« 24JUL スパマロットは遠くにありて | Main | 03AUG ゆくボンドくるボンド »

27 July 2004

27JUL "OUR, HERO!"

実はスパイダーマン1が個人的にどうも「なんだかなあ」だったので、2はどうしようか、まとりあえずトビー・マグワイアのかわいい顔でも見にいこか、くらいのつもりでふらりとでかけて行ったのです。そうしたら、もうなんだか無闇と面白くて、面白くて面白くて、じっとしておれずにじたばたしながら見てしまいました。激ツボです。特に、悪に走った悪役ダコの人のワルぶちきれっぷりがたいへん楽しゅうございました。いくら悪だからといって、真っ昼間の銀行で堂々と金庫の扉をひっぱぐなんて、なんというあられもないタコでしょうか。まったく「粋」とか「イナセ」とかいう言葉は悪ダコ辞書にはないのでしょうか。しかし、スパイディにボコボコに殴られても平気なのに、ババアに傘で「えいっ」とはたかれると「ぐああー」とサングラスまで砕けてダメージを受けるタコはなかなかすてきだと思いました。

えーとわたしはかの如く、トビー方面からスパイダーマンに流れてきた軟弱な婦女子なので、アメコミ史にお詳しい方のご示唆を頂ければと願うのですが。

パート1に輪をかけてだめ感を色濃く漂わせる21世紀のアメコミ映画ヒーロー、ピーター・パーカー君を見ていると、しみじみ「スーパーマンは遠くになりにけり」だと思いました。1970年代に銀幕に現れたクラーク・ケントは、宇宙人で最初から超人で、背は高いわガタイはごついわ白い歯はきらーん!だわ、非のうちどころのない優等生のような人だったのに。で、途中色々ありましたが最後には死んだロイスも生き返り、白い歯きらーん!と星条旗しょってホワイトハウスに飛んできて大統領に挨拶をして去っていき、子供心にも「おいおい時空をゆがめておいてそりゃいくらなんでもさわやかすぎやしないか」と思ったものです。デイリープラネット社ではダメ社員扱いされていたようですが、さりげなく銃弾の素手つかみ取りをしたりして実はダメではないことを観客に証明していたし(あと帽子を帽子かけにかけるのがうまい)、それにかれにとっては人間の方が仮の姿なので、ダメ扱いされてもわりと平気でいられるのではないでしょうか。パワーの面でも、例えばスパイディが電車を止めあぐねているのを見て、「うわー!クラーク・ケントを呼べやつなら片手でー!」と思った人はけっこういそうです。

話は少しそれますが、アメコミの中の人たちで、スーパーマンおよびスパイディがヒーローたるゆえんはわかるのです。なにしろ超人だし。ところがバットマンという人がいて、この人はただのプレーンなおっさんである。おまけに妙に暗い。暗いのに、執事つきのブルジョアだってんで、金にあかせてパワーを用い覆面姿で相手をやっつけるという構図もまたたいへん暗い。立て万国の労働者あ!君はアルフレッドなしで、通帳とかハンコがしまってある場所がわかるのか。洗濯掃除アイロンかけができるのか。人生金がすべてではない。いや少しは金だが。とわたくしはかれとサシで話をしてみたいです。その上、アメコミの中の人にはさらにハルクという緑色の人がいますが、この戦車をつかんでぶん投げたりしている人は一体ヒーローなのか何なのか、未熟なわたしにはどうしてもわかりません。

えー閑話休題。
ところでこういうマンガ的ヒーローは、そういえば英国にはいない。全然いない。何故だろうと考えるにその理由は、法律で高いビルが建てられないから、スパイダーマンが困る。からでは決してなく、どうもこの国の人々はそういう勧善懲悪ヒーローを生産するには現実の方にいそがしすぎるようです。あるいは、多すぎる歴史が勧善懲悪スーパーヒーローなんて所詮いないと思い知らせてくれているというか。それにこの国では、暴走する電車を止めようにも、そもそも電車が毎日平気で2時間遅れたりするので、ヒーローはひとり線路に手持ちぶさたにたたずむばかりでしょう。このへんは、先日の「米シットコムはきらきらセットに美男美女だけど、英国の方はきびしく現実にしたがいビンボウ描写は容赦なくビンボウである」という事実に共通する何かがありそうな気がします。

ともあれクラーク・ケントが、草の根にまじりつつ実は宇宙超人で地球人的制約から明るく免除されていて白い歯きらーん!でいられたのは、ひとえにスーパー赤子入りの宇宙船がひと昔前のアメリカのカンザスだかどこだかに着地したからだと思います。田舎住まいの若い頃はちょっと葛藤があったようですが、ヒーローは大人になってパワー全開!空飛んじゃうぞ!人々の賞賛!おはようございます大統領!という図は、どうにももうゲップが出るほどアメリカであって、華麗に枯れつつ没落しゆくたそがれ英国では、それはなんだか難しそうです。

