« 24OCT Touching The Void | Main | 16NOV ヒマラヤ一万尺 »

28 October 2004

28OCT 10月27日のいろいろ

1日遅れながら、ブリテン島のほぼ中心でジョンさんお誕生日おめでとうございますとお叫び申し上げます。おりしもその翁の善きご生誕日、偶然か否か、英国ではめでたくもダイ・アナザー・デイがTV放映されました。楽しく観賞しました。

改めてDADを見て一句。

春はあけぼの、夏はよる、とりあえずビールに枝豆、ジョンQにはピアースボンド。激しく字余り。というかすでに山頭火。

ジョンQとピアースボンドは、並べると、ふたりともガタイがよいので銀幕映えしてまことによろしゅうございます。真のボンドファンの皆様がこの映画に辛い点をつけていることは重々承知しておりますが、それでもわたしは、Qとボンドとのあのケミカリーにいけてる雰囲気だけで、もう永遠にDADの味方です。

ところでキツネザルさんチームの近況報告メールによると、ボスのお誕生日にいよいよジョンサイトを本格始動させたんだそうですが。→ 
何の因果かわたくしのブラウザでは見ることができないのであります。
フラッシュをインストールしても真緑の画面のまま押しても引いても何も起こりません。
何度やってもだめだということがわかって、わたしはかなしくなり、シクシク泣きながら、ウリャードリャーがらがらがっしゃんとちゃぶ台を引っくり返しました。いっそのこと本当に何もなくて、ただ単にキツネザルさんとジョンとが結託してわたしを釣って遊んでいるのであれば、それはそれでかなり面白いと思うのですが。どうすればよいのか、どなたかご示唆下さい。お願いします。



さて。


↑その27日夕刻、ケンブリッジのへファーズ書店で、お客さんだけではなくカウンター内の店員さんもすっかり立場をうち忘れた様子で、赤子まで持ちだされて一体何を見ているのかというと、





はたらくマイケルです。



↓後ろから見るとこんなんです。

キリギリス三原則にのっとり、性懲りもなくまた行ってまいりましたマイケル@サイン会@27日。ところが、今回は定刻1時間以上前に到着したにもかかわらず、店内は人人人人人人、すでに大行列ができていました。ケンブリッジという文化的な街の、仕事後の時間の催しであるということをわたしは失念しておりました。


行列中わたしのまわりには、色々な人がいました。例えば、おそらく仕事後に子供を迎えに行き、そのまま列に並びに来たのであろう若いお母さんが幼児の手を引き、「いーい、これからテレビに出てる人に会うのよ」「テレビにでてるひとってだあれー?」「マイケル・ペイリン、こないだ雪の山の番組見たでしょう」「マイケル・ペイリンー?」「そう、会ったらちゃんと挨拶するんですよ、『ハローマイケル』って」。それから場所柄学生もとても多くいました。ヒマラヤ本をたくさん抱えた若いお嬢さんが、携帯電話を肩にはさみ、正しいケンブリッジ発音で「あなたたち今どこにいるの?図書館?きちんと全員の分は買ったし列にも並んでいるから大丈夫だけど、勉強なんていいから早く来なさいもうすごい人なんだからあー!」。わたしがキリギリスをやめられないのは、実にこういう、その場にいる人がひとつことを考えわくわくしている空気が好きだから、という理由もあります。


それにしても、
キリギリスではありますがわたくしはいいかげんオトナなので、芸能の人に対し「きゃあきゃあ目が合っちゃったわあアタシのこと見てたんだわあきゃあ」などとはさわいだりはしません。
しませんのですがしかし、
それでもしみじみ思いました。なんていい人なんだマイケル。

今回もきびしいフラッシュ規制とポーズ禁止令がしかれていたので、わたくしは自分の順が終わった後も数メートル離れた場にとどまり、ヘタな鉄砲数打って当ててみようと、日が落ちた少ない光量の下カメラをいろいろいじくりながらフラッシュなしの写真を撮っておりました。

(わたしのカメラは、なんかの拍子で人からもらった、まったく身分不相応で使いこなせないキヤノンEOSD30です。)

すると、大行列をさばくべく本屋の人とマネージャーの人とが列をトコロテンのように「はい次」「はい次」と送り出し続けているので、ほとんど1秒も休むひまがないのというのに、少し離れたところでごついカメラを抱え悪戦苦闘している日本人女を見たマイケルは、さかんにそちらに向け、いいのが撮れたか、じゃこれならどうだ、こんなんはどうかな、と口パクの合図と目線を送ってくれるのです。長いキリギリス生活において、親切にそんなことをしてくれる人に初めて会いました。あああああ。流れ落ちる涙でファインダーがくもりもう何も見えない。ここに来る前昼間に、80マイル離れたノリッジですでにサイン会をひとつこなしてきていて、そこも似たような大騒ぎでいいかげん疲れているであろうというのにマイケル。

