« July 2004 | Main | September 2004 »

16 August 2004

16AUG 笑うエディンバラ

夏!太陽!高く青い空そよぐ風!なにもかもがきらきら輝く英国の夏です。この国の夏はとても短いので、人々はやや悲愴な覚悟で一生懸命夏を謳歌しています。夏と英人とは、桜と日本人の感じに少し似ていると思います。

そんな夏なので、わたしもまた明るい陽ざしの中に座り、風を感じながら、窓際の席で、ずうっと隠々滅々労働に追われていました。夏は超繁忙期なのですワレワレ。まるでタクアン桶の中のタクアンになったような気分で、ぎゅうぎゅうはたらきました。重圧にひいこらあえぐうち、ふとある予感にとらわれ、顔をあげるとそこには、夏の陽光のなか、ひとりかろやかに解放されて「あああああ」と落下しゆく同僚ウィルキンズ氏の姿が。次はパーキンソンかジョンソンか。カモンパーキー。男だろパーキー。うひ。うひひ。ひひひひひひ。とウヒウヒつぶやくようになったら英企業労働病もかなりヤバイ重症なんであって、鉄格子のはまった救急車を呼ばれても仕方がないというものです。

でもいいのです。だってわたくし、繁忙期を立派に生きのびて、明日からむしりとるようにして夏休みなんだもの。ああ魔法が解けてタクアンから人間に戻ってゆく。だからいそいそとカバンにぱんつ3枚歯ブラシ4本詰めこんで、ちょいと400マイルほど足をのばし、地元の人は完全に「エンブラ」と発音するあの北の街エディンバラの、コメディの祭典フリンジまで出かけてまいります。あの街には日本語の書けるネットカフェがあるはずなので、当頁はそこから適宜更新していく予定です。

それにしてもフリンジと聞くたびに。
63年夏のケンブリッジ・サーカスは、ケンブリッジ公演後エディンバラフリンジに来る予定でしたが、いろいろあってロンドン行きを選択しました。そのロンドン公演がBBCの人の目に止まり、またニューヨーク方面への足がかりにもなって、すなわちブロードウェイ舞台およびBBCメジャーへの道につながることになったわけです。だからサーカス連の履歴書には「エディンバラ」という文字はないのであって、そこは先輩ビヨンド・ザ・フリンジ連と違うところです。

もしサーカスが先輩の道をたどってエディンバラに行っていたら、おそらくその後のブロードウェイやBBCデビューは起こらなかったでしょう。もっともあの才能豊かなワコウド達のことだから、それでも何らかの方法で最終的に世に出てきただろうとは思いますが、でもその場合、おそらくパイソンなんて妙なもんは発生しなかったでしょう。それは英音楽界にビートルズが出現しなかったようなもんであって、その後の世界のありようが今とは少し違ったものになります。そのパイソンレスのパラレル世界では、たとえばおそらく英コメディの祭典エンブラフリンジも、今のような規模と人気では存在し得なかったのであって、英国とわたしの夏は少し退屈だったと思います。

ああそれにしても。パイソンズさんたちは、思えば誰も会社づとめというものをしたことがないのだなあ。パイソンスケッチの端々に垣間見える、勤め人的世界に対する純粋な悪意。それは痛いくらい純粋です。パイソンにおけるシティの株屋や公認会計士や、あるいは同僚ウィルキンズ氏の扱われ方を見るたびに、かれらの「ところで自分たちはそんな不浄なとこには属してない人間なんでそこんとこよろしく」という若い宣言をつきつけられているような気分になります。わたしはパイソンが好きで、かれらがパイソンとして存在してくれたことに感謝の舞いを舞って悔いはないものの、しかしそれでも時々、新卒の生意気そうなジョン青年をつかまえて、薄暗い小部屋に押しこみ窓際の机にしばりつけ、パンと水とものすごく嫌な上司と取引先とをあてがって、残業代なしで1日17時間ほど働かせてみたいもんだと思ったりもしなくはなかったりします。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

12 August 2004

12AUG 推定無罪希望

こないだ友人に5歳幼児の子守りを頼まれ、その間「適当になんか面白いビデオでも持ってきて見せておいて」と言われました。しかし続けて、

「ただしモンティ・パイソンは絶対に厳禁だからそこんとこよろしく」。

がーん。あなたまでわたしをそんな非常識なことをするような人間だと見ていたのか友人。と非常なる衝撃を受け、次に深いかなしみに襲われました。まるで、わずかに残されたカタギ社会へつながる蜘蛛の糸に溺れながらもすがる手を斧で切り落とされたような気分です。ああああなんてひどい。しくしく。ま、言われるまで実際そんな非常識なことを是非ともやろうと思っていたのは事実ですがそれはとりあえずさりげなく棚に上げておきます。

