« 18JUL 英米ドラマの出会うとこ | Main | 27JUL "OUR, HERO!" »

24 July 2004

24JUL スパマロットは遠くにありて

先週デイリー・メイル紙をめくっていたら、SPAMALOTについての記事があり、そこでエリックがひとこと。

「SPAMALOTの展望? そうだなあ、この時期ブロードウェイにかかる他の殺人ウサギや足無し黒騎士が出るたぐいの芝居の中ではわりといけるんじゃないか」

"(Spamalot will be) as good as or quite likely better than any other show with killer rabbits and a legless knight opening on Broadway this season."

エリック流にケムに巻かれた感じでぱっと見では意味がよくわからず、「えーと」と何度も読み返してしまいました。仕掛け人エリックはこの芝居に一体期待しているのかいないのか。

デイリーリャマによると、シカゴのワールドプレミアは12月21日から05年1月16日、会場はシューバート・シアター、そしてニューヨーク本公演は05年2月7日から3月10日、会場は同名のシューバート・シアターです。おおマンハッタンのどまんなか。

チケットはここで買えますが、ともにまだ発売されていないようです。
シカゴ → ticketmaster
ニューヨーク → Telecharge


わたくしはつらつら考えた。
見たいけどねえ。アメリカかあ。さすがにアメリカは遠いので、ロンドンに来るまで待つことにしよう。と思いつつ、この芝居がアメリカを生きのびてロンドンまで来るという保証はどこにもないな。と思いあたり、でもこっちは一応パイソン本国なんだから来ないと立場ないじゃん。と希望的観測をしようと思うものの、しかし大ヒットした『ザ・プロデューサーズ』ですらブロードウェイからロンドンに来るまで2年くらいかかったぞ。という事実を思い出し、ちくしょーアメリカベースで仕事をしてる最近のジョンとエリックなんか大嫌い!一体どうしろと言うのだ、と悩むうちに、ふと「真の愛とは何かわかるか?犠牲だよ。犠牲。」というジョン・リスゴーの言葉をふと思い出したりして(@映画『クリフハンガー』)、そうか愛は犠牲か。やっぱ犠牲だよな。って違いますわたくしは犠牲になどならないなりたくもないしなる予定もない!とじたばた叫ぶもはっと気づくと右手が左手に知られないようにチケットマスターでチケットを10枚買おうとしてたりして、どうも当分心おだやかではいられなくなりそうで、やっぱりわたしはアメリカベースで仕事をしている最近のジョンとエリックなんて大嫌いです。でも好き。

|

« 18JUL 英米ドラマの出会うとこ | Main | 27JUL "OUR, HERO!" »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40480/1039283

Listed below are links to weblogs that reference 24JUL スパマロットは遠くにありて:

« 18JUL 英米ドラマの出会うとこ | Main | 27JUL "OUR, HERO!" »