »

Comments

12月です。あー無理です、亀の腹筋のように無理だということがわかりました。グスッ。
うー何も言い訳はしますまい。マイケラーの風下のほうでジッと地味な日々を送ることにします。

で、BBCジャパンですが、いろいろ調べてみましたが、それはスカパーでしか見ることができず、そのスカパーを見るには、アンテナとチューナー合わせて約7・8万円ほどの初期投資が必要じゃ、ということがわかりました。
"暴れん坊BBC様"が観られるならともかく、古典であれば観たいものだけ、借りるなり買うなりしたほうがよいという結論に、個人的には…達しちゃいました。
「ブラックアダー」とか「マクベス巡査」(ロバート・カーライルが主演であることを最近知る。)とか、新宿ツタヤに出向かなければ借りられず、VHSはもう買うことができず、DVDは出ていず、これら加えて「リトル・ブリテン」とか、Amazon.co.ukで買えるけど字幕ないしなー。てな、あたりのものが悩ましい品揃えです。でも、この前ビデオ屋さんで「心理探偵フィッツ」のBOXセットが売っていてびっくりしました。

ところで、「Schott's Original Miscellany」っつー本知ってますか?そちらでは結構ベストセラー(だった?)らしいんですが、その日本語訳本が最近出て、ぱらぱらとめくっていたら、「コックニー押韻俗語」という項に、「Basil Fawlty(英TVコメディー『フォルティー・タワーズ』の主人公) … Balti(*1:英国のインド料理店で見られる煮込み料理のスタイル。カレーの一種。)」と書いてあるのを見つけました。ご存知でしたか?

Posted by: まいまい | 07 December 2004 at 12:25

ご無沙汰しております。

ジョン・クリー『ズ』普及委員会のエドでごぜえます。

BBC-JAPAN、僕も観ようございますが、スカパーに投資する先立つモノが無く、しくしく泣いております。

あと、先日マイケルさんの番組がテレ朝で、放送されると新聞に載っておりました(TV欄には『イギリスのコメディグループ「モンティ・パイソン」のメンバー、マイケル・ペイリンが…』とありました。やっぱ「ペイリン」なのか)
狂喜乱舞してたら『BS』のほうだったと知り、ちゃぶ台をひっくり返しました。がるる。

あ、最近「Inter」のCMで、裁判所で裁判長が、判決文をオペラ調で読み上げるってのが、パイソンぽくて笑ってます。

Posted by: エド | 07 December 2004 at 14:30

★まいまいさま
そうですか無理だ、無理だ、無理だ無理だ無理だ無理無理だー♪なのですね。なにげでしょっちゅう来英していらっしゃって、わたしのようなイナカモノよりよほどロンドン事情(と、ロンドンパイソン事情)にお詳しいまいまいさんのことですので、またいつかすてきな機会がやってくることをお祈りしつつ。それでは来年2月にニューヨークでお会いしま。えーいやいやそのあの。

英国TVにおいては衛星もケーブルも非常に普及しています。なぜならば、地上波が4チャンネル半しかないからです。まるで昔の富山県のようです。(うちわけは、BBC2つ、民放3つ、しかし民放チャンネル5はたいへん陰が薄くてその存在を忘れられがちなので半分。)よって人々はほっといても衛星だのケーブルだのを入れることが多いのですが。BBCジャパン事情、思っていたよりキビシイのですね。がんばれBBCさんの営業さん。

それからバジル・フォルティ・バルティのことは不勉強にして存じ上げなかった、ロンドンから100マイル彼方のイナカモノです。今度インド料理屋さんに行ったら是非試してみようと思います。イナカなので通じないかもしれませんが、そのときはちゃぶ台を引っくり返す覚悟です。


★エドさま
とはいえわたくしとしては、やはりどなたかに勇気ある初期投資をして頂き、BBCジャパンでどんなもんが放映されているのかということをお伝え頂きたいなあ、という個人的希望を捨て去ることができません。両極端のカオをうまくあやつること「昼顔」のカトリーヌ・ドヌーブのごときBBCさんが、今後日本では夜と昼のどの顔で振舞うのか。大変興味があります。もしそのように勇気ある方がいらしたら、そのみ名は、バジル・バルティ・フォルティの鍋をかきまわすとなりのインド人の猫とシャクシにおいて永遠に記憶されることでしょう。さああなたも、この際人助けだと思って私財を10万円ほどぽんとなげうち尊い犠牲になってみないか。

