« 05OCT 行脚するマイケル | Main | 16OCT ヒマラヤに登りて笑え »

14 October 2004

14OCT 毒をくらわば

個人的なことで恐縮ですが、「個人的なことで恐縮です」とさえ書いておけばいいことにして、平気でどんどん書きます。昨日わたくし、英国永住権を取得してしまいました。

すさまじいストレスと時間がかかるすたもんだの手続きがあり、おまけに許可の可否は当日最終段階において内務省の人が判断するまでわからず、もし「否」と出た場合わたくしは仕事をやめ荷物をまとめて即帰国、という状態に追いこまれるため、実はここ数週間、「ええいもう落とすならさっさと落とせ早く落とせ。いいから落しやがれ。ウルァつべこべ言わず落とせっつってんだろドルァー!」と半基地外状態になっていました。だから昨日、内務省の人がついに、「いいよ、許可しましょ。じゃこれ許可書。はい」と言ったのがにわかには理解できず、「え?いいの?ほんと?知らないよどうなってもわたしにんなもんくれた日にゃ」とつぶやきましたが、しかし「じゃ返しなさい。はい国外退去」と言われないうちに、許可書をわしづかみにして光の速さで走り去りました。そしてかれらの手の及ばない地点に達したところで初めて立ち止まり、わたくしは「ニヤリ」と笑いました。

ちなみに内務省での最終面接の前日、「いいか面接官に好印象を与えるのだ。自分の能力をアピールしろ」という英人に、「わたくしの能力とは、客観的に見ていかようなものでしょうか」と問うと、「えーとあんたの場合、そうだなあ、パイソンのスケッチを暗誦してみせるってのはどうだ?」。ありがとう英人。

実際にパイソンを暗誦したかどうかなどの詳細は、来週19日火曜日発行のQuick嘘屋の拙連載英国在住日記にてどうぞ。と、話題が個人的であるだけでなくついでに自己営業までしてしまうなんて、まったく猛省を促されるべきうかれた行動ではありますが、本日だけはどうぞこんなんでご勘弁下さい。明日から平常営業に戻ります。おそらく。ニヤリ。

|

« 05OCT 行脚するマイケル | Main | 16OCT ヒマラヤに登りて笑え »

Comments

祝・英国残留権獲得野球権大会金星獲得

麻酔が頭に回らないうちにと、さっさとバイクを飛ばして、さっき歯医者から帰ってきました。そして、喉の渇きに麻酔の効き目を感じながら、この記事発見。おめでとうございます。

腋毛の左、いえ、若気の至りで、その過程を飛び越えて、恐縮ながら蘭人になってしまった私ですが、当事は高いと思った「国籍の値段」も諸物価と世界情勢が変わった今では、「(犯罪歴がなくて定職について税金を払ってれば)後腐れなく1回こっきりの支払いで国籍を手に入れたんだから、儲けものだったわねえ」といったところ。なので、これまでのakkoさんの努力と忍耐と、周りの人にもかすかにとびちっただろうと思われる怒気を考えると、胸と目頭にうっと来るものがあります(麻酔のせいかしら)。

取り急ぎ、祝コメントです。そして、ドーバーを挟んで祝砲を打つように、今から内閣にメールしておきますんで、よろしく哀愁。

Posted by: オランダ人間山脈 | 14 October 2004 at 12:29

♪玉姫様蘭人、のオランダ人間山脈さま(ふるい)
はるばる海峡の向こうから祝砲をありがとうございました。しかし、昔オランダ松の廊下でトニー・ブレアにオランダフナ侍呼ばわりされたことを根に持っているバルケネンデ首相は、うっかり間違えたフリを装いつつ実弾をばこばこドーバーに撃ちこんでいます。あぶないのでなんとかしてください。

永住権というのは、お上からの「もう滞在許可が切れることはないんで今帰んなさいとはもう言わないけど、まあしたかったら永住してもいいし、というかしなくてもいいんだよそこんとこよろしくね」みたいなやや中途半端なお墨付きであります。国籍まるごと変更された山脈さん(とお呼びしてよいのでしょうか)と比べたらまだ気合いが足りません。しかしご指摘のとおり、これでもここに来るまでけっこう色々ありました。ので、今はちょっと休憩モード、日なたのテントウ虫のような気分で茶などすすりつつほっと一息ついてみたりしています。

Posted by: akko | 15 October 2004 at 17:59

永住権取得、おめでとうございます!
私も内務省所属(?)の方々との再会を間近に控えて少しそわそわしておりますが、どうやら入国はできそうなあんばいです。スイス製高級腕時計などを密輸入しようとさえしなければ。いや、しても大丈夫だったのか。
ともかく、無事入ロンのあかつきには、ロンドンで祝砲、でなく祝杯をあげる日を、楽しみにしております。

Posted by: tabby | 17 October 2004 at 18:12

★近々また在ロン者になるタビさん
わたしはときおり、もともとまじめな勤労留学生だったタビさんの運命を、パイソンをキーワードにちょっと振り合っただけの袖をえいやとばかりにワシ掴みにしてこちら側に強制横スクロール移動させてしまったのではないか、という危惧を抱くことがあります。もっとも抱くだけ抱いておきながら、タビさんが在英中、パイソン遊びにお誘いするのはいつもわたくしであったことも事実です。また遊びましょう。ドゥーン城を征服したワレワレにとり、次なる目標はアアアのあそこですね。

それからヒースローにご到着時には、入国管理のとこで、内務省関係のとても素敵な皆様が、例によってとても素敵な態度でお出迎えをするのであろうと存じます。その際にはどうぞなにとぞ、わたくしからもこれまでの待遇に関しよろしくご挨拶をお伝え頂いた上、にっこり微笑んで首根っこつかんでドラム缶につっこんでセメントで固めてローラーでノシイカにしてさしあげてくださいますようお願い申し上げます。

Posted by: akko | 22 October 2004 at 08:13

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40480/1676107

Listed below are links to weblogs that reference 14OCT 毒をくらわば:

« 05OCT 行脚するマイケル | Main | 16OCT ヒマラヤに登りて笑え »