とスパイダーマンを見て以来ずっとこんなことをネチネチ考えていたので、トコツカさんが先日お知らせ下さったキム・ハワード・ジョンソン氏とジョンとの共著 Superman: The Brit は、その問題を真芯でとらえて大ヒット、インパクトの瞬間思わずヘッドが回転しちゃいました。これは面白そうです。発売元の DC Comics のここんとこから4頁ぶんだけのぞき見することができますが、DC Comics とは確かもともとのスーパーマンの出版社ではなかったか。この4頁で、例えばビルから落ちかけているのがどうやらラトルズ連らしいとか、テレビの上にペンギンがあるとか、そういうパイソンレファレンスも楽しいのですが、それよりクラーク家両親の気弱な態度及びプレスの人のしょーもない質問が、実にじーつにーイギリスだなあと感じるのです。

強いて言えば、かのように純イギリス両親のもと育てられたはずのクラーク青年が何故米語を話しているのかとか素朴な疑問もなきにしもあらず。でもいいのです。発売は今年の暮くらいだそうで、なんだか最初の予定から遅れている気配もありますが、ゆるりと風待タバコをくゆらすことにして気長に構えつつ、わたくしは今、ここからさっそく予約にでかけて行くところです。


それにしても話は戻ってスパイダーマン2。
ハリーは博士を「オットー」と呼んでいますが。その「オットー!」を聞くたびに、わたしの脳裏には、いちいちジョン・"オットー"・クリーズ青年の超初期のネタ「わたしの名前はオットー!オットーとは、ドイツ語で、『8』と、いう、意味、でええーす!!」が鳴り響いていました。つまりオットー・オクタヴィウス博士は、もともと『タコ山八太郎』みたいなどうにもいけてない名前だったわけで、そんな名前だったらわたしだってグレて悪に走ります。


|

« 24JUL スパマロットは遠くにありて | Main | 03AUG ゆくボンドくるボンド »

Comments

こんにちは。
私はアメコミにはなんの知識も持たず、ここはJohnsenのための場でありながら報告させていただきます。
今度作られる「バットマン」の執事アルフレッドは、サー・マイケル・ケインが演じられるそうです。バットマンというと顔ぐらいしか知りませんが、ケイン様が出演されるのなら観にゆこうかと。
たしかakko様もケイン様をお慕いしてあらしゃったと思い。
間違っておりましたら申し訳ありません。

Posted by: Sella | 27 July 2004 at 13:27

Sellaさんはじめまして。カバコフさんちでお名前拝見しておりました。

ところで、ええっマイケル卿がっ。と思ったら、バットマンはクリスチャン・ベールだわ、その他にはリーアム・ニーソンやゲイリー・オールドマンや渡辺謙だわ、だんだんどこの国の映画だかよくわからなくなってまいりました。執事さんには是非、この混沌としたゴッサム世界の良心となっていただき、あの暗いブルジョアぼっちゃんの性根をびしびしと鋭くたたき直してアイロンかけくらいは自分でできるように教育してあげてほしいものです。

わたしがひそかにマイケル卿を慕っている、ということをよくご記憶でいらっしゃいました。マイケル話も始めると実は長いのですが。何が好きかって、サーつきのオスカー俳優英人は普通、オースティン・パワーズに出ません。その前に、せっかく授賞したオスカー式を、ジョーズ3を撮影中だからって欠席しません。このよく言えばフレキシビリティ、言い換えれば実は節操のなさ、しかしそれでも決して悪く言われることはなく「こんなに映画を選ばないとはさすがマイケル、なんて心の広い人だ」と常に好かれ続けるたぐい稀なる才能。そしてあの♪いっつ、お~ばあ~~~~♪@リトルヴォイス。くじけそうになったとき、この歌を唇にのぼらせると、なんだか「サーのマイケルだって、あんなひどい歌を大声で歌ったんだ」と勇気が出てきます。すてき。

Posted by: akko | 28 July 2004 at 12:06

私もアメコミに興味を示さない人間なのですが、「スパイダーマン2」の悪役ってアルフレッド・モリーナなんですよね?
かつてマイケルと「オックスフォードの恋」で共演したあの方なんですよね?(って未だ映画は未見のままですが 涙)
そこだけ興味津々だったりします。

お話変わってサー・マイケル・ケインですが、彼が出演映画を選ばない理由は、幼少期、貧しい環境に育った為、常に仕事を入れていないと不安で仕方なかったからだそうです。だから色々な映画に出演しているとか。
(以前、某映画雑誌でインタビュー記事を読んだ事があります)

Posted by: ひとちゃん | 28 July 2004 at 17:06

ひとちゃん
俳優さんや女優さんに、初めて見たときの役の印象がのちのちまでついてまわることはわりとあると思います。例えばある若い友人は、最近見たダイ・ハードが「スネイプ先生がとても凶悪な映画」にしか見えなくて困ったそうですし、わたしは今でもジェフ・ブリッジズをつい「タッカーさん」と比較的マイナーな名前で呼ぶので困っています。