もっともわたしは、この幼児の妹(8か月赤子)に How To Irritate People のハコをつきつけ「ほーら、あんたの本当のお父さんだよ」と教えこもうとしたという(そしてその現場を母親に押さえられ、ボコボコにおこられたという)前科持ちなので、すでに取り返しのつかないレベルで信用を失っているという説もあることは確かです。

ところで、
シュレック2はご覧になられましたでしょうか。
そして以前ちょっと触れましたが、王様のセリフにあるフォルティ・タワーズ引用にお気づきになられましたでしょうかジョン専の皆様。

というか、

いやあれは絶対にフォルティ引用だと思うんですが、いろんなレビューとかねたばらし記事を読んでも全然ばらされている気配が見えないので、はたしてあれは現実に存在するセリフだったのかどうか最近ちょっと不安になってきました。ひょっとしてあれはただの幸せな妄想だったのでしょうか。わたしはお花畑で幻聴を聴いたのでしょうか。なんだかジョンとるんるん森スキップグレアムな気分に今一瞬襲われかけましたが、必死で正気の蜘蛛の糸にすがりつきつつ、それを確かめたいがためにまたわたしは、村上春樹の小説の登場人物のように映画館に足を運ぶところです。そんなことよりどこのどういうセリフのことなのか早く言え、という説もあることは確かですが、それもとりあえず棚に上げてせいぜい引っぱってみることにします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03 August 2004

03AUG ゆくボンドくるボンド

ピアース・ブロスナンがオレはもうおりる、と公式と非公式の中間くらいのところでうっかり言ってしまったので、007の中の人たちは今たいへんなことになっているという話です。正式な人たちは即座に全員沈黙の行に突入、真か偽かは今のとこよくわかりません。その間に裏の方で、ピアース口うっかり軽すぎってんで職員室に呼び出されブロッコリ先生におこられたりしていなければいいのですが。

それにしても、英人と話をするときには政治と宗教と、次ボンドと歴代最高ボンドの話題を出してはいけないと最近気がつきました。十人百二十七色。そこに酒など入っていると「なんだと。てめオレのダルトンに文句あっか。きいー」とか引っかきあいが始まります。

次ボンド127色中の主なメンツは、だいたいこの頁の下の方に載ってる人々ぽいです。


ちょっと転載してみると。

クライブ・オーウェン
ヒュー・ジャックマン
コリン・ファレル
オーランド・ブルーム
ジュード・ロウ
クリスチャン・ベール
ジェラルド・バトラー
ユアン・マクレガー
グレッグ・ワイズ
ジェレミー・ノーサム
ラッセル・クロウ
ロビー・ウィリアムズ(笑)


最近よそから007方面に流れてきて色男にはまった軟弱な婦女子としては、ピアース以外のボンドはどうも想像しにくい。ならもう誰だっていい。生きる気力が萎えていく人生はむなしいもう目の前は茫々たる砂漠だ。とやや必要以上に投げやりになっています。でもそれにしても、何故バットマンに行ってしまったんだクリスチャン・ベール。今からでも遅くはない改心し投降せよ国の両親は泣いておるぞ、とはちょっと思います。あとエリック・バナなんて名前もささやかれてるとか、ルパート・エヴェレットがボンド役に興味があるか訊かれて「ぼくがボンドになったらファンが暴動を起こすから、それはやめといた方がいいと思う」と言ったなんてことを小耳にはさんでいます。

いずれにせよ、
わたしが次ボンドの役者さんのことを考えるとき、その議論の拠りどころとしたいのは、その人が (a) この先数年間ボンドとして持ちこたえる役者としての技量や器量があるか、あるいは (b) 英国における新しい文化的イコンとして人々を納得させ成立することができるか、とかややこしいことではまったくなく


「Qの隣に立って似合うか」


というきわめて明快な一点にかぎるのであります。けれどもそんなたくらみがばれたら真のボンドファンの皆様に体育館の裏に呼び出されてボコボコにされるので、うっかりこんなところに書いたりしては絶対にいけないのです。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« July 2004 | Main | September 2004 »