だから、使える写真は結局上掲のものだけだったことが後に判明したときには、わたしはケム川に身を投げケムの藻屑と消えたくなりました。すみませんすみませんすみませんすみません使えなくてごめんなさい。



↓終了時刻の6時が迫っても、まだ店外にこのような行列が。(この後行列は中で階段をのぼり、階上をぐるっと一周し、階下でさらに半周するのです。)

かのように昨日はなんだか楽しくキリギリスびよりでした。ジョンは一時期、ファンからもらったマイケル人形を肌身離さず持ち歩いていたという噂を小耳にはさんでおりますが、それもまったくもってもっともうなずける話というものです。
(いや待てよ…)

|

« 24OCT Touching The Void | Main | 16NOV ヒマラヤ一万尺 »

Comments

なんか都合のいい時だけ反応してすみません。やっぱり素敵な人だなマイケルって。行列できてるのも嬉しいファン心理。いつか並びたいな、と思いながら道連れを増やすべくビデオを貸し出す日々。
ジョンサイト、私は普通に見れましたが、ムービーだけでなく全く何も出てきませんか。技術的なことは何もできず申し訳ありませんが、akkoさんが申し込んだメールで質問もできなければ、パソコンのほうに問題があるのでしょうか?何か分かったらまた来ます。ところで、リニューアルしたページでは「今日は何の日?」のようなコーナーもあって、10月31日は「あの」マルティン・ルターが95か条の論題を発表した日だったそうです。1日も早くサイト見られるといいのですが。

Posted by: mutsumi | 31 October 2004 at 13:44

昨日の日曜日(10月31日)は、ヒマラヤ2本立て続け鑑賞という、akkoさんに殺されかねない贅沢をしておりました。先週は、ポーランドで食事してたので見事に見逃し、何気なくTVガイドを見ていると、オランダに入るベルギー放送(フラマン語の放送局)で21時10分から、1週遅れのヒマラヤ第4話を、しかもオランダ語(正確にはフラマン語)字幕つきでやっているではないですか。ポーランドの遅れをベルギーで!という意気込みも、マイケル氏の可愛い小ボケにへにゃへにゃをなりながら、BBC特有のきれいなカメラワークを堪能しました。そして、来週の案内が始まったところで、BBCに切り替え第5話鑑賞。
オランダとベルギーは、吹き替えなしの字幕なので、受信可能な方は、このような楽しみ方もできますよ~~~~~~。と、いうことで、ほなまた!

Posted by: オランダ人間山脈 | 01 November 2004 at 10:31

遅ればせながらジョン・クリーズ様お誕生日おめでとうございます。実は、私の母の誕生日はジョンの誕生日より2日早く、ジョンより2歳年上です。これも何かの縁ですかねえ?
ちなみにその日の日本では、ギリアムの「ラ・マンチャ」が放映されました。(BSですが)
今月は「ハリポタ 秘密の部屋」や「ダイ・アナザー・デイ」に「プルート・ナッシュ」、「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」も放映されます。ちょっとしたジョン祭?(笑)
いやぁ~マイケルやジョンも現役バリバリでお元気ですが、追いかけるakkoさんもお元気そうでなによりです。

先日某民放局で、ダーウィンの特番が放映されました。いつだったかakkoさんの日記で、マイケルの母校のパブリックスクールは、あのダーウィンも卒業されているというのを読んだ事を思い出し、そんな理由で特番を観てしまいました。
確か「大全」によるとピーター・クックも卒業生だとか。

それから悲しい事に、以前書き込みした「Little Britain」の件ですが、番組内容がリニューアルされた為、「Little Britain」の放映が終了してしまいました。あ~あ、首相の事が大好きなセバスチャンのその後が観たかったのに。(涙)
でもめげずに情報番組は録画しつづけます。

Posted by: ひとちゃん | 06 November 2004 at 15:11

訂正ですが、ジョンやマイケルが現役バリバリと書き込みしましたが、エリックやテリJにギリアムだって現役バリバリですよね?ごめんなさいごめんなさい、うえ~ん。エリックやテリJにギリアムは今頃どうしているやら・・・。
どうも私は風邪をひいたらしく、そんな体調で書き込んだので言葉足らずで申し訳ございませんでした。
くれぐれも風邪にはお気を付け下さいませ。
ああ、マイケルの顔観て元気だそ。