アルフレッド・モリーナさんは、おそらく誰もがスパイダーマン以前に一度は気づかずに目にしているであろう、とてもシブイ脇役人生だった人のようです。白眉は「レイダース」、あの最初んとこでインディを置き去りにして逃げようとした人(そして数秒後に頭串刺しになる人)が実はモリーナ氏なんだそうで。おそらくレイダースを見た方ならあああの人のことかと思い出せる、しかし顔がはっきり思い出せないんだが、でも誰のことかわかる、でしょう。実は23年前に初めて見ていたモリーナ氏。

しかしなにしろスパイダーマンが強烈なので、こないだ2年ぶりくらいに「オックスフォード」を見たら、こっちの方が先のはずのに、もうモリーナ氏はタコ博士にしか見えませんでした。思わず「あぶないマイケルタコが取って食う!」とはらはらしてしまいました。ちなみに、コニー・ブースも出ていますが、確かモリーナさんと同一画面上にはならない(はず)なのでコニーの身は安全です。

>常に仕事を入れていないと不安
あの世代の労働者階級からロウアーミドル階級の英人男子の人には、わりとこういう傾向があるようです。確かジョンもどっかで似たようなことを言っていたと記憶しているんですが、どこで読んだのかどうしても思い出せません。しかし、この人びとが不安にかられて仕事をどんどんしてくれると、われわれはどんどん楽しくなるのも事実だったりして、ずっとそのままの不安な君でいてね。とそっとつぶやいたりしています。

Posted by: akko | 29 July 2004 at 20:24

こんにちは。
サー・マイケルは出演依頼を断ったことがほとんどないので、業界では一時「Mr.Never say no」と呼ばれていたそうですね。
彼が仕事に固執するのは、極貧のうちに亡くなられたお父様の影響だそうです。
病院からお父様が亡くなったと知らせを受けて、病院へ駆けつけた彼は看護士からお父様の遺品として、古びた服と2,30ペンス(当時の1ポンドって1000円以上ですよね)を受け取りました。貧しいままに生涯を終えた父を思い、父のような悲しい死に方だけはするまいと誓ったのでした。
しかし、もうその心配は全くないのに、「奥さまは魔女」映画版でサマンサのパパ役をやってしまうところがたまりません。こういう役って、ジョンがやってくれてもいいのに・・・。

Posted by: Sella | 30 July 2004 at 15:40

サマンサパパって、オリジナルでも、何故かひとりイギリス英語で話す、英貴族風におっとりしたおじさまでしたね。奥さまは魔女までリメイクされてしまうかと思いましたが、でもマイケルパパは見てみたい。しかしオリジナルの再放送を見るたび、このおっとりおじさまが何故こんなすごい奥さんと結婚したんだかと思うのですが、今調べてみたら今度のエンドラはシャーリー・マクレーンですね。最近拝見していないのですが、今のシャーリーはエンドラのようなすごい奥さんのような人なのでしょうか。

>ジョンがやってくれてもいいのに
実は、コメディ時のサー・マイケルを見てるとときどきそう思うのです。と言ったら真のマイケルファンにつけ狙われるか。でも英人男子一見堅そうでも壊れるの平気、というキャラクターでの勝負なら、サーと互角にわたれるのではないかジョン。という気がしなくもなく。例えば、

♪いっつおーーばああああー

♪ごーいいんまああいうえーいいいいーー


ソニックブームでガラスも吹っ飛ぶ。


ところで奥さまは魔女といえば、
ラリー・テイトの人は今のジョンに極そっくりだと思います。いや逆か。だから映画では誰が演るのかちょっと気になったりしています。

Posted by: akko | 01 August 2004 at 20:14

お盆休みにビデオの整理をしていたら、以前録画したエリック出演の「ダドリーの大冒険」のビデオを発見し、その時「あっ!」と思い出しました。そういえば、この映画にもアルフレッド・モリーナって出演していたんですよね?
・・・すっかり忘れていました。(苦笑)
なるほどぉ、「レイダース」にも出演していましたか。映画は観た事があるのに全く憶えていませんでした。
出演作品を調べてみると、私が過去に観た作品にも何本か出ていたんですね。
1番記憶に新しいのは、ジョニー・デップが出ていた「ショコラ」です。

つくづくマイケル・ケインと言う俳優さんは凄い方なんだなと思いました。サマンサのパパ役ですか・・・。でも似合いそう!
しかし、オースティンパワーズのパパ役も好演でしたね。
ちなみに私が初めて観たマイケル・ケイン映画って「サイダー・ハウス・ルール」だったような・・・?それとも「リトルヴォイス」だったかな?

Posted by: ひとちゃん | 17 August 2004 at 18:55

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40480/1066077

Listed below are links to weblogs that reference 27JUL "OUR, HERO!":

« 24JUL スパマロットは遠くにありて | Main | 03AUG ゆくボンドくるボンド »