パイソン的CMはまだまだ続くのですね。ギャツビーとかテプコとかいろいろありましたが。そのようなパイソン的CMを作る皆様と、そのようなアイディアに達するまでの生い立ちとか身の上とかについてじっくり膝をつめてお話をしてみたいと、わたしはときどき思うのでございます。

Posted by: akko | 09 December 2004 at 19:29

初めてお邪魔いたします、モンティ・パイソンが心の底から大好きではあるものの、およそ20年前の映画体験のみだった段階をようやく脱けつつあるという程度の、一ぺえぺえファンでございます。
こちらのサイトも最近偶然に見つけたばかりで、まだ全てを網羅してもおりませんもので、マイケルの旅番組&テリJの歴史番組&フォルティー・タワーズ@日本のTVという、怒濤の衝動カキコ・シチュエイションの中、浮き立つ心をぢっと抑えていたのですが、本日、BBCジャパン情報を熱烈にお求めの由拝読しまして、とりあえずお応えすることのできる身として参入する機会と思うことにいたしました。

というわけで、まずはサイト主さんのご関心の的であろうところの Comedies on BBC JAPAN を、現在放映中のものに限って並べてみます。フォルティー・タワーズの初回放送・月曜夜10:45をスタートとしての番組表順で、邦題表記も番組表のままです。
「ジョン・クリーズのフォルティー・タワーズ」「パーフェクト・ワールド」「マイ・ヒーロー/パパはウルトロン星人」「ミセス・バケット」「ローワン・アトキンソンのブラック・アダー」「ザ・ファースト・ショー」「ディブリィのおかしな牧師」「イエス、ミニスター」。

それから硬軟とりまぜのドラマが、「リンリー警部の大いなる解放」「カジュアルティー」「バリーキッシンジェル物語」「マーダー・イン・マインド/潜在殺人欲求」「内部告発者/ザ・ホイッスル・ブローワー」「トラスト」「高慢と偏見」「ミス・マープル」「床下のこびとたち」「サイレント・ウィットネス」。

クイズは「ザ・ウィーケストリンク」「シューティング・スター」「友情検定クイズ」で、セレブ・トークが「ルビー・ワックスの突撃インタビュー」「パーキンソンと語る」。

その他、DIY、アンティーク、ガーデニング、クッキング、子供向け(「トゥイニーズ」「マジーとおともだち」)、教養(「サム・ニールの宇宙~最後のフロンティア」など)、音楽(「TOTPクラシック」)などです。多少の抜けもありますがご容赦を。

平日の帯になっているものもあれば曜日毎のものもありますが、同内容のものが同日内に数回ずつ流されるプログラムになっていて、例えば「フォルティー・タワーズ」なら、月曜の夜から深夜にかけて2時間の間を空けながら3回、という具合です。

現在は「キャンペーン中」ということで、アンテナとチューナーさえあれば来月末までは無料で視聴することができます。そのせいでしょう…と思いたいのですが、番組によっては字幕がありません。現在のところ全く字幕無しで流されているらしい連続番組がいくつもありますし、同じ番組の同じ内容でも字幕が出る回と出ない回があったり、番組途中で突然字幕がなくなったりもします。「放送事故」も大小合わせて頻発、EPG(電子番組表)が微妙に間違っていたり、放送時刻に数分のズレが生じたり。
…と、「をいをい~」なツッコミネタに事欠かない状況ですが、チャンネルの存在自体が嬉しいという気持ちが遙かに勝るもので、あまり苦になることもなく、2月からの「本放送」までにはなんとかなっていくのだろうと温かく見守っております(笑)。


さて、BBCジャパンの放送が始まったのは12月1日(水)の午後半ばからで、私にとって「バジル・フォルティーの日」となった月曜夜には遠かったのですが、コメディーであろうがトークであろうがドラマであろうが「素直にものを言わないイギリスの人々」に大いに笑かしてもらえる番組群の合間合間に、ニセ貴族様の椅子を引き過ぎるバジル氏やら窓拭きにセットしたマニュエルを運ぶバジル氏やらが、放映予定コメディーひとまとめCMの中に一瞬映るのを目撃しつつ放映日を待つ日々というのは、なかなかに幸せでした。

そして、にわか英TV視聴者気分に浸った上で、満を持して相対した「日本のTVに電波で映っているフォルティー・タワーズ」は、さすがに密度が違うと実感し感心し、終了した時にはため息が出ました。
なくてもしょうがないけど最初からあるに越したことないよな~と、ちょっと心配していた字幕はちゃんと出てましたが、DVDのものとは違う(おそらく)独自の字幕のようで、フォルティー氏のファーストネームが「バズル」でした。きちんと比較確認したわけではないのですが、訳す上での言葉の省略がDVD版より少な目かな…と感じた場面が何回かありました。

以上、ひととおりのご報告ということで。
新参にして図々しくも長々と、失礼いたしました。

Posted by: 茶つぼ | 10 December 2004 at 13:37

タレコミ主のノーティカルマイルです。
職場でつらつらとBBCのサイトを眺めておりましたところ、例の記事を見かけまして、思わず「うほっ」と小声で叫んでしまいました。
ところがよくよく調べてみると、BBC Japanが放送されるのはスカパー!110の方なのです。スカパー!とスカパー!110はアンテナもチューナーも契約も全部別々で、しかもスカパー!110のチューナーの方が値段が高めで、品数も少ないのです。(ただしBSチューナーの機能を兼ねているので、BSを受信できることを考えればお得かも)
実は私はそろろろCSかケーブルを導入しようかと考えていたのですが、ここに第3の選択肢が突然出てきてしまって、やや困惑気味なのです。
いずれにしても先立つモノが必要なわけですが、世間一般の勤め人の方ならここで冬ボーを投入するところでしょうが、今の私の勤め先は年度末にならないとボーナスが出ないのです。
フォルティはまだDVDを持っているからいいとしても、これから他にジョンの出る番組が始まってしまったらどうしようどうしようと不安を抱える日々です。

Posted by: ノーティカルマイル | 15 December 2004 at 13:45

◆茶つぼさん
わあ、初めましてながら詳しいお話をどうもありがとうございました。「うわあパーフェクト・ワールドもかあ!」「ぎゃあマイ・ヒーローもかよ!」「ぎゃあこれがこんなタイトルにい」と、大騒ぎしながら拝見しました。なんだか、BBCの政治的に正しいとこをかいつまんでぶちこんだみたいなすてきな番組群だと思います。

BBC大好きなわたくしは、コメディに限らず、それぞれ「うりゃ、あんたら日本に行ってどうしようってんだい?うらうらうりゃりゃ」とぐりぐりつっこみたいのですが、次の程度にとどめておきます。

フォルティー・タワーズ… とりあえずジョン・クリーズ名で成り立っててすばらしい。
パーフェクト・ワールド… 人を食いまくったポール・ケイがかっこいい。
マイ・ヒーロー… ダーモット・モーガン亡き後のアーダル・オハンロンが看板張っててすてき。
ミセス・バケット… これはたぶん Keeping Up Appearance のことだと思うのですが女バジルと言われたヒヤシンス夫人がかっこいい。
ブラック・アダー… どのシリーズなのかにもよりますがわたしはいちばん最後の最後の終わり方が好きです。
ザ・ファースト・ショー… 「スーツユー、サー、スーツユー!」。この番組の大ファンだったジョニー・デップがゲスト出演した回は必見です。
ディブリィのおかしな牧師… ドーン・フレンチファンにはいいのだと思います。
イエス、ミニスター… おお、ジョングレと同期フットライターだったジョナサン・リンの名作が。

それからいろいろと。

カジュアリティーズ… ERの元ネタとして有名ですが、元ネタは若干びんぼうくさいです。
高慢と偏見… って、あれですか婦女子が悶絶したコリン・ファースのダーシー様ですか。いやん。
ウィーケスト・リンク… なんでもこの「キビシイオバ司会者対回答者」のフォーマットが売れなかったのは、日本だけだったそうです。

あと、フォルティ・タワーズの字幕が「バズル」なのは、70年代に景山民夫翻訳で放映されたやつをそのまま使用しているからではないでしょうか。わたしはバズルなど若干の文字使いを別にすれば、景山さん訳はかなりいいセン行っていると思います。

◆ノーティカルマイルさん
やはりあれです。お書き込みを二度読んでも三度読んでも、やはり申し上げられることはひとつ、

「買おうかどうか迷ったら、買え。できるだけ素早く買え」

です。

わたくしはヲタの師であるある方から賜ったこの言葉に従った結果、ほとんどの場合、「ああ従ってよかった」と思いました。まあ何度かそうは思わないこともありましたが、民主的に多数決で忘れることにしています。

Posted by: akko | 27 December 2004 at 00:31

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40480/2076554

Listed below are links to weblogs that reference 26NOV みなさまのBBC:

« 24NOV 仮想ジョン家探訪 | Main | 09DEC ダブルアクトのこころ »