Posted by: ひとちゃん | 07 November 2004 at 13:31

幼い頃「シルクロード取材班」になりたかった私ですが(年がバレるって)、今はマイケルの取材クルーの一員になりたーい(はあと)です。
このところ何かと仕事に追いまくられ、地を這うような日々を送っていましたが、Palin's Travels からヒマラヤの壁紙を大量にダウンロードし、壁紙チェンジャーでマイケルの含まれている壁紙が出現するたびに、うひゃっ、とか言いながら顔をほころばせているうちに、だんだん機嫌も直ってきました。
マイケルからのメール(!)によると、サハラ・ヒマラヤと立て続けに続いたので、少なくとも1年間は休養を取るのだそうです。
マイケル旅DVDのBOXセット。きっと私は買うでしょう。先日amazon.co.ukで幾つかの注文をしましたが、ヒマラヤ本は一度ショッピングカートに入れましたが、もしかして、万が一にもサイン会に行くかもしれない時の事を考えて、買わないでおきました。
うう、akkoさんのことをもちろん、責めることはいたしません。マイケルがそのようであったと、そのお話を聞けただけでも心の中がホカホカします。きっとその時のakkoさんの姿は、過酷なスケジュールの中にあるマイケルの、一服の清涼剤になっていたに違いありません。

ところで、ジョンサイト、見られるようになりましたか?何もご助言差し上げることが出来ません。すいません。

Posted by: まいまい | 11 November 2004 at 13:13

★ mutsumiさま
マイケルがヒマラヤで素敵ぶりを振りまいているのをながめつつ、先日某BBCラジオ番組で聞いた、若いDJとゲストのマイケルとの会話を思い出しました。

DJ 「お会いできて光栄ですマイケルさん。番組のご成功おめでとうございます。でもこうしてお会いすると、ひとつどうしても口にせずにはいられないことがあるんですが」
マイケル 「なんでしょう」
DJ 「ぼ、ぼく、『ブラックメイル』が大好きなんです。『ハロウ、ミセス・ティール!ご機嫌いかがですかあー!ところでボルトンの愛人の存在をばらされたくなきゃ、すぐに15ポンドお支払い下さい』って」
マイケル 「よく覚えてるねえー(苦笑)」。

ヒマラヤやペイリン旅サイトのさわやかな内容からはうかがいしれないものの、やはり人々のココロにぬぐいがたく刻印されている過去。マイケラーとは、マイケルが、目の前に行列をつくるファンはおそらくこのような両極端の記憶を抱いているかもしれないということを承知しているということを承知した上で行列に並ぶ覚悟が必要です。

★ オランダ山脈玉姫様蘭人さま
おお、マイケル番組はそのような強力なヨーロッパ大陸ネットワークで放映されまくっていたのですね。素晴らしい。わたしのぼろTVで見るにはあまりにも惜しい、あのとーっても美しい映像を含めて、BBCがいかに力を入れているかということがよくわかりました。ロンドンのサイン会に行ったときに、明らかに英語以外の言語を話していた婦女子がたくさん並んでいましたが(含わたくし)、こういう方面で開拓しているのですね。NHKの中の人、BSあたりでどうよどうよ。

★ ひとちゃん
先日ディケンズ(kが二つではない英人文豪の方)を読んでいたら、ある人がとても貴族的であるという文脈で、「かれはシュルーズベリースクール卒」である、とありました。ディケンズ時代から存在しそのように上品であった学校に通っておきながら、ブラックメイルなどを堂々とやり抜いたマイケルをはじめ(あるいは片足のターザンとかやってたピーター・クックも含め)、パイソンズ周辺の人々の学歴とは、われわれが想像するより、歴史的伝統的にすさまじくよいものです。なにしろいまだに「オックスブリッジ卒」とは、東大京大というより「戦前の学習院大卒」のような意味を持つ国です。だからこそかれらがあんなことをやったことが大変なさわぎになったのであります、いうことを、最初にシュルーズベリーの話題を書いたときに続けてまとめて書こうと思ったのですが、果たせずに終わっておりました。すみません。

それからリトル・ブリテンの終了をお悔やみ申し上げます。しかし「首相のことが大好きなセバスチャン」という文字を見ただけで記憶がよみがえり大笑いしてしまいました。印象の強烈なキャラクターに満ちみちたよい番組でした。フレンズもいいけど、英国製きっついコメディも面白いよ、NHKの中の人々、どうよどうよ。

★ まいまいさま
以前、月の砂漠をはるばるとサハラなマイケルを鑑賞中、わたくしの脳内に響いていたのは、確かに喜太郎のシルクロードのテーマでした。やはり年がばれます。
マイケル1年間お休みなのですか。サハラ旅とヒマラヤ旅とは、比較的続けて行なわれていたにも関わらず、番組は少し間があいたことを考えると、もしお休みがあるなら次の番組まではさらに時間がかかることが予想されます。
というわけで、ロンドンロンドン楽しいロンドン愉快なロンドンにおいでませ。今のがすと次ないよ。今しかない今しかないよ。と、香港の路上のニセ時計売りのような口調で、こっそりおさそい申し上げる次第です。

Posted by: akko | 13 November 2004 at 22:54

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40480/1801180

Listed below are links to weblogs that reference 28OCT 10月27日のいろいろ:

« 24OCT Touching The Void | Main | 16NOV ヒマラヤ一万